モトカレマニア (第1話/初回15分拡大・2019/10/17) 感想

モトカレマニア

フジテレビ系・木曜劇場『モトカレマニア』公式
第1話/初回15分拡大『最高の元カレ現る!!あなたにも忘れられない恋ありませんか?』の感想。
なお、原作の漫画、瀧波ユカリ「モトカレマニア」(講談社「Kiss」連載)は、未読。


失業中のユリカ(新木優子)は5年前に別れた元恋人・マコチこと真(高良健吾)が忘れられず、彼と妄想の会話を繰り広げる毎日を過ごしている。現実を見ずに思い出に浸ることに幸せを感じるユリカを、親友のネイリスト・ひろ美(よしこ)は心配していた。不動産会社に何とか仮採用されたユリカは、客の山下(浜野謙太)と意気投合。さらに出張帰りの社員がなんとマコチで…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:瀧波ユカリ「モトカレマニア」(講談社「Kiss」連載)
脚本:坪田文(過去作/コウノドリ1,2)
演出:並木道子(過去作/セシルのもくろ、レ・ミゼラブル 終わりなき旅路) 1
   相沢秀幸(過去作/グッド・ドクター、トレース~科捜研の男~)
   関野宗紀(過去作/オトナ女子、ハラスメントゲーム、ラジエーションハウフ)
音楽:田渕夏海、中村巴奈重
主題歌:超特急『Revival Love』 (SDR)

ラブコメなのかシリアスなのか中途半端なのが良くない…

元カレのことが忘れられない女性が、元カレと思いがけず再会を果たした。そんな元カレが好きすぎるモトカレマニア(MKM)女子の生態描いたラブコメディらしい。

敢えて「らしい」と書いた部分が、本作の大きな問題。ラブコメならラブコメで徹底的にコミカルにすれば良いのに、中途半端にシリアスな部分を盛り込んで来たから、全体的な印象が中途半端になってしまったと思う。

やはり、内容も出演者も、かなり好みが分かれる作品だった…

ただ、全体的にはテンポも良いし、主人公・ユリカ(新木優子)のキャラも分かり易い。ただ、内容も出演者も、かなり好みが分かれる作品であるのは、観る前から予想していたこと。

私にとってハッキリ言っちゃうと、主役よりも豪華な脇役の方を見ていたい…そんな作品。そして、深夜ドラマなら許せるけれど、ガッツリと作り込まれている『ドクターX』の直後の放送では “差” があり過ぎて…

あとがき

「今どきは、こんな女子もいるんだなぁ」なんて引きの目で、オジサンは最後まで観るしかありませんでした。そして、やはり現在の恋愛事情を描いただけのラブコメ風ドラマに、私が惹き込まれることはありませんでした。第1話で視聴離脱します。なんか、出演者全員が、この世界観に合わないキャスティングにも見えました。

最後に、よしこ(ガンバレルーヤ)さんが、意外に演技が上手なことを発見したのは良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
モトカレマニア(1) (KC KISS)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13355/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木曜劇場『モトカレマニア』第1話

内容5年前に分かれた“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)のことが、どうしても忘れることが出来ない難波ユリカ(新木優子)様々な恋をしても、どうしても忘れることが出来ず。当時の幸せだった思い出に浸るコトで、満足して生きていた。親友のネイリストの周防ひろ美(よしこ)は、現実を見ろと注意する。折しも。。。ユリカは、失業中だったのだ。そんななか不動産会社の面接を受けたユリカ。失業保険が切れるから。。と社長...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR