●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~ (第3話 [全10話]・2019/11/1) 感想

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

NHK総合・ドラマ10『ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~』公式
第3話(全10話)『真奈子、逃げ出す』の感想。
なお、本作の失敗学監修である畑村洋太郎(東京大学名誉教授)の著書、「失敗学のすすめ」(講談社文庫)は、既読。


ライブ会場で火災が発生し、出演していたバンドの一員が命を落とす。演出で使われた花火が原因と思われたが、真奈子(松雪泰子)は業務用空調機械から発火した可能性を指摘する。その空調機械は野津田(堀井新太)がかつて勤めていた会社の製品だった。同社で大きな失敗をし、ショックから立ち直れずに退職した野津田は、古巣の元上司・黒島(千葉哲也)相手に萎縮する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

野津田がめいんになって、これまでと違った面白さがあった

今回のサブタイトルが『真奈子、逃げ出す』だから、当然に物語の中心は真奈子(松雪泰子)の助手・野津田(堀井新太)。野津田の過去を描きつつ…と言うことで、全体の構成は前回と似ているが、差別化されており新鮮味があった。

野津田の失敗から真奈子の活躍、オチへの展開も良かった

また、前回は 「天才工学者」が参加して解決するような内容だったかは疑問だったが、今回は、野津田の過去を上手く利用して、更に野津田の失敗から、真奈子が真実を明らかにする自然な展開になった。その上、ラストのオチも痛快で面白かった。

あとがき

人間ドラマとしての面白味が出て来ましたね。この辺は類似作品『ガリレオ』とは一味違うところで、そこも良かったです。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
失敗学のすすめ (講談社文庫)
あまりにも素敵な夜だから/ミス・ジコチョー ~天才・天ノ教授の調査ファイル~[カバー]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13419/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~ 第3話 「真奈子、逃げ出す」

なんと、この作品。「陸王」「半沢直樹」の八津弘幸、「おっさんずラブ」の徳尾浩司のオリジナル脚本、だったのですね。今回は、「ドクターX~外科医・大門未知子」の「私、失敗しないので」をパロった、ヒロイン、真奈子(松雪泰子)の、「私、失敗しちゃったので」がお茶目で笑えました。オープニングのナレーションによる語りも、「ドクターX」を彷彿させて可笑しいです。脇を固める、須藤理彩、高橋メアリージュン、余...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR