なつぞら (第150回・2019/9/21) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』の 『第150回』の感想。


 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


千遥(清原果耶)にあるものを届けにきた剛男(藤木直人)は、父の手紙が咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)と千遥の三兄妹全員に届いたことを知り…。なつは、剛男に夏休みになったら優(増田光桜)と千遥と千夏(粟野咲莉)を連れて遊びに行くと話す。そんな時、剛男は、最近、泰樹(草刈正雄)が穏やかになったと話し…。そして十勝では、泰樹が富士子(松嶋菜々子)にある思いを話す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

千遥の笑顔が良かった!

あと残り1週間となったから、今回は気になる点を1つ1つ挙げては突っ込むのを止める。面倒だし、書いたところで変わりゃしないから。

で、今回で良かったこと。千遥(清原果耶)の笑顔が見られたこと。これに尽きると言っても良い。とにかく、脚本が遠回しで雑な上に、演出が適当だから、どうしても客商売をしている女将、先代から腕を買われた女将として、千遥が不愛想過ぎた。その千遥が笑った。

結果的に、夫の浮気、離婚、「杉の子」のことなど、いろいろな心労があって、あの不愛想になっていたと、ここは好意的に解釈した。やはり、この1週間、朝ドラ、それにラスト2週の割に、登場人物たちの笑顔が少な過ぎた。やはり、朝は笑顔を見たい。そんな単純なこともやって来なかったのが『なつぞら』なのだ。

なつが立って、ポットで茶を入れたのが映った!

もう1つ良かったのは、中盤で なつ(広瀬すず)と剛男(藤木直人)が夜の自宅で話すシーン。「クララが立った」と言わんばかりに、久し振りに「なつが立った」。なつの「引きの画」が入って、更に珍しいことに なつが動きながら台詞を言った。ここ最近、妙な編集で なつのアップばかりが多用されていたから新鮮だ。

ポットを持ちながら台詞を言っていた。残念ながら、ポットから湯を急須に注ぎ、湯呑みに注ぐ手元は映っていなかったし、ポットの蓋は開けっ放しだったが(失笑) それでも、立って茶を入れて剛男に供すまで一連の動作が描かれた。こう言う普通に人のような描写が、もっとあったら良かったと思う。

あとがき

ツッコミどころを無視すると、本当に感想らしきものは無くなりますね(苦笑) 結局、千遥が浮気夫から離婚へ話が進んだのを 5日間かけて描いて、土曜日は益々忙しくなった(らしい)なつを助けに富士子(松嶋菜々子)が上京しただけ。最終回の予告編を見ても、ただ全員集合して大騒ぎするだけみたい。

なんか、来週で終わるような “盛り上がり” が全くないように思えてしまうのは私だけ?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13271/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95 96
第17週『なつよ、テレビ漫画の幕開けだ』
97 98 99 100 101 102
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』
103 104 105 106 107 108
第19週『なつよ、開拓者の郷へ』
109 110 111 112 113 114
第20週『なつよ、笑って母になれ』
115 116 117 118 119 120
第21週『なつよ、新しい命を迎えよ』
121 122 123 124 125 126
第22週『なつよ、優しいわが子よ』
127 128 129 130 131 132
第23週『なつよ、天陽くんにさよならを』
133 134 135 136 137 138
第24週『なつよ、この十勝をアニメに』
139 139 140 141 142 143 144
第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』
145 146 147 148 149

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政婦>『なつぞら』第150話

​​​​​​​​​​​​​​最初は深みのある賢人って趣きだった泰樹さんが なつの心の師匠って立ち位置だと思われた泰樹さんが いつしか、なつに骨抜きにされ ちょっとキモいじーさんになり下がっちゃったのが… 悲しいし このドラマの敗因の一つと思ってきたけど これって、もしかして 老境に差し掛かった大森が>って、何歳か知らんけど 寂しさや弱さや未練や執着や清さや醜さや… その他諸々の思いを投...

家政婦>『なつぞら』第150話

​​​​​​​​​​​​​​最初は深みのある賢人って趣きだった泰樹さんがなつの心の師匠って立ち位置だと思われた泰樹さんがいつしか、なつに骨抜きにされちょっとキモいじーさ...

連続テレビ小説『なつぞら』第150回

内容千遥(清原果耶)を訪ね“杉の子”にいたなつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)そこに、剛男(藤木直人)がやって来る。そして剛男は、ある物を千遥に手渡す。すると千遥は、なつから渡されていた亡き父からの手紙を。。。敬称略やっぱり、ここは、千遥、笑顔だね。客商売で。。。ということで、いろいろと気になっていたのだが。元々、義父が気に入ったという“くだり”があったので。そのときは、それほどでも無かったの...

【なつぞら】第150回(第25週土曜日) 感想

…剛男(藤木直人)は、父の手紙が咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)と千遥の三兄妹全員に届いたことを知り…。なつは、剛男に夏休みになったら優(…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR