スカーレット (第16回・2019/10/17) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第3週『ビバ!大阪新生活』の 『第16回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


喜美子(戸田恵梨香)がいない信楽では、残された人々の新生活。一見、変わりない様子だが、幼なじみの照子(大島優子)は楽しい高校生活を装い、父・常治(北村一輝)は酔った勢いで喜美子のいない寂しさを明かす。一方、大阪の喜美子は、下宿屋の住人と地元の思い出話に花を咲かせる。その流れでお守り代わりに拾ってきた焼き物のかけらを見せると、新聞記者のちや子(水野美紀)が反応。古い信楽焼きには高い価値があると言い…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「魔法の葉書」を届ける後ろ姿の郵便配達員がカットが良かった

あら? アバンタイトルの1カット目、意外にも「魔法の葉書」を届ける後ろ姿の郵便配達員がカットだった。こう言う丁寧な描写って良いと思う。

別に、母・マツ(富田靖子)が縁側で葉書を読み始めるカットか、郵便受けから葉書を取り出すかッとでも十分なのに、わざわざエキストラを1人雇って衣装を着せて…。あの1カットが入ったことで、信楽の山々の全景では表現できない “信楽の日常” が見えて来る。今日も、至って丁寧に進むようだ。

荒木荘の玄関の「ドレスを着た陶器の人形」は『カーネーション』の?

そして、マツから青空繋がりで大阪の下宿屋「荒木荘」の物干し場の場面から、玄関の場面に移動した際に気になったことがある。下↓の写真にあるように「荒木荘」の玄関の電話台の横に置いてある「ドレスを着た陶器の人形」だ。

どこかで見たと思って探してみたら、朝ドラ『カーネーション』の第3話で、大正15年の正月に母親の千代(麻生祐未)の神戸の実家で、小学生の小原糸子(二宮星)が、ドレスを着た陶器の人形を見つけて感動するシーンに登場していた。この人形、晩年の糸子の家にもあったように記憶している。

ドレスを着た陶器の人形
©NHK

もしこれが同一の人形だったら、遊び心があるなぁと思うし、糸子も喜美子も男性社会に突っ込んで生きていく女性だったから、シンクロしていると言うことにもなる…

「信楽焼の欠片」を登場させたのは良かった

で、終盤までは、信楽の人たちの様子。まあ、 東京 大阪と信楽を行ったり来たりするのは良いのだが、今回は、最後の「信楽焼の欠片」のエピソードが唯一の “喜美子らしい描写” だったのが残念。もちろん、「信楽焼の欠片」を登場させたのは良かったと思う。そうでないと、何を描くドラマなのか忘れてしまうから。

上京後「これが喜美子!」と言うのがないのが少し気になる…

でも、やはり前回の主題歌明けの、朝ドラのお約束の「ヒロインの演説大会」みたいな場面にまで「信楽焼の欠片」を広げても良かったかも。

だって、喜美子(戸田恵梨香)は外に出ない。出ないから似たような画ばかりになる。例えば、女中の大久保(三林京子)に頼まれて買い物に行くとか、そんな場面があると、喜美子が一生懸命に生きようとしているのが、もっと見えて来ると思う。なぜ、そう思うのかと言えば、喜美子に “喜美子らしさ” が足りないからだ。

幼少期は、それなりにあったが、上京してから「これが喜美子!」と言うのがない。まあ、まだ第3週だから無理もないが、今後はそんな部分も描いてくれると、もっともっと喜美子を応援したくなると思う。

あとがき

喜美子が女中の仕事だけでも忙しいのに、内職でもやらされると頑張る姿が見られて良いかも知れませんね。とは言え、特に不満はないです。普通に奇を衒わずの描写続きで安心感があって良いです。でも、人によっては「ヒロインに華が無い」とか「ドラマに動きが無い」とか思うかも? でも、この位が丁度良いように思います…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
緋色のマドンナ: 陶芸家・神山清子物語
火火 [DVD]
スカーレット ノベライズ上巻
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13353/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14 15

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電話>『スカーレット』第16話

​​​​​​​​​​​お父ちゃんに泣かされちゃったなあ… 最初はちょっとね 泣き過ぎ…と感じたんだけど(酷) だって、このドラマに 過剰な演技はいらないんじゃないか って気がして でも、すぐに思い直した お父ちゃんは、こういうキャラやねん これがええねん …で まんまと泣かされてしまいましたとさ …ひじゅにですが何か? ​「ラジオはあります」​by喜美子 カメラなんて...

電話>『スカーレット』第16話

​​​​​​​​​​​お父ちゃんに泣かされちゃったなあ…最初はちょっとね泣き過ぎ…と感じたんだけど(酷)だって、このドラマに過剰な演技はいらないんじゃないかって気がしてで...

連続テレビ小説『スカーレット』第16回

内容喜美子(戸田恵梨香)は、のぶ子(三林京子)の指導に奮闘しながら、無事に働きはじめたことしたためた手紙を、母・マツ(富田靖子)に送る。それを受け取ったマツは、ひと安心していた。ただ同時に、マツだけでなく、父・常治(北村一輝)も寂しさを感じていて。。。そんなある日、喜美子に照子(大島優子)から手紙が届く。懐かしさを感じる喜美子。。。敬称略“欠片”は、良いんだけど。。。。。“魔法”を使うと思っ...

【スカーレット】第16回(第3週 木曜日) 感想

…大阪の喜美子は、下宿屋の住人と地元の思い出話に花を咲かせる。その流れでお守り代わりに拾ってきた焼き物のかけらを見せると、新聞記者のちや子(水…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR