●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

監察医 朝顔 (第7話・2019/8/26) 感想

監察医 朝顔

フジテレビ系・月9『監察医 朝顔』公式
第7話『母の手がかり…朝顔は裁判で窮地に』の感想。
なお、原作の漫画、<原作・香川まさひと 絵・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)は未読。



里子(石田ひかり)がしていた手袋と骨らしき物が見つかり、平(時任三郎)は現地へ。DNA鑑定を待つ間、平は浩之(柄本明)と里子の捜索を行う。一方、朝顔(上野樹里)は、遺産目当てで夫を殺害した疑いがある亜里沙の裁判に出廷。死因の再鑑定結果を証言する。当初の鑑定とは違う結論に至った朝顔は病死ではないと話すが、亜里沙は朝顔を非難し、訴えると言い出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:原作・香川まさひと 画・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ(過去作/相棒シリーズ、フルーツ宅配便)
演出:平野眞(過去作/Chef~三ツ星の給食~、黄昏流星群) 第1,2,5,6
   澤田鎌作(過去作/CHANGE、不毛地帯、セシルのもくろみ)) 第3,4,7
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド)

「お仕事ドラマ」は、主人公の「公私」のバランスを巧みに描くべき

「お仕事ドラマ」の場合は、主人公の「公私」のバランスを巧みに描いてこそ、お仕事中の主人公が輝いて見える。仕事をする「公」の部分と、仕事をしていない「私」だ。本作の朝顔(上野樹里)で言えば、監察医が「公」で、妻や母や東日本大震災の被災者が「私」。

そして、今回は、「公」の部分が前半の33分まで。それも、確かに監察医の仕事の一部ではあろうが、映像的に容易に魅せることが出来る再鑑定シーンがバッサリとカットされ、裁判での証言シーン、謂わば立って喋っているだけ。その上、最終的な決定打となる証拠を持って来たのは、31分に現れた新任の検視官・丸屋(杉本哲太)。

調べたことを話すだけでなく、朝顔の再鑑定シーンが必要だった

上野樹里さんファンは出番が多くて大満足だと思うが、そうでない私には、監察医が1時間枠のドラマの半分以上を証言しているだけ、それも最後まで一人で証言して勝つのでないなら、いっそ、裁判のシーンは丸ごと無くても良かったように思う。だって、朝顔自身が言っていたように「私は 調べたことを話しただけ」では困るのだ。

これは、監察医・朝顔が主人公のドラマなのだ。だから、朝顔の再鑑定シーンが必要だったのに…

朝顔の「公私」の描写のバランスが悪過ぎる!

で、結局、全体の印象から言うと、全体のほぼ2/3を裁判シーンにした上に、前回のラストから描いている「里子(石田ひかり)がしていた手袋と骨らしき物が見つかった」くだりの印象が強くて、結果的に朝顔って何をやったの? って感じ。

前述の通りに、お仕事ドラマでは主人公の「公私」をバランス良く描くのが大事。なのに、仕事の部分が雑で、平(時任三郎)の東日本大震災の部分は、DNA鑑定を聞いただけ。バランスが悪過ぎる…

あとがき

時任三郎さんと柄本明さんの演技に助けられた1時間でしたね。この内容で「監察医のドラマ」と名乗るのは… まっ、この程度でも『月9』としては視聴率が良く、フジテレビも喜んでいるようなので、『月9』の神通力も弱まったものですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「監察医 朝顔」オリジナルサウンドトラック
監察医朝顔 1 (マンサンコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13173/


【これまでの感想】
第1話 第2話 振り返りSP 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

監察医 朝顔 第7話

朝顔(上野樹里)の元に、母・里子(石田ひかり)が東日本大震災の被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったとの連絡が入ります。 それは、朝顔が中学生の時に使っていた手袋でした。 知らせを受けた平(時任三郎)は、真也(風間俊介)に朝顔とつぐみ(加藤柚凪)を頼んで、東北へ向かいます。 そんな中、朝顔はある事件の控訴審に鑑定証人として出廷します。 マスコミも注目する裁判の被告・亜里沙(...

監察医 朝顔 第7話

内容朝顔(上野樹里)のもとに、仙ノ浦から電話がある。亡き母・里子(石田ひかり)のものと思われる手袋が見つかったと言う。かつて朝顔が着けていた物で、名前も記されていた。朝顔から連絡を受けた平(時任三郎)は、桑原(風間俊介)に朝顔を頼み、確認のため現地へ向かう。そんななか、朝顔は証人として、裁判に出廷する。“資産家不審死事件”と言われる裁判で、被告は、白川亜里沙(有森也実)3年前も、夫が亡くなり...

監察医 朝顔 #07

『母の手がかり…朝顔は裁判で窮地に』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR