●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

少年寅次郎 (第3話 [連続5回]・2019/11/2) 感想

少年寅次郎

NHK総合・土曜ドラマ『少年寅次郎』公式
第3話 [連続5回]の感想。
なお、原作の小説、山田洋次「悪童(わるがき) 小説 寅次郎の告白」は、未読。



復員した平造(毎熊克哉)は人が変わったように何かにおびえる。光子(井上真央)は不安を抱くが、平造の父・正吉(きたろう)の言葉や寅次郎(藤原颯音)の機転により、平造は少しずつ元の様子に戻っていく。中学生になった寅次郎(井上優吏)は、印刷会社の女性工員・さとこ(森七菜)に恋をするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:山田洋次「悪童(わるがき) 小説 寅次郎の告白」(小説)
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、ど根性ガエル、最後から二番目の恋、セミオトコ)
演出:本木一博(過去作/わろてんか、ベトナムのひかり) 第1,2,3
   船谷純矢(過去作/ドクターカー、癒されたい男)
   岡崎栄(過去作/戦艦武蔵)
音楽:馬飼野康二(過去作/天まであがれ!、教師びんびん物語)
ナレーション:原由子(サザンオールスターズ)

『男はつらいよ・エピソード0』にピッタリなエピソード!

復員して来た復員した平造(毎熊克哉)の変わり果てた姿と、息子の過酷な体験を自分の命に代えてあの世に持って行くと言う平造の父・正吉(きたろう)との、壮絶で苦しい中にも、ちょっとした笑いがある。

寅次郎が中学生となり、寅次郎(井上優吏)と さくら(野澤しおり)も二代目になったが、全く不自然さ無し。そして、占い師の「女難の相」から始まるエピソードは、既に『男はつらいよ』の世界観。

印刷会社の女性工員・さとこ(森七菜)の設定も、さとこに恋する寅次郎の態度も、そんな二人をそっと支える 帝釈天の参道にある団子屋「くるまや」の人たちの愛情。もう、どれもが完璧と言っても良いようなホームドラマであり、『男はつらいよ・エピソード0』にピッタリなエピソードだった。

「泣ける」や「ジーンと来るなんて表現を超越した完成度の高さ

終盤の、寅次郎の初恋を知った寅次郎の母・光子(井上真央)の…

光子「小さい頃は『お母ちゃんが 世界で一番好きだ』
   なんて言ってたくせにね」

から始まる、母が息子の成長と喜ぶ気持ちと母の切なさ。そして、終盤の何故か泣いて帰って来たさくらの…

さくら「お兄ちゃん かわいそう。
    知らないの 私だけなんだね。
    お兄ちゃん… お母ちゃんが産んだ子じゃないだってね」

と、兄の寅次郎が光子の産んだ子でないことを知って悲しむさくらを慰める寅次郎…

寅次郎「どこが かわいそうなんだよ。バカだね お前は」
さくら「何で?」
寅次郎「俺は幸せ者だぜ。お母ちゃんの子どもでいられるし
    それに 柴又で一番 いや 日本一の妹がいるんだからな。
    幸せ者だ。だから お父ちゃんにだって感謝してるんだぜ」

『男はつらいよ』の世界観を排除しても、ここまでストレートに且つ端的な台詞と適切な演技で、お互いを思い合う兄妹と、それをそっと見守る母の愛が溢れた名シーンだと思う。「泣ける」とか「ジーンと来る」なんて表現を超越した、“ホームドラマとしての完成度の高さ” はお見事!

あとがき

本当に、丁寧に作り込まれている作品だと思います。誰もが知っている『男はつらいよ』の世界観。これこそ「朝ドラ100作目の記念作品」にしたら良いのに…と、今でも思います。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
悪童 小説 寅次郎の告白
続・男はつらいよ [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13423/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少年寅次郎 第3話

第3話で、車寅次郎役が藤原颯音から井上優吏にバトンタッチ中学生になった、寅次郎の初恋が描かれますが、その頃から、既に「お約束パターン」だったのですね。寅次郎(藤原颯音君)の父・平造(毎熊克哉さん)が復員したが、人が変わったように何かにおびえ、可愛がっていた娘のさくらを拒否光子(井上真央さん)は不安を募らせるが、祖父の言葉と寅次郎の機転が少しずつ平造を元の暮らしに戻していく… 顛末中学生になっ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR