●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ゲゲゲの女房:再放送 (第74,75回・2019/10/2) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第13週「初めての里帰り」の 『第74,75回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第74回】
布美枝(松下奈緒)は、かつて「少年戦記の会」の騒ぎで茂(向井理)を振り回した富田(うじきつよし)と、「こみち書房」で偶然に再会する。富田は、茂にもう一度会いたいとの思いから、村井家を訪ねようとするところだった。経営していた出版社が倒産して以来、富田は小さな印刷会社で製本の作業員をして暮らしていた。わずかな額の金を茂に渡して去っていく富田。布美枝は藍子とともに、初めての里帰りに出発する。

【第75回】
結婚から3年ぶりに、布美枝(松下奈緒)は藍子を連れて、安来の実家に帰ってきた。父・源兵衛(大杉漣)をはじめ、大家族の飯田家は昔と変わらない、にぎやかさだった。弟の貴司(星野源)には、縁談が持ち上がっていた。源兵衛が実家の酒屋のほかに、新しく2軒目の店をだす計画で、それを貴司に継がせるつもりでいることを布美枝は知る。布美枝は、町内の洋食屋で貴司と見知らぬ女性が連れ立って入ってくるのに出くわす。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第74回】

半年の約半分が過ぎたから、「新章」でも始まるのか?

毎日、2話連続で見ていると気づき難かったのだが、冷静に見れば、第74回となっており、普通の朝ドラなら “約半分” が過ぎた頃だ。

そして、最近の朝ドラなら、ころころ舞台を変えて、「○○編」と次々切り替えるが、本作はそう言う手法を使っていない。どうやら、本作も、貧しさから抜け出しつつある布美枝(松下奈緒)と茂(向井理)に合わせて、登場人物たちも大幅に変更したり、新規加入でもするのだろうか?

さっさと帰省したら、幾らでも面白く描けるだろうに…

まるで新展開が用意されているように、今回は久し振りに茂を散々振り回した富田(うじきつよし)が登場して、15分間の半分以上の尺を割いて、昔話などが描かれた。

まあ、描くなとは思わないが、前回で、「布美枝の初めての里帰り」が決まったのだから、早く里帰りをすれば良いのに。だって、布美枝と茂にそれぞれ実家があり両親がいるのだから、二つの家庭を交互に描けば、幾らでもエピソードは作れるはず。何か、気が抜けた15分間だった…



【第75回】

序盤から登場人物とエピソード詰め放題の大盤振る舞い!

さあて、アバンタイトルの冒頭から布美枝の父・源兵衛(大杉漣)が、布美枝の帰省を首を長くして待っている様子が楽しく描かれ始まった第75回。序盤から、こちらが休み間もない位に、登場人物とエピソードの詰め放題大会って感じの大盤振る舞い。

貧しい茂兄弟と、景気の良い飯田家の対比がスゴイ推進力に!

弟の貴司(星野源)に縁談があり、源兵衛が実家の酒屋の他に、貴司に新しく出す2軒目を継がせることなど、景気の良さが描かれた。

主軸に布美枝と茂の貧しさから何とか抜け出そうとしている日常を置きながら、茂と兄・雄一(大倉孝二)一家の貧しさと、布美枝の実家・飯田家の景気の良さとあれこれ翻弄される家族を両輪に描いて、とんでもない推進力が生まれた、そんな第75回だった。

あとがき

ここで、布美枝の弟・貴司の跡継ぎと結婚問題を絡めて来るとは思いませんでした。前回までと、まるで違う作品を見ているようでした。でも、このギャップやメリハリこそが、前述の本作の主軸である「布美枝と茂の貧しさから何とか抜け出そうとしている日常」を際立たせる…と期待しています。
※明日から『第52回日本女子オープンゴルフ選手権』の中継があるため、次の放送は、10/7(月)です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13305/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57 58 59 60
第11週「貧乏神をやっつけろ」』
61 62 63 64 65 66
第12週「連合艦隊再建
67 68 69 70 71 72
第13週「初めての里帰り」
73

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR