ゲゲゲの女房:再放送 (第88,89回・2019/10/30) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第15週「チャンス到来!?」の 『第88,89回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第88回】
茂(向井理)は、泣いて取り乱したはるこ(南明奈)が、自分の胸に飛び込んできた理由を、それを見てしまった布美枝(松下奈緒)たちに説明するハメに。絹代(竹下景子)と修平(風間杜夫)は、村井家に一晩泊まり、布美枝と茂のそれぞれに親としての思いを話して聞かせる。両親が境港に帰っていった後、はるこがやって来て、「漫画家の道をあきらめて郷里に戻る」と、茂と布美枝に知らせる。

【第89回】
布美枝(松下奈緒)は、はるこ(南明奈)を連れて深大寺を訪れた。はるこは布美枝に、茂(向井理)は布美枝がいるから、漫画に打ち込めるのだと言う。布美枝は、はるこの茂への秘めた思いを感じる。はるこが東京を去った後、浦木(杉浦太陽)が布美枝たちのもとにやって来て、「なぜ、はるこが去ることを自分に知らせなかったのか」と茂をなじる。ばたばた騒ぎのなか、雄玄社の豊川(眞島秀和)が村井家を訪ねてくる。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第88回】

布美枝と茂の存在感を強調しつつ…良く出来たホームドラマ

全体の2/3は、茂の母・絹代(竹下景子)と父・修平(風間杜夫)を中心にしながらも、しっかりと本作の中心人物が、布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)であることが強調され、更に娘の藍子の存在感もあり、良く出来たホームドラマと言った感じ。

特に良かったのは、絹代と修平の気持ちが丁寧に描かれ、大きな騒動や問題も発生せずに帰ったこと。先週の「こみち書房」のような大袈裟な退場でなく、あくまでも “親子の日常” として、はるこ(南明奈)のと茂の浮気騒動が序盤でサクッとスルーされたのが良かった。

この展開こそ、はること茂の両親を同時に描く意味を感じた

そして、残りの1/3を使って、はるこの退場が描かれた。これまでも、布美枝と茂の前を幾人もの漫画家や漫画家志望が通り過ぎて行ったが、今回で描かれた、漫画家になる夢を諦めて帰郷する はるこに対して、父・修平の話を例えにして説得したのも良かった。

これでこそ、はること、茂の両親を同時に描く必然性があったと言うものだ。最近は前回と今回で “一繋がり” の傾向があるが、これはこれで面白いと思う。



【第89回】

「はるこの退場劇」を2日間に跨ぐのはやり過ぎでは?

前回の感想で「はるこの退場が描かれた」と決めつけてしまったが、ナント今回も引っ張るとは! 更に「最近は前回と今回で “一繋がり” の傾向があるが、これはこれで面白い」とまで書いてしまったが、流石に2日間に跨ぐのはやり過ぎのような。

はるこを、もっと登場させ布美枝と茂と絡めるべきだった…

先週の美智子(松坂慶子)たち「こみち書房」はくどかったが、太一(鈴木裕樹)の退場はあっさり気味。美智子の退場ですら、関係性の深さを考えるとくどいし、芝居染みているようなきがしたのに、美智子よりも登場場面の少ない はるこの退場をここまでドラマチックに描くなら、もっと布美枝と茂に絡めたら良かったのに。

都合良く脇役を使っては捨てているように見えるのが残念…

何か、都合良く脇役を使っては捨てているように見えるのが残念でならない。だって、みんな良いキャラだから…。そして、終盤 12分頃になって、やっと編集者・豊川(眞島秀和)が茂の前に登場した。これで漸く物語が大きく動き出すのか?

あとがき

なにか変なパターンになっていますね。引っ張る必要が無いエピソードを「2話に跨がせて、3話目の最後にネタ振りをする…みたいな。再放送は、2回連続なので大して感じませんが、本放送時は、ちょっと “じれったい展開” だったかも知れませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13410/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73 74 75 76 77 78
第14週「旅立ちの青い空」
79 80 81 82 83 84
第15週「チャンス到来!?
85 86 87

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR