●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

孤独のグルメ Season8 (第5話・2019/11/1) 感想

孤独のグルメ Season8

テレビ東京系・ドラマ24『孤独のグルメ Season8』公式
第5話『群馬県藤岡市の一人ロースター焼肉』の感想。
なお、原作の漫画、久住昌之&谷口ジロー「孤独のグルメ」は、未読。



五郎(松重豊)はホテル支配人・斎藤(MEGUMI)との商談で、群馬藤岡駅に降り立つ。向かったホテルは、中も外もボウリング場と一体化した建物だった。打ち合わせを終え空腹の五郎は、タクシーの中から店を探すが、見当たらない。執念で発見した店は、中華料理店のような名前だった。中に入ると、店員・清水(大橋彰)に‘一人焼き肉’のカウンターへと案内される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:久住昌之&谷口ジロー「孤独のグルメ」
脚本:田口佳宏(過去作/孤独のグルメ 全Season) 第1,2,3,5
   児玉頼子(過去作/孤独のグルメ Season2,3,5,6,7) 第4
演出:井川尊史(過去作/孤独のグルメ Season3,4、2018SP) 第4
   北畑龍一(過去作/孤独のグルメ Season6,7) 第1,2,3
   北尾賢人(過去作/孤独のグルメ Season3のAD)) 5
音楽:久住昌之 ザ・スクリーントーンズ

気になる点もあるが旨そうに食べる五郎さんを見て幸せに…

腹が減って早く食べたいのは分かるし、無い袖は振れないとか中古品と言われて商売っ気が薄れてしまったのかも知れないが、お客さんの誘いのボーリングを断るのって、なんか五郎さん(松重豊)らしくないって感じで始まった第5話。

その後も、今シリーズらしく、サクッと食べる店もメニューも決まってしまった。とは言え、最後の半ライスのお椀で作る豚キムチ丼まで、美味しそうに食べている五郎さんを見て幸せになった。

あとがき

『8』から、五郎さんの食が細くなりましたが、むしろその方が普通に見えて良いと思います。ただ、今回は食事シーンの編集が淡々とし過ぎていたような。もう少しカット割りやアングルを工夫しても良かったと思います。ただ、もはやビール飲みコーナーと化した『ふらっとQusumi』含めて、シリーズの安定感と言う意味では申し分ありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
孤独のグルメ Season7 DVD-BOX
「孤独のグルメ Season7」O.S.T


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13421/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

孤独のグルメ Season8 第5話 「群馬県藤岡市の一人ロースター焼肉」

今度のお仕事編は、今回訪れた町は「群馬藤岡」で、ホテル支配人・斎藤(MEGUMI)との商談打ち合わせを終え、ボウリングに誘われてる途中「…それにしても、お腹が減った…」で退散。可笑しかったです。FFならば、トンズラ・モード?!わざわざ、ボールを選んで、持ってきてくれた、斎藤さん、すっぽかされて、ちょっとお気の毒 (^^;)ゞタクシーで店を探すも、なかなか見つからず、執念で発見した、中華っぽい...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR