●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

セミオトコ (第6話・2019/8/30) 感想

セミオトコ

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『セミオトコ』公式
第6話『6日目のセミ』の感想。



自らの体の異変を感じ始めたセミオ(山田涼介)は、由香(木南晴夏)やねじこ(阿川佐和子)、くぎこ(檀ふみ)らうつせみ荘の面々に自分の正体を明かそうとする。セミオの登場は、美奈子(今田美桜)や小川(北村有起哉)ら住人達に大きな変化をもたらしていた。そしてセミオの‘いのちの期限’が徐々に近づいてくる中、由香はセミオと最後の休日を満喫するため、2人きりのデートに出掛ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:岡田惠和(過去作/ひよっこ、ど根性ガエル、最後から二番目の恋)
演出:宝来忠昭(過去作/ヒモメン、僕の初恋をキミに捧ぐ、家政夫のミタゾノ3) 第1,2,5
   竹園元(過去作/明日の君がもっと好き、私のおじさ) 第3,4,6
音楽:agehasprings
主題歌:Hey! Say! JUMP「ファンファーレ!」(ジェイストーム)

セミオが正体を打ち明けるシーンは惹き込まれたが…

正体を打ち明けてからの、6年間うつせみ荘の近くで住人たちそれぞれの最初に聞いた声を話し出すシーンから、作品にグッと惹き込まれてしまった。

前回が、うつせみ荘の人たちの描写ばかりで不満だったが、今回は、正体を打ち明けたセミオ(山田涼介)と、セミオに恋する由香(木南晴夏)が物語の中心となり、セミオと由香を心配する脇役に、うつせみ荘の人たちが徹したのが良かった。やはり、ドラマの登場人物は主従関係を保つのは大事なことだから。でも、放送尺は脇役の方が多いと言う矛盾。

更に期待したラストデートも予想以上にベタ。それでも、丁寧に物語を描きつつ、主人公のセミオを際立たせている点は良かった。

あとがき

「7日目のセミ」が最終回でないのならば、今後どんな展開になるのでしょう。なんか、最終章直前になって引き延ばし感が増してきたような…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「セミオトコ」オリジナル・サウンドトラック
【メーカー特典あり】 ファンファーレ! (初回限定盤1+初回限定盤2+通常盤 3種セット) (『セミんぷぅ・ペアステッカー~あれもこれもセミも~』(オリジナル・ステッカーC)付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13194/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR