ルパンの娘 (第10話・2019/9/19) 感想

ルパンの娘

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』公式
第10話『60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人』の感想。
なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。


巌(麿赤兒)が使う偽名と同名の人物が事件に巻き込まれ、華(深田恭子)らは巌の身を案じる。捜査を担当する和馬(瀬戸康史)は遺留品の錠前ネックレスが巌の物と同じだと気付き、華に教えるため会いに行く。巌の錠前はマツ(どんぐり)の鍵でしか開かない物で、尊(渡部篤郎)らは事件の被害者が巌かを確かめようと警察への潜入を決行。やがて、マツの過去が明らかになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)
脚本:徳永友一(過去作/グッド・ドクター、海月姫、僕たちがやりました、ストロベリー・サーガ)
演出:武内英樹(過去作/デート~恋とはどんなものかしら、カインとアベル) 第1,2,5,8,10
   品田俊介(過去作/探偵の探偵、ナオミとカナコ) 第3,4,7
   洞功二(過去作/カインとアベル、ストロベリーナイト・サーガ) 第6,9
音楽:Face 2 fAKE(過去作/電車男、小早川伸木の恋、全開ガール)
主題歌:サカナクション「モス」

今回は過去と現在を行き来してストレートな展開に!

前回が、15分拡大した上に引き延ばしと無駄が多くて残念な放送回だったのに対して、今回は無駄が削がれた上にストーリーが次週の最終回のために、過去と現在を行き来しながら少しずつ謎解きをして行くと言う意外にストレートな展開になって良かった。

本作は実にキャスティングが見事!

また、本作は実にキャスティングが見事で、例えば、華(深田恭子)の幼馴染の泥棒・円城寺輝役にダンサーの大貫勇輔さんを配置する拘り。今回では、やっと和馬(瀬戸康史)の母・ 美佐子役をマルシアさんが演じている意味が分かった。円城寺と美佐子のミュージカルの歌詞も斬新で楽しかった。

浜田晃さんの若い頃を、息子の浜田学さんが演じるなら…

そして今回では、現代と過去を描く過程で、女学生時代のマツ(深田恭子)を襲った謎の男役が浜田学さんで、謎の男ののちの姿である元警視総監・巻英輔役が “浜田学さんの実父” である浜田晃さんが演じていた。

だったら父子共演ってことで、麿赤兒さんの若い頃は大森南朋さんで、柄本時生さんなら柄本明さん…までキャスティングしていたら完璧だったかも(笑)

今回位に盛り込み過ぎの方が、本作らしい楽しさがある!

そして、今回で最も良かったのは、本作の最大の見所である「代々泥棒一家の娘と、代々警察一家の息子との許されない恋を描く、現代版 “ロミオとジュリエット”」に於ける、立場の違う華と和馬の切ないやり取りや、じれったい展開がしっかりと描かれたこと。

そして、現代版 “ロミオとジュリエット” に、刑事対泥棒の攻防戦を盛り込み、更に今回は、特に「Lの義賊」が義賊であることが強調された。その上、いろいろな作品へのオマージュやパロディーがふんだんに盛り込まれ、ぎゅうぎゅう詰め状態。

ここまで盛り込むと好みが分かれそうだが、私は最終回直前としては、この位の盛り込みが最終回への期待が高まって良かったと思う。この調子で最終回も、ぎゅうぎゅう詰めで楽しませて欲しい…

あとがき

昭和30年代の回想シーンが大正時代風にデフォルメされて映像化さえていたり、「花嫁を結婚式の最中に、花婿から奪うシーン」が有名な映画『卒業』をオマージュしたり、とにかく徹底的に作り込んでいるのが良いと思います。予告編で、巌(麿赤兒)が生きていたのも見せちゃってるし。

敢えてツッコミどころ盛り込んで、視聴者に楽しませる作風は楽しいです。最終回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」オリジナルサウンドトラック
ルパンの娘 (講談社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13267/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルパンの娘 第10話

華(深田恭子)の祖父・巌(麿赤兒)が死亡した?? 尊(渡部篤郎)によると、河川敷で発見された焼死体の名前「立嶋雅夫」が巌の偽名IDの名前だと言います。 しかし、悦子(小沢真珠)とマツ(どんぐり)は信じませんでした。 和馬(瀬戸康史)が焼死体事件の捜査に着手すると、鈍器のような物で殴られたことが直接の死因だと判明します。 和馬は「鈴木花」という偽名を辿って華と再会し、河川敷の事件現場に...

木曜劇場『ルパンの娘』第10話

内容“立嶋雅夫”の遺体が発見されたとニュースが流れた。尊(渡部篤郎)は、顔色を変える。巌(麿赤兒)が死んだと。ショックを受ける華(深田恭子)信じようとしない悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も死なないと言うが。。。一方、和馬(瀬戸康史)は、河川敷で見つかった焼死体事件の捜査をしていた。殴られたあとで、焼かれたと分かる。そして和馬は、先日の“鈴木花”の名前を辿り、華を見つけ出す。和馬は、現場に...

ルパンの娘 #10

『60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR