スカーレット (第12回・2019/10/12) 感想

連続テレビ小説「スカーレット」

NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』公式サイト
第2週『意地と誇りの旅立ち』の 『第12回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


地元での就職を取り消された15歳の喜美子(戸田恵梨香)。父・常治(北村一輝)がツテを頼りに大阪で新たな就職先を見つけてくる。喜美子は内心、信楽を離れたくなかったが、家族のために本音を隠して就職を受け入れる。さらに中学校で成績優秀な喜美子に進学の誘いがあるも、断らざるをえない。信楽を離れる喜美子の噂を聞いた友人・照子(大島優子)から柔道勝負を挑まれ同じく友人・信作(林遣都)立ち会いの下、涙の勝負が…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回よりも今の戸田恵梨香さんが演じる15歳に違和感なし

今回は、簡単感想で。前回の感想でも書いた通り、私は30歳の戸田恵梨香さんが15歳の喜美子を演じることに意外に違和感を覚えないと書いたが、今回は更に違和感が無かった。やはり演技力と言うのは目に物を言わすと思う。

幼少期編と合わせて、良いプロローグに仕上がって来ている

そして、照子(大島優子)が「婦人警官になる夢」を諦めたことと、柔道の試合で決着をつける展開も実にスムーズ。更に驚いたのは、これまで「どうかな?」と思っていた子役が演じた幼少期と前回と今回を合わせて、良いプロローグに仕上がって来たこと。やはり、子役編で離脱しなくて良かった。

あとがき

こう言う展開になると、益々気になるのが、どうやって陶芸の道に進むのかですね。早めに道しるべを見せてくれた方が良いと思います。それにしても、予想以上にいい感じに進んでいると思います。それでは、出勤します。皆さんも、命を守る行動を。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
緋色のマドンナ: 陶芸家・神山清子物語
スカーレット ノベライズ上巻
連続テレビ小説「スカーレット」オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13334/


【これまでの感想】

第1週『はじめまして信楽(しがらき)』
1 2 3 4 5 6
第2週『意地と誇りの旅立ち』
7 8 9 10 11

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夕日>『スカーレット』第12話

​​​​​​夏は猛暑日が多い以外は>全国上位 自然の驚異をあまり感じない我が地元も 台風19号は避けられない模様 さあ、今日のこの感想文は 無事に書き終えることができるでせうか…!? …ひじゅにですが何か? ​「喜美子は旅のお供にしました」​(ナレーション) ↑この言葉選びが良いなあ… 第1話に出て来た本物の狸。 あれ以来、一度も見ることがないのは 自分達はもう余所者で...

夕日>『スカーレット』第12話

​​​​​​夏は猛暑日が多い以外は>全国上位自然の驚異をあまり感じない我が地元も台風19号は避けられない模様さあ、今日のこの感想文は無事に書き終えることができるでせうか…...

連続テレビ小説『スカーレット』第12回

内容姿を消していた父・常治(北村一輝)が帰ってくる。喜美子(戸田恵梨香)の就職先として、大阪にいる親戚の荒木さだの“荒木商店”を決めてきたという。一方で、優秀な喜美子に、担任は進学を勧めるが、常治は。。。そんな喜美子に照子(大島優子)は、柔道の勝負を挑んでくる。敬称略順調だね。父と“荒木さだ”の関係性。。。親戚云々よりも人としての関係が気になるが。無理のない流れだ。あとは、この流れから、どう...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR