サギデカ (第4話 [連続5回]・2019/9/21) 感想

サギデカ

NHK総合・土曜ドラマ『サギデカ』公式
第4話 [連続5回]『金と命』の感想。



加地(高杉真宙)の消息が途絶える一方、巡査長の戸山(清水尋也)は大金を奪う振り込め詐欺の動きを察知。被害状況を精査した今宮(木村文乃)はあることに気付く。一方、新薬承認の折衝が滞る廻谷(青木崇高)は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:安達奈緒子(過去作/コード・ブルー3、透明なゆりかご、きのう何食べた?)
演出:西谷真一(過去作/あさが来た) 第1,2,3
   村橋直樹(過去作/透明なゆりかご) 4
音楽:谷口尚久(過去作/映画「結婚」「渋谷」)

豪華なゲスト俳優陣で極上の刑事ドラマに仕上がった第4話!

共助課の見当たり犯・上野役の中村靖日さんも、凄いキャスティングだと思うが、“番頭” の男役に長塚圭史さん、そして、超怖い桑原傑役の田中泯さんと、今回も超絶妙で豪華なゲスト俳優陣で盛り上がった『サギデカ』の第4話。

いいねえ。前回で自分自身の “詐欺師だった両親の片棒を知らずに担いでいた” のを知った主人公・今宮(木村文乃)の焦りと葛藤と、加地(高杉真宙)が企んでいる事件を巧みに絡めて、極上の刑事ドラマに仕上げたって感じ。

警察と犯罪者と被害者を明瞭に丁寧に描き分けてくれた!

加地(高杉真宙)が居なければ事件が解決しないのでは? と言う見方もあると思うが、本作が「振り込め詐欺をテーマにした社会派ヒューマンドラマ」と言う前提に立てば、警察と犯罪者と被害者をきちんと描き分けつつ、個々の事情を丁寧に描くべき。その2つを今回は見事にやってくれた。

この位の全体のバランスが良いと思う。いや、良かったと思う。次回が最終回だから…

あとがき

見方によっては、普通の刑事ドラマになったように見えたかも知れませんね。ただ、これまでの 3話分を見ている視聴者なら「振り込め詐欺をテーマにした社会派ヒューマンドラマ」と見えたと思います。やはり、1つの事件を多方面の角度から描く方が面白いです。

更に今回は『透明なゆりかご』の演出担当の村橋直樹氏が担当したことで、終盤の今宮と加地のアップのカット割りが印象に残りました。次週の最終回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
職業"振り込め詐欺" (ディスカヴァー携書)
マンガでわかる! 高齢者詐欺対策マニュアル
パナソニック おたっくす デジタルコードレスFAX 子機1台付き 1.9GHz DECT準拠方式 ホワイト KX-PD215DL-W


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13275/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR