なつぞら (第148回・2019/9/19) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』の 『第148回』の感想。


 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


神楽坂の料理屋に行き、千遥(清原果耶)に手紙を渡したなつ(広瀬すず)。その後、「大草原の少女ソラ」を見た千遥と千夏(粟野咲莉)は、再びマコプロダクションを訪ねてくる。アニメを見て、改めてなつがどんなふうに育ってきたかを知ったという千遥に、料理を食べてみて、千遥がどれだけ誇りをもって料理をしているかを感じたと話すなつ。しかし、そんな千遥から突然、お店を辞めたいと思っていると打ち明けられて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「少しの間 千夏ちゃんもお願い」と なつに言わせておけば

※テレビは見ずに、当blogの感想だけ読んで下さっている読者さんが多そうなので、今回は状況説明を多めにしてあります(謝)

今日は朝から大忙しで(理由はあとで…)、やっと午後になって録画を見ることになったため、いつもの放送回よりも「穏やかな15分間であって欲しい」と願ったのだが、テレビの左上のデジタル時計が、また「8:04」なのに、気になる一言が、なつ(広瀬すず)からあった。

前回までに千遥(清原果耶)が女将を務める神楽坂の料理屋「杉の子」に行って手紙を渡した なつ(広瀬すず)。その後、なつが作画監督を務めるテレビアニメ『大草原の少女ソラ』を見た千遥と千夏(粟野咲莉)が、再びマコプロダクションを訪ねて来る。季節はコートを羽織る寒い頃。

そこで、麻子(貫地谷しほり)が「寒いから 中 お入んなさいな。優ちゃんも 中にいるから」と千夏をマコプロの中に招こうとする。その麻子の台詞を受けて、なつは「マコさん ちょっと すいません」と千遥と路地の突き当りで千遥と二人きりになる。

そこで、千遥から「あの店を やめようと思う」と打ち明けられ驚くと、マコプロの中から坂場(中川大志)が出て来る。まあ、一応仕事の締め切りが迫っているのに、妻がなかなか仕事場に戻って来ないのと、千夏が来たことから、何かあったと察知したのだろう。ここまでは良い。

そして、これは立ち話では済まないな…と察した なつが坂場にこう言う。これが気になった台詞。

なつ「ちょっとだけ 千遥と話す時間を頂戴」
坂場「分かった」
なつ「少しの間 千夏ちゃんをお願い」
坂場「うん 分かった」

これ、気にならないだろうか? 私は気になってしょうがない。私が脚本家ならば(そんなことは無いに決まってはいるが)「少しの間 千夏ちゃんもお願い」と書きたい。そう「千夏ちゃん “も”」って部分。

だって、まず、麻子自身が「優ちゃんも 中にいるから」と言っている訳だし、先日も麻子は自分は社長だからアニメ制作業務は直接やりたくない…的な発言もあったし、更にその発言の上に麻子が “子守り係” をやっているからマコプロの仕事が回っているのは、先日も描かれたばかり。

そして、何よりも確認すべきは、仕事中の なつが自身で優の “子守り” をやっていない訳だから、本当なら、回りくどい言い回しになるが、ど正解は「マコさんに 少しの間 優と一緒に千夏ちゃん “も” 見てもらえるように頼んでもらえないかな?」だと思う。確かに回りくどい。

しかし、ここで少なくとも「少しの間 千夏ちゃんもお願い」と、なつに言わせておけば、ほんの僅かだが “なつが子どもを気にしている” ように見える。これ、凄い大事なこと。だって、子どもたちのために素晴らしいアニメを創ろうとしている主人公とその仲間たちを描く朝ドラなのだから…

なつの「そう…しかたないよね」に同調しない千遥の生き様

で、鍵を開けた様子もないまま、なつが千遥を自宅に招き入れる。せめて、鍵を玄関脇に置く仕草でもあったら良かったと思う。だって、自宅には仕事を持ち帰っているのだから。まあ、いいや。

ここからは「千遥の身の上話」になるのだが、その前段として、なつの「生まれた時から 仕事ばかりしてて」、千遥は「私も同じ」と同調して、更に なつがこう言う。

なつ「そう… しかたないよね」

これの台詞に千遥は反応しなかった。ここからの「千遥の身の上話」には、おかしな点が幾つもある。例えば、この「しかたないよね」。このやり取りだけ見ると、千遥は「私も同じ」と反応していないから、「仕方ない」には同調していないと判断出来る。そりゃそうだ。

「優には 本当に我慢させてるんだ」と、まるで優を独りぼっちにさせて自分は形振り構わず仕事に集中して来たように聞こえるが、優は “母親である なつ” と(言い過ぎかも知れないが、生まれた頃から)疎遠なだけで、優自身は父親や茜(渡辺麻友)や下山(川島明)に可愛がられた。

その上、自分はいつもヘアスタイルもバッチリ決めて、汚れる可能性が高い作業現場のも、女性らしさを強調したメイクと衣装を身にまとっている。一方の千遥は化粧っ気もなく、地味な服装。確かに、20代前半の東洋動画に入社した時から、ど派手メイクと衣装だったが、なつの辞書には「年を重ねる」と言う単語は載っていないのか? と時々思う。

だから、千遥に「しかたないよね」と言っても、千遥には馬耳東風なのだと思う。

千遥が、なつに相談するのが早過ぎて不自然

ただ、清原果耶の芝居が上手いから見えづらいが、千遥の言動も十分におかしいのだ。いくら「本当の家族」とは言え、一度は捨てた兄と姉、そして 28年ぶりの再々会となったら、実質的に初対面みたいなものでは無いだろうか?

だったら、超疎遠だった なつに相談する前に、嫁入りした先方のことも知っている千遥の養母で、東京の置屋の女将・光山なほ子(原日出子)に一言相談するべきでは? 縁や義理を大切にしている設定の千遥にしては、不自然な言動だと思う。それでも、身寄りが無いから、千遥がたった一人の同姓の家族である なつに相談するのは、ギリギリセーフか?

いいや、やはり私には、もうワンステップあってから、身の上相談するべきだったと思う。だって、ただ「世間では有名な姉」と言うだけで、相談するには相手を知らな過ぎると思うのだ。

それこそ、一度、先日の「料理屋に来た変な人たち」と千遥と千夏で、何処かに出掛けるとかのエピソードでも良い。そこでの、なつの姿を見て「なつ姉ちゃんに相談しよう」と決心した…みたいなシーンが欲しかったってこと。

だって、千遥は石橋を叩いて渡るような部分と、いざとなったら飛び出して行く部分の両輪を持ち合わせた登場人物だから。なつみたいに、周囲の人たちに石橋をぶっ壊して貰って、自分が最初に堂々と我が物顔で渡って歩くような登場人物に相談するのは気を付けないと…

なつが、千遥の離婚の背中を押すのが早過ぎて呆れた…

僅か数分の千遥の身の上話を聞いただけで、千遥の旦那側の状況も良く分からなぬまま、なつは、こんな衝撃的なアドバイスを千遥にする。

なつ「千遥が分かれたいなら 別れていいと思う」

まあ、超好意的な脳内補完で、きっと、あの性格の千遥が店を捨ててまで離婚したいと思うのだから、今の夫が相当ダメ男だろうなと補強も出来る。しかし、なつが “離婚推奨” するのは、ちとやり過ぎのような。だって、時代は昭和47年(1974)年。

まだまだ今のように男女共同参画の時代じゃないから、離婚後の母と娘の生活のことなども考えた上で結論、と言うかアドバイスをするべきでは? 流石に「何でも話して」と二人が腰を据えて話し始めてから、たったの 3分間は早過ぎるって。

せめて、今回の編集で言うなら、9分過ぎの「千夏にまで うそをついて生きるのは もう嫌なんです」の少しあと辺りが、最適だったような。

千遥が胸に痞えていたものを全て吐き出したのを見届けて、「私は 堂々と生きられるようになりたい」のあとに、なつが「千遥が分かれたいなら 別れていいと思う」と言ったら、恐らく “頼もしいお姉ちゃん” に映った可能性はあると思う。

なつと咲太郎は、一体何を耐えたのか?

まあ、気になり始めると、全部が気になる。今回もやっと母子四人が正体を明かして、めでたしめでたしで終わるかと思ったら、14分過ぎに信哉(工藤阿須加)がこんなことを言って、咲太郎(岡田将生)となつが「うん…」と頷くシーンがあった。

信 哉「あれがあったから どんなことでも耐えられた」
咲太郎「うん…」
な つ「うん…」

信哉は、東京から北海道へ異動になったりと、脇役の割に主人公のために都合良く苦労があったが、なつと咲太郎は、一体何を耐えたのか? その前に、信哉に台詞で語らせるだけでなく、こう言う時こそ、戦中の幼少期の回想シーンを、モリモリに織り交ぜて描けば、信哉の台詞にも説得力が加わったと思う。

あとがき

先週あたりから、気のせいでしょうか、なつのアップが多くなったような気がします。座っているシーンも多いし、話しているだけのカットが多いせいもありますが。その “主演女優への配慮編集” のお陰で、ドラマ全体に動きが無くなりましたね。淡々と、荒唐無稽なお話が進んでいくだけ。

ここまで盛り上がらない朝ドラのラスト2週って、あまり記憶にありません…

今朝が忙しかった理由ですが、先日投降した『管理人が、2019年9月第2週の土日にブログをお暇した理由…』でも触れた、大腿部骨折をした義母の介護認定の調査に立ち会うために、片道2時間の義母の病院に行って来たことと、退院が9/21(土)に決まり、ヘルパーさん等の手配に奔走していたためです。やっと退院です。そして、大変なのはこれからです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13265/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95 96
第17週『なつよ、テレビ漫画の幕開けだ』
97 98 99 100 101 102
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』
103 104 105 106 107 108
第19週『なつよ、開拓者の郷へ』
109 110 111 112 113 114
第20週『なつよ、笑って母になれ』
115 116 117 118 119 120
第21週『なつよ、新しい命を迎えよ』
121 122 123 124 125 126
第22週『なつよ、優しいわが子よ』
127 128 129 130 131 132
第23週『なつよ、天陽くんにさよならを』
133 134 135 136 137 138
第24週『なつよ、この十勝をアニメに』
139 139 140 141 142 143 144
第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』
145 146 147

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自由>『なつぞら』第148話

​​​​​​​​​​家族を捨てた千遥は 耐える人生 家族になりたかった信哉は 仕える人生 奥原家に生まれたのは 奥原家と関わったのは 良かったのか悪かったのか… …ひじゅにですが何か? ​「明るくて優しい人だなと思いました」​by千遥 千遥の夫は高級料亭の次男坊。 長男の様には期待されず 長男よりは自由な立場で お金はあるから早くから芸者遊びを覚え それを通じて千遥を知り...

自由>『なつぞら』第148話

​​​​​​​​​​家族を捨てた千遥は耐える人生家族になりたかった信哉は仕える人生奥原家に生まれたのは奥原家と関わったのは良かったのか悪かったのか……ひじゅにですが何か...

連続テレビ小説『なつぞら』第148回

内容なつ(広瀬すず)を訪ね、“マコプロ”に千遥(清原果耶)がやって来る。なつは、先日の料理の感想を伝えると、千遥もまた、アニメーションの感想を伝える。すると千遥は。。。。敬称略あとはまあ。。。。“千遥物語”なのだけど。“また腕組み”ですか。。。。。これ、ズッとだよね?仕事をしているときも、家に居るときも。カタチだけでも箸を持っている時は、別だけど。。。。。やっぱり、行儀が良すぎるんじゃないの...

【なつぞら】第148回(第25週木曜日) 感想

…千遥と千夏(粟野咲莉)は、再びマコプロダクションを訪ねてくる。アニメを見て、改めてなつがどんなふうに育ってきたかを知ったという千遥に、料理…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR