時効警察はじめました (第2話・2019/10/18) 感想

時効警察はじめました

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』公式
第2話『超人気ミステリー作家の密室殺人』の感想。



霧山(オダギリジョー)は、アイドル並みの人気を誇るミステリー作家・秋斗の家へ。彼の父親が密室状態の書斎で殺された25年前の時効事件を調べることにしたのだ。彩雲(吉岡里帆)と鑑識課の康知(磯村勇斗)は秋斗のファンで、彼らの同行に三日月(麻生久美子)は不満を抱く。‘二つの刺し傷と三つの血だまり’が残された密室の謎に挑む霧山は、協力を申し出た秋斗の異変に気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:三木聡(過去作/時効警察シリーズ) 第1
   福田雄一(過去作/勇者ヨシヒコ、左江内氏、今日から俺は!) 2
   大九明子(過去作/映画「勝手にふるえてろ」)
   田中眞一(過去作/みんな!エスパーだよ!、警視庁いきもの係) 2
   小峯裕之(過去作/家政夫のミタゾノ1,2,3)
演出:三木聡(過去作/時効警察シリーズ)) 第1
   塚本連平(過去作/お迎えデス。重要参考人探偵) 2
   大九明子(過去作/映画「勝手にふるえてろ」)
   今泉力哉(過去作/セーラーゾンビ、オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~)
   森ガキ侑大(過去作/映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」)
音楽:坂口修(過去作/時効警察)
主題歌:椎名林檎「公然の秘密」

小ネタは良いが、既視感漂うエピソードとテンポが微妙に悪いのが…

前回(第1話)のストーリーよりも、ラストが『時効警察』らしかったのが良かったが、どこからか既視感が漂うエピソードでもあって、評価としては、もっともっと本作らしいストーリー展開が欲しかった第2話。しかし、何よりも残念だったのは、小ネタの内容もキレも前回よりは増して良かったのに、全体的なテンポが悪かったこと。

やはり、霧山と三日月のやり取りをもっともっと見たい!

やはり、前回の感想で書いた通り、期待度★★★★(満点は★5つ)の作品としては、 私が最も期待していた時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)と交通課の三日月しずか(麻生久美子)のやり取りが、総武署・刑事課の新人刑事・彩雲真空 (吉岡里帆)の出番を増やすために減ったようにしか感じなかったこと。

何とか、そこが改善されれば “イラっとさ” だけは薄まるのに…

あとがき

益々、彩雲(吉岡里帆)の存在で好みが分かれる作品になって来たように思うのは、私だけでしょうかね。このままだと、感想で内容の面白さに触れるのは、いつになるやら… と言うことで、次回の第3話で継続視聴するかどうか見極めるかも知れません。どうか、右上がりに面白くなるのを期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
時効警察はじめました(上) (角川文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13358/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時効警察はじめました 第2話

新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)や鑑識課のエース・又来康知(磯村勇斗)も夢中になっているミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。 ミステリーの貴公子ともてはやされる彼は、出した小説はすべてベストセラー、写真集やCDまで出すなど、アイドル的な人気を誇っています。 そんな彼には、時効を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が興味を抱く過去がありました。 それは、秋斗の父で有名ミステリー...

時効警察はじめました 「超人気ミステリー作家の密室殺人」

冒頭から、いきなり、残念なエース。十文字疾風(豊原功補)の出現と見せ場そして、所長、熊本役の岩松了のお約束、ハンコを押すまでの、リアクションにも、遊び心。定番の、由紀さおりのナレーションも嬉しいです。ゲストは、アイドル並みの人気を誇るミステリー作家・秋斗役に、向井理。父親もまた有名作家で、有名人。妻へも何かと厳しく、それを見る、秋斗少年は複雑。特に、母の死をきっかけに、親子関係が複雑に。スポ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR