●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

なつぞら (第131回・2019/8/30) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第22週『なつよ、優しいわが子よ』の 『第131回』の感想。


 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


なつ(広瀬すず)が、茜(渡辺麻友)の家に預けている優を迎えに行く。すると茜の娘の明子の誕生日を一緒に祝いたいから家に帰りたくないと言われる。さらに、茜と一緒がいいと言われ、言葉を失うなつ。帰宅した坂場(中川大志)に、ずっと優を茜に預けてきたことの不安を口にするなつ。その夜、優のいない布団の中で眠れずにいたなつだったが、そこへ突然、電話が鳴り響き…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

なぜ冒頭から、なつは不貞腐れてるの?

主題歌明け。ねぇ? なんで、なつ(広瀬すず)は、不貞腐れてるの? 結論から言っちゃうと、娘の優が自分より茜(渡辺麻友)に懐いていることに “茜には嫉妬、優には怒り” を持ってるってこと? それで、夫のなつ(広瀬すず)より早く帰宅したのに夕飯も作らなかったってこと?

でも、ラーメンは食うんだ! 娘が気になって床に就けないかと思いきや、パジャマを着て布団に入るんだ! で、夜中に電話で叩き起こされて「迷惑ぅ~」って感じで、下山家のドアを開けるんだ!

これ、ただの、なつの自業自得じゃないの! 生後1年は、夫の坂場が子育てして、その後の保育園に通うまでの3年間の朝から晩までと、保育園入園後は午後6時から夜遅くまで、優を育てたのは茜だから、優が茜に懐いて、なつに懐かないのは当然でしょ。

全て、「なつの自業自得」でしょ

これが、例えば、休みの日には親子三人で公園で遊ぶとか、母子でお風呂に入るとか、そんな “なつの健気な努力” が描かれれば「自業自得」には見えないし、昨日に投稿した『朝ドラ「なつぞら」に"中高年層が共感し難い"と感じる理由を中年オヤジが考えてみた』になぞれば、中高年層は、そんな「仕事も育児も頑張るなつ」を見て、応援したいの。

なのに、なつが優に対してやった印象的な描写と言ったら、「優を産んだ」ことと、前回で「天才と褒めた」こと位。産む時だって、如何にも「子どもは私の仕事人生に於いて、大きな荷物」と言わんばかりの態度だったし、「天才」の時は「親バカ」を自他共に認めた。だから、完全に自業自得。

下山夫婦は"どえらい貧乏くじ"を引いたようにも見えるが…

下山夫婦は、下山(川島明)が “バリバリのなつアゲ要員” だから、妻の茜は連帯責任で、 “どえらい貧乏くじ” を引いて可愛そうでもあり、これまた自業自得な夫婦に映る。だって、昭和40年代初期も、令和の今も、他人の子どもを預かるのって、そんな簡単なことじゃないと思う。それを “お人よし” でやっちゃたのだから、自業自得。

いや、本当は下山夫婦まで、そう言う風には見たくないのだ。しかし、この描写では、優を甘やかし過ぎのように見えてしまっているのだ。

明子の誕生日のくだりは、こうしたら良かったのでは?

個人的には今回の明子の誕生日のくだり、こうしたら良かったと思う。寝床に入った時間に茜に電話させるのでなく、なつ自身がどうしても優が気になって眠る気になれず、寝床に入る前に茜に電話をして、そこで都合良く、優が「お母さんの所に帰りたい…」と泣いて、その鳴き声が電話口から聞こえて、なつと坂場が下山家に走って行く。

この位のご都合主義はやって良かったと思う。そうすれば、何となく、なつと優の母子の絆も、薄っすらではあるが描けたと思う。あとは、主演女優が、このような微妙な母心を視聴者に誤解させずに演じられるかどうかは不安しかないが…

なつ自身が仕事の効率化を図る努力をすれば良いだけのこと

で、今度は仕事のシーン。社長から次回作も作画監督を頼まれるが断るなつ。その理由が「保育園に優を午後6時に迎えに行きたいから、定時退勤したい」ってことらしい。なつは、社長らから昇給も言われて悩んでいるようだが、果たして悩む程のことだろうか?

だって、なつは才能があるんでしょ? なつにしか出来ない仕事なんでしょ? 絵の天才を産む程の才能があるんでしょ? そしたら、単純になつ自身が仕事の効率化を図る努力をすれば良いだけのこと。だって、これまでは仕事が時間内に終わらなくて、ずっと “持ち帰り残業” をしていたのだから。

だから、ここでも、しつこい位に描くのだ。 “なつの健気な努力” を。子どものために、これまで以上に “作画監督としてバリバリ働くなつ” を。NHKは「アニメーション製作は、そんな簡単じゃない」なんて外野の声は聞く必要ない。だって、なつ程度の人間が作画監督をやっているドラマなのだから、本作は何でもアリなのだ。

なつの "社長への直談判" の使い方が間違ってる!

また、女性アニメーターとして先駆者的な要素を持ち上げたければ、放送時期的にはドラマ『わたし、定時で帰ります。』の二番煎じにはなるが、なつが社長に「社員全員が定時で帰れる会社にしませんか!」と直談判させれば良い。直談判とは、こう言う時に使うべきだったのだ。

それに、東洋動画は最新のトレースマシンをいち早く導入する「先進的な企業」とも描いているのだし…

自分の個人的な意見を通すために “なつアゲ要員” を引き連れて、社長へ強引に要求を飲ませるようなことをするから、なつに共感出来ないのだ。社員みんなのために動くなつ…を描けば、自然と共感出来るキャラになったと思うが…

なつが"やらない言い訳探し"をしているようにしか見えない

それに、12分過ぎに仲(井浦新)が登場し、なつが「暴力を描くような作品には、もう関わりたくない」と言っていた。まあ、この言い分は少し納得出来る。

ただ、残念なことに、今回も含めて、ここ最近で描かれているなつは、子育てについては突然の茜の出産のせい、仕事については終業時間と作品の内容のせいにして、やならない、やりたくない言い訳探しをしているようにしか見えないのだ。

なのに、最後のナレーションでは、また引き受けることに。どうして、葛藤を描かないのか理由が分からない…

あとがき

最後の30秒になって、「今日は 公園で遊んでから帰ろうか!」とか「なつよ とにかく前を向いて歩いていこう」と言っても遅い。無計画に妊娠して、その後の育児は夫と茜に任せて、いざ不具合が起きたら他人のせいにする。これ、やはり、なつの自業自得です。

持ち帰り残業をしてやっとの思いで熟している仕事を、周囲に過大評価されているのに、「本当に自分には才能があるのか?」と自分自身を見直すことなく、悪いことは人のせいにして、いいとこどりだけしているヒロイン。今回のラストのなつなんて、そのような人間にしか見えなかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
『なつぞら』ヒロインモデル・奥山玲子の児童書が39年ぶりに復刊「新装版 おかしえんのごろんたん」
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13189/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95 96
第17週『なつよ、テレビ漫画の幕開けだ』
97 98 99 100 101 102
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』
103 104 105 106 107 108
第19週『なつよ、開拓者の郷へ』
109 110 111 112 113 114
第20週『なつよ、笑って母になれ』
115 116 117 118 119 120
第21週『なつよ、新しい命を迎えよ』
121 122 123 124 125 126
第22週『なつよ、優しいわが子よ』
127 128 129 130

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

だから何?>『なつぞら』第131話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​今日は体調がイマイチなので>まあ、しょっちゅうなんだけどね 家でグダグダしているのだが、そのおかげ(?)で 久しぶりに『あさイチ』を観た そしたら、今日のゲストは​広瀬すず​ まるで朝ドラの様な都合良さ>ぉ でも、最初の方はウッチャンの方がメインで それでも、所々に映る広瀬すずは なつより可愛い なつより感じ良い …と思ったんだけど 今日の坂場さんが...

だから何?>『なつぞら』第131話

​​​​​​​​​​​​​​​​​​今日は体調がイマイチなので>まあ、しょっちゅうなんだけどね家でグダグダしているのだが、そのおかげ(?)で久しぶりに『あさイチ』を観た...

【なつぞら】第131回(第22週金曜日) 感想

…茜と一緒がいいと言われ、言葉を失うなつ。帰宅した坂場(中川大志)に、ずっと優を茜に預けてきたことの不安を口にするなつ。その夜、優のいない布…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR