●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

凪のお暇 (第8話・2019/9/6) 感想

凪のお暇

TBS・金曜ドラマ『凪のお暇』公式
第8話『ずっとあなたが好きだった』の感想。
なお、原作の漫画、コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)は未読。



慎二(高橋一生)は1週間の休暇を取り、ゴン(中村倫也)の部屋で居候を始める。慎二の思わぬ姿を知ったばかりの凪(黒木華)は、隣室に慎二がいることに動揺を隠せない。一方、ゴンはアパートを訪問中のママ(武田真治)に凪への思いを打ち明けていた。そんな折、凪と龍子(市川実日子)が共同経営するコインランドリーの契約締結日が正式に決定。同じ頃、凪の実家方面に台風が…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:コナリミサト「凪のお暇」(秋田書店「Eleganceイブ」連載中)
脚本:大島里美(過去作/早海さんと呼ばれる日、花燃ゆ、あなたには帰る家がある)
演出:坪井敏雄(過去作/花のち晴れ~花男 Next Season~) 第1,2,5,
   山本剛義(過去作/Nのために、夜行観覧車、コウノドリ2、グッドワイフ) 第3,4,6
   土井裕泰(過去作/重版出来!、カルテット、この世界の片隅に) 第7
   大内舞子(過去作/屋根裏の恋人の第6,7話のみ) 8
音楽:パスカルズ(過去作/情報無し)
主題歌:miwa 「リブート」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

人間ドラマとして深い… 深すぎる!

本作の感想だけは、今朝書いておきたくなったから、書く。
人間ドラマとして深い…。とにかく、深い。特に今回で “深堀り” されたのが、凪(黒木華)と凪の母・大島夕(片平なぎさ)との関係。個人情報だから、細かく言う事は差し控えるが、50歳を過ぎてもある、母と娘の確執って言うか、肉親や知り合いでも埋められない “深い溝” みたいなの。

嫌いな親がいる人は凪だけじゃない! それが悲しき現実だ!

本作の主人公・凪(黒木華)は、トウモロコシの粒粒が並んでいるのが苦手な “だけ” なのに、母は自分が勧めるトウモロコシに口を付けない娘に「凪のせいで死んじゃった…」と、こんなのを毎日繰り返した日々の中で、「母嫌い」を言えずに育ったから、“今の凪” が出来上がった。

きっと、凪だけじゃない。絶対に勝てない “嫌いな親” がいる人は若いとか中高年だとか関係なく、いると思う。でも、傍にいても解決策が見つけられない。それが、悲しき現実だ。

凪と慎二は"母親を心の根柢で愛している同志"だから…

でも、本作では、その解決札が慎二(高橋一生)には見えているのかも知れない。だって、慎二も凪も、母親を表面的には肉親ではいるものの、心の奥底、根柢の部分では好きだし、愛している “同志” だから。

今回の凪の身勝手な振り込みに対しては、賛否両論あるとは思うが、それが親と子の関係。切りたいのに、切れるのに、変われるのに、変わりたいのに、切れないし変われないジレンマと現実。今回は、それを丁寧に描いて、“今の私” の心にグサりと刺さった1時間だった。

あとがき

例えば「母親は大好きだけど、父親は嫌い」って、昭和を生きた娘は多いような気がします。徹底的に「男尊女卑」で兄や弟は溺愛され、姉や妹は蔑まれたような家庭が多かった。しかし、平成になって「友だちみたいな母と娘」とか「仲間同士みたいな父と息子」とか多く見かけます。

しかし、本作は、そんな令和の現代の「親子関係」に斬り込んで来ました。これは、私にとっては、かなりの衝撃。この先、どうなるか分かりませんが、凪と慎二には、幸せになって欲しい…それが、どんな形であっても。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
金曜ドラマ「凪のお暇」公式ヴィジュアルBOOK (書籍扱い)
TBS系 金曜ドラマ「凪のお暇」オリジナル・サウンドトラック
凪のお暇(1)(A.L.C・DX)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13224/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のお暇 第8話

凪(黒木華)に素直は気持ちを話した慎二(高橋一生)・・・ 慎二の家に来るはずだった円(唐田エリカ)は、漬物のぬか床を持って出て来る凪を見てしまって・・・ 翌日、出勤しようとする慎二はゴン(中村倫也)から、朝食を一緒に食べないかという連絡をもらいます。 迷った慎二は、生まれて初めて会社をさぼって、しばらくは慎二のお暇になります。 一方、凪はママ(武田真治)、杏(中田クルミ)、緑(三田佳...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR