●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ゲゲゲの女房:再放送 (第58,59回・2019/9/5) 感想

ゲゲゲの女房:再放送

NHK総合・連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』公式
第10週『こんちには赤ちゃん』の 『第58,59回』 の感想。


 私は本作を初見なので、ネタバレ等のコメントは無視します。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


【第58回】
「どうしても金の都合がつかない」と言う富田(うじきつよし)の頼みで、茂(向井理)の原稿料の支払いは先延ばしになってしまう。河合はるこ(南明奈)は茂の才能を尊敬しているが、はるこに気がある浦木(杉浦太陽)はそれが面白くない。茂は家のローンの支払いの代わりに、富田の約束手形を不動産屋に預けていたが、その手形が不渡りをだすことになってしまう。不動産屋は家の立ち退きを茂に要求する。

【第59回】
倒産した富田書房には茂(向井理)を含めた債権者たちが集まり、富田(うじきつよし)の責任を追及したが、金はまったく回収できない。茂はあちこちの出版社を回って注文をとり猛烈に描き続けたが、原稿料はますます安く、暮らしは厳しくなる一方だった。布美枝(松下奈緒)が結婚するときに母のミヤコが持たせてくれた着物も質に入れることになり、あまりの所得の低さに税務署から所得隠しの疑いをもたれる始末だった。
---上記のあらすじは[NHK番組表]より引用---

【第58回】

冨田が "貧乏神" のようにパターン化しているのが良い

これ、面白いね。冨田(うじきつよし)が登場すると、まるで “貧乏神” が現れて、茂の収入源に影響が出て、布美枝も困る…と言うのが、良い意味でパターン化しているのが。こんなのも連ドラならではの面白さだと思う。

「楽しみながら踏ん張る布美枝」が描かれた!

そして、季節が変わって、布美枝が茂の古いセーターを解いて、ドングリで染色して再利用と言う、貧しい生活の中での工夫が描かれた。いつぞやの、繕い物以上に本格的な「布美枝の節約」ではないだろうか。ストーブを付けていないのも。これ、誉め言葉だから。「貧乏は発明の母」なんて台詞もいい感じだ。

とにかく、丁寧に台詞だけでなく言動で貧しい生活と、それを楽しみながら踏ん張る布美枝が描かれたのは、本当に良かった。

棚にあったラジオは、どうしたの?

それにしても、前回で妊娠が発覚して、今回で妊娠8か月って、超時間経過に驚いた。ついでに、棚にあったラジオが無くなっていたが、質屋に入れたのか、売ったのか? ちょっと気になってしまった…

今回は、しっかりと “生活感” が描かれた

でも、茂の方は、家のローンの支払いに不動産屋を訪れた際に店主の内崎(田中要次)に、手形が不渡りになっていると聞かされ、立ち退きを迫られ、布美枝ははるこ(南明奈)との会話の中で、生活の苦しさを描いたのは評価できる。やはり、ホームドラマだから、しっかりと “生活感” を描くべきだと思うから。



【第59回】

貧乏神が俳優の実写版で登場したのには笑ってしまった

まさか、前回の感想で「冨田がまるで貧乏神のよう」で楽しいと書いたら、今回が茂のこんな台詞で始まるとは!

茂「貧乏神に取り憑かれとる」

それも、貧乏神(片桐仁)が俳優の実写版で登場したのには大いに笑ってしまった。こう言う水木しげるさんがモデルの朝ドラだからこそ出来る表現を、もっとやったら良かったのに。この貧乏神、今後も登場するのを期待したい。

久し振りに、質店店主の亀田達吉が登場

そして、中盤で久し振りに、質店店主の亀田達吉(徳井優)が登場した。実は(と言う訳ではないが)、この第59回の本放送時は、2010年6月1日 でちょうど放送開始から2か月経過した時点だ。これまでの2か月間の貧乏暮らしの表現と違い過ぎるのは気になるが、本来はこれが正しいのだから、ここは好意的な脳内補完で、良しとしよう…

あとがき

これまでの描写がウソのように「正しい貧乏暮らし」が描かれたと思います。もう少し前からやっていれば…と悔やまれます。まだ、半年の放送期間の半分以上は残っていますから、“まだ” 見捨てやしませんが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


Amazon | 本,ファッション,家電から食品まで | アマゾン


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13218/


【これまでの感想】

第1週『ふるさとは安来』
1 2 3 4 5 6
第2週『ご縁の糸』
7 8 9 10 11 12
第3週『たった五日で花嫁に』
13 14 15 16 17 18
第4週『さよなら故郷(ふるさと)』
19 20 21 22 23 24
第5週『花と自転車』
25 26 27 28 29 30
第6週『アシスタント一年生』
31 32 33 34 35 36
第7週『消えた紙芝居』
37 38 39 40 41 42
第8週『父の上京』
43 44 45 46 47 48
第9週『私、働きます』
49 50 51 52 53 54
第10週『こんちには赤ちゃん』
55 56 57

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR