スカーレット (第15回・2019/10/16) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第3週『ビバ!大阪新生活』の 『第15回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


初日にクビを言い渡され、信楽に帰ることになった喜美子(戸田恵梨香)。一旦落ち込むも、母・マツ(富田靖子)からの手紙に勇気づけられ住人たちの前で「女中として働かせて下さい」と嘆願。どうにか受け入れられる。その後、しばらく姿を見せないある住人のことが話題に。巷では同世代の男性の遺体が見つかったニュース。もしかしたらという疑心暗鬼の中、喜美子は住人の圭介(溝端淳平)らと共に開かずの間の前で声をかけると…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アバンに「魔法の葉書と手拭い」を入れらた良かったのに…

なぜ、アバンタイトルで、前回の終盤で描かれた「魔法の葉書」と「魔法の手拭い」を振り返らなかったのだろう? その上、一晩寝ずに女中の大久保(三林京子)のことを考えて眠れなかったのが分かるような1カットを入れなかったのだろう?

その2つを入れていれば、朝から元気ハツラツに喋りまくる喜美子(戸田恵梨香)の “若さ” が表現され、それが結果的に「15歳」に見えるのに役立つのに。やはり、好意的に観てはいるが、31歳の戸田恵梨香さんを中卒の15歳として見続けるのは結構しんどい。

いや、正確に言えば、しんどいのでなく、もっと台詞やナレーションで「15歳」を強調してくれたら、意識せずに安心して戸田恵梨香さんの演技に集中出来ると思う。その辺がちょっと残念なアバンだった…

雇って欲しい気持ちを "戦う姿勢" で描いたのは良かった

そして、主題歌明けは、朝ドラのお約束の「ヒロインの演説大会」。

前回の出勤第1日目で、さだ(羽野晶紀)と大久保にクビを言い渡された喜美子が、信楽時代の草間(佐藤隆太)が開いた柔道教室の試合に例えて、大久保と言うベテラン女中の人間と真正面から向き合い、それを “戦い” と比喩して、住人たちの前で「どうか雇って下さい。働かせて下さい! 戦わせて下さい お願いします!」と嘆願したのは良かった。

やはり、幼少期と少女期(15歳)が自然に繋がっているように見える。そして、喜美子にとって、自分の存在感を示す一つの方法が “戦い” であることも、さり気なく描かれた。これ、実はとても重要だと思う。

だって、今の女中と言う仕事が、どうやって男社会である陶芸の世界に飛び込んで成功する女性陶芸家の話になるのか、今のところ検討がつかないから、幼少期に “手” を強調して描いたように、“戦う姿勢” を強調するのは良いと思う。

住人たちの登場がそれぞれ違う、飽きさせない工夫も良し…

中盤から描かれたのが、4人目の住人である田中雄太郎(木本武宏)の登場だ。前回も思ったのだが、下宿屋の住人の登場シーンが意外と工夫されていること。普通ならヒロインが引っ越してきたタイミングで、ドタバタとした中で次々と住人たちが顔を揃える…なんて描写が多いような気がするが、本作はちょっと違う。

さだと大久保は別にして、医学生の圭介(溝端淳平)は案外のんびりと登場し、新聞記者のちや子(水野美紀)は襖がバタンと倒れて登場、そして、この度の雄太郎は「同世代の遺体が見つかったニュース」をきっかけに、かなりコミカルに登場。この辺の工夫が飽きさせない…

食事のシーンが "きれい" な朝ドラは良作の予感がする…

11分過ぎには、下宿屋「荒木荘」の早朝のシーン。女中として働き始めた、新たな喜美子の日常描写が続く、続く。なんてことの無いシーンだが、朝ドラでは、ついつい気になってしまうのが食事のシーン。小道具の消え物としての「料理」の見栄えや、俳優さんたちの「食べ方」の美しさが気になってしまう。

その意味では、14分頃の、住民たちや、喜美子と大久保が賄い飯を食べるシーンは “きれい” だった。「荒木荘」の人たちが、食べ物を大切にしている人たちと言うのが良く分かったし、ドラマ全体の描写の丁寧さにも繋がるから、食事のシーンは丁寧に大切に描いて欲しい…

あとがき

最後の最後で、喜美子が「絵を描くのが得意」と言う特徴も見せましたね。何度も書きますが、「15歳」であることも、米を研いだり器を丁寧に扱う「手」も、「絵が得意」なことも、今回の「戦う姿勢」も、しつこくクドくならない範囲で、毎日視聴者に上手に摺り込んだ方が良いです。

その積み重ねが半年後に絶大な効果を生むはずですから。と…小さな要望は幾つかありますが、全体的には満足が勝っていますし、しっかりと「応援したくなるヒロイン」にもなっているので、このまま気張らずに自然体で進んで欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング





★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
緋色のマドンナ: 陶芸家・神山清子物語
火火 [DVD]
スカーレット ノベライズ上巻
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13349/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11 12
第3週『ビバ!大阪新生活』
13 14

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

対戦相手>『スカーレット』第15話

​​​​​​​​「可愛らしいな」の酒田さん 鼻の下にハエの、ちや子さん そして3人目の住人は「ちょっと変わったことする」雄太郎さん  一度にワサワサと登場させず 一人ずつインパクトを持たせて― まあ、インパクトちゅーても 朝ドラ的にはベタだけど でも、何か 騒いでいる割にはノンビリ感があって 寒いというより安心する 何故だろう何故かしら? …ひじゅにですが何か? ​「相手を敬...

対戦相手>『スカーレット』第15話

​​​​​​​​「可愛らしいな」の酒田さん鼻の下にハエの、ちや子さんそして3人目の住人は「ちょっと変わったことする」雄太郎さん 一度にワサワサと登場させず一人ずつインパ...

連続テレビ小説『スカーレット』第15回

内容のぶ子(三林京子)から信楽に帰るよう言われた喜美子(戸田恵梨香)そんなとき、母・マツからの手紙を見つけ、両親の思いを知り、覚悟を決める。翌朝、荒木荘にやって来たのぶ子と、目覚めたばかりのさだ(羽野晶紀)に、喜美子は、信楽に帰らないと宣言。のぶ子、さだ、仕事で朝帰りのちや子(水野美紀)や、圭介(溝端淳平)に、自分の気持ちを伝えるのだった。そんなななか、数日前に淀川に溺死体が上がったという話...

【スカーレット】第15回(第3週 水曜日) 感想

…一旦落ち込むも、母・マツ(富田靖子)からの手紙に勇気づけられ住人たちの前で「女中として働かせて下さい」と嘆願。どうにか受け入れられる。その…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR