おっさんずラブ-in the sky- (第1話・2019/11/2) 感想

おっさんずラブ-in the sky-

テレビ朝日系・土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』公式
第1話『アテンションプリーズ』、ラテ欄『衝撃のピュアラブ再び 恋の離陸準備はできていますか?』の感想。



突然のリストラで航空業界に転職した新人客室乗務員(CA)の春田(田中圭)は、初日から遅刻し、憧れの機長・黒澤(吉田鋼太郎)にフライトから外されてしまう。副操縦士・成瀬(千葉雄大)からもチームの一員と認めないと言われ落ち込む春田。寮で隣室の整備士・四宮(戸次重幸)は、そんな彼を優しく励ます。一方で、ある客の相談に頭を悩ませる春田は成瀬のもめ事に巻き込まれて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:徳尾浩司(過去作/おっさんずラブ)
演出:瑠東東一郎(過去作/おっさんずラブ) 1
   山本大輔(過去作/おっさんずラブ)
   Yuki Saito(過去作/おっさんずラブ)
音楽:河野伸(過去作/おっさんずラブ)
主題歌:sumika「願い」(ソニー・ミュージックレコーズ)

第1シリーズは、BLの世界を描きつつ秀逸な人間ドラマだった!

2016年に放送された単発スペシャルのコメディ強調さが苦手で、2018年の連ドラ化の第1シリーズは観なかったが、劇場版公開と聞いて連ドラ放送後にBlu-ray版を見て、コメディ色が薄まったBLの世界を描きつつも秀逸な人間ドラマとして再認識した『おっさんずラブ』の第1シリーズ。

  ドラマ「おっさんずラブ」Blu-ray鑑賞 感想と採点 ※ネタバレなし

前作は、ドラマの本質に臨めば評価や結果が実る事を実証した

連ドラ版の第1シリーズが登場する以前は、時に非道徳的で痛ましいものとして描かれることが多かった同性愛者の恋愛ドラマを、 「BLドラマ」や「恋愛ドラマ」を超越して、徹底的にその登場人物の人間としての内面と人間同士の言動を描いて、「極上のヒューマンドラマ」に仕上げ…

更に、「ドラマは人間そのそもの描くもの」がドラマづくりの本質であり、そこにきちんと向き合えば、自ずと評価や結果は付いて来ることも実証した。

劇場版は、無念過ぎる罪深き作品だった…

そして、劇場に足を運んだ『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、感想を書く気にもなれない程の罪深き仕上がりだった。

連ドラ版の続編的な作品を期待した私が悪かったと思うが、まさか不要と思われる部分に多額の予算を割き、描くべきは、 幸せに満ちた牧と春田の姿であり、二人の未来に繋がる物語だったのでは? 劇場版への無念さを語るのは、終わったことだ。これで止めよう。

「4度目の正直」、「2匹目のドジョウ」でもない旨味無き二番煎じ

そして、私にとっては「4度目の正直」であり、作り手たちにとっては「2匹目のドジョウ」の今作『おっさんずラブ-in the sky-』が始まった。

正直、4度目の焼き直しだから、若干設定が変わったり、登場人物が入れ替わったり、コミカルが強調しすぎたり、その辺の微調整は私も受け入れられたが、逆に連ドラの第1シリーズと微妙にあれこれを変えたおかげで、余計に “ほぼコピペ” であることが際立ち、結果的に「4度目の正直」でも「4匹目のドジョウ」でもない、旨味のない二番煎じになってしまった。

ドラマのスポンサー契約が厳しい世の中だとしても…

ドラマのスポンサー契約が厳しい世の中で、ピーチ航空の全面的なサポートの上に成立させるしかなかったのかも知れないが、やはり『おっさんずラブ』の世界は、 天空不動産を舞台に描くべきだったと思うし、ドタバタをやるために春田(田中圭)の魅力も衰えて見えたし、春田を演じる田中圭さん自身も “やり過ぎ” 前提で芝居をしているようで残念だった。

あとがき

仕事があったので、一夜明けて今日の夕方から録画を見ましたが、まだ寝る時間でないのに睡魔との戦いでした。と言うことで、そもそも土曜日の連ドラは仕事の都合で、出来れば感想を書くドラマは少なくしたいので、今期は『少年寅次郎』と『僕の話は長い』に集中します。そして、「5度目の正直」に期待します!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【メーカー特典あり】 「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」オリジナル・サウンドトラック(「おっさんずラブ」ドラマ&映画サントラ収納用特製BOX付)
日本映画navi vol.82 ★表紙:田中圭、吉田鋼太郎、林遣都 『劇場版 おっさんずラブ ?LOVE or DEAD?』★最速! 大特集16P! (NIKKO MOOK)
劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~ シナリオブック
劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~ オフィシャルBOOK


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13425/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おっさんずラブーin the skyー 第1話

お人よしで情に厚いが、女性にもてない独身の春田創一(田中圭)は突然のリストラに遭い、航空会社に転職して新人客室乗務員(CA)になります。 しかし、CAデビュー当日、打ち合わせに遅刻した春田は、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)にフライトから外れるように通告されてしまいます。 落ち込む春田ですが、ディスパッチャー・烏丸孫三郎(正名僕蔵)から撤去するロッカーの中の整理を頼まれ、開けたロッカーの中か...

おっさんずラブ-in the sky- 第1話

昨年度、ドラマがヒットして、流行語大賞、トップテン入を果たすほどの話題性と、今年度の劇場版のヒット。ついには、ヒートアップのあまり、「ボヘミアン・ラプソデー」じゃないけれど、力一杯、応援できる企画のシアターまで。その勢い、そのままに、「3匹目のドジョウは?!」と、シリーズ続編が制作。だけど、世界Twitterトレンドで1位獲得、とは知らなかったので、驚いたのでした。今回は、はるたん、まさかの...

土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ -in the sky-』第1話

内容新人の客室乗務員の春田(田中圭)訓練が終わり。。。初日。。。寝坊して遅刻してしまう。機長の黒澤(吉田鋼太郎)、副操縦士の成瀬(千葉雄大)たちから、厳重注意を受けるだけで無く。搭乗を禁じられてしまう。整備士の四宮(戸次重幸)から、アドバイスされて、掃除を始めたところ。。。。自分の似顔絵を発見してしまう。敬称略脚本は、徳尾浩司さん演出は、瑠東東一郎さん1年少し前に放送した第1弾。。。を、舞台...

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR