●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

監察医 朝顔 (第11話/最終回30分拡大・2019/9/23) 感想

監察医 朝顔

フジテレビ系・月9『監察医 朝顔』公式
第11話/最終回30分拡大『遂に、完結! 娘と父の命の物語… 大災害の前で法医が出来ることは!? 涙の朝顔』の感想。
なお、原作の漫画、<原作・香川まさひと 絵・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)は未読。



建設会社社員・赤井(笠原秀幸)の情報提供により、不法投棄の現場を確認しに行った桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)は大規模な土砂崩れに巻き込まれる。応援要請を受けた朝顔(上野樹里)や茶子(山口智子)らは現地へ。建設現場の社員寮や民家などが下敷きになり、被害者が次々と運ばれてくる。一方、平(時任三郎)らは管轄内にある同建設会社の本社の捜査を始める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:原作・香川まさひと 画・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ(過去作/相棒シリーズ、フルーツ宅配便)
演出:平野眞(過去作/Chef~三ツ星の給食~、黄昏流星群) 第1,2,5,6,9,最終
   澤田鎌作(過去作/CHANGE、不毛地帯、セシルのもくろみ) 第3,4,7
   阿部雅和(過去作/婚活刑事の第8話のみ) 第8,10
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド)

最終回の翌週に『特別編』とはフジが気合が入りまくりか!?

前回の感想にも書いた通り、 本作は「監察医ドラマ」と「ホームドラマ」と「刑事ドラマ」の “いいとこどり” をして、いろいろな視聴者が楽しめる「朝ドラ」のような作戦で視聴率稼ぎを目論見んで。それは見事に成功した。お陰で、最終回が終わったのに、次週『特別編』を放送すると、気合が入りまくっている。

ホームドラマの部分の"普通の日常描写"の出来は褒めたい

まっ、とにかく褒めるべきところから褒めておこう。やはり、褒めるべきは、「ホームドラマ」の部分の作り込みの丁寧さだ。個々に様々な事情を抱えた4人家族の物語。特に、日常の描写に関しては、現在放送中の朝ドラ『なつぞら』よりも良く出来ていた。

もちろん、子役を含めた4人の演者の功労があってのことだが、演出もきめ細やかで、最近のホームドラマは “普通の日常描写” の雑さが目立つ中で、良かったと思う。

結局、前回までに朝顔は"トラウマを克服していなかったのか?

あとは、気になったことばかり。イラっとするとか不快だとかそう言う感情的な類でなく、「監察医ドラマ」と「刑事ドラマ」としての “曖昧さ” や “中途半端さ” や “不明瞭さ” と言った類だ。その中でも最大に気になったのが、主人公が “トラウマ” から立ち直ったのか立ち直っていないのか常に不明瞭だったこと。

最終回で言うなら、茶子(山口智子)が山梨へ派遣するチームを作る時に、主人公は一番最後に名乗り出た。と言うことは、立ち直っていないってことになる。

立ち直っていれば、大量の死者が出た災害地への派遣なのだから、主人公は真っ先に手を挙げるべきだから。立ち直ると言うことは、そう言うこと。でも、最後に名乗り出たってことは、“トラウマ” が払拭できていないってこと。

なぜ朝顔が十字架を背負ってるのを曖昧に描き続けたのか?

だから、前回(第10話)の感想に書いたのだ。第8話と第9話で、主人公は、かなり “トラウマ” を克服したのに描いたのに、前回で朝顔は手が震えて解剖から外される。克服したはずなのに…?

だから、前回の感想で、いつだったか「母親の手袋が発見された」と言うエピソードがあり、その時は朝顔の父・平(時任三郎)だけが手袋に過剰反応した。その過剰反応を朝顔にもさせておけば、自分が解剖をする際の手袋を見て “トラウマ” が再発した…とるべきだった。

そうしていれば、今回の「朝顔が最後に名乗り出る」のと辻褄が合う。なぜ主人公とその父親は大災害の被災者としての重い十字架を背負っていると言う、かなり濃厚なポイントを不明瞭に描くのかが、最後まで見ても分からなかった。

あとがき

主人公・朝顔の初期設定に於ける、「震災被災者としての立ち位置」と「監察医としての立ち位置」が第1話から最終回まで、ずっとブレまくっていた…と言う感じがしました。

これ、最初から朝顔はトラウマと戦いながら監察医の仕事を通して「命とは何か?」や「死者と遺された者の関係とは何か?」を自問自答し続ける…と言う、ちょっと哲学的な部分に踏み込んだ内容だったら、前述の良く出来たホームドラマを合わせて、新たな「監察医ドラマ」として完成度が高まったかも知れません。

まあ、放送枠『月9』を考えれば、最終回でトラウマ克服としちゃった方が、支持は得ると思いますが…

そして、次週は最終回のあとに『特別編』。今回でスパッと終えたら良かったのに。その方が、終わり良ければ総て良し…だったような。それに『特別編』の内容が「エピソード0」なら、第1話に放送すれば良かったのでは? DVD-BOX等の発売発表も次週って決まっていたのなら…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「監察医 朝顔」オリジナルサウンドトラック
監察医朝顔 1 (マンサンコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13279/


【これまでの感想】
第1話 第2話 振り返りSP 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

監察医 朝顔 最終話

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入ります。 山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのでした。 朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せて、法医学教室に急ぎます。 現場では真也(風間俊介)と神崎(市川右團次)が、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、反社会組織と繋がる建設会社の不法投棄の現場を見に行って巻き込まれ...

監察医 朝顔 最終回「遂に、完結!娘と父の命の物語…大災害の前で法医が出来ることは!?涙の朝顔…」

途中、しばし、内容のシビアさに脱落してたけれど、上野樹里ちゃんの奮闘で、今期の一等賞。裁判があったり、結婚して家族が増えたり、母の遺品と思われる手袋が見つかったり、ヒロインが仕事できなくなったりしてたのですね。原作にかなりアレンジを加えた脚本が賛否両論だったみたいですが、私は、それもアリだし、時代性への意欲を感じて好感を持ちました。でも、良きファミリーを持ち、一歩前進することができてヨカッタ...

監察医 朝顔 第11話(最終回)

内容深夜、雨が降るなか、朝顔(上野樹里)に桑原(風間俊介)から電話が入る。帰るのは明日になると言う。直後、茶子(山口智子)から連絡が入り、興雲大へ向かう事に。娘つぐみ(加藤柚凪)を父・平(時任三郎)に任せて、研究室へ。山梨で大規模な土砂災害が発生したと言う事だった。応援要請が入り現地へ向かうという。志願する光子(志田未来)高橋(中尾明慶)絵美(平岩紙)に覚悟を求める茶子。すると、朝顔も自ら行...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR