●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ノーサイド・ゲーム (第7話・2019/8/25) 感想

ノーサイド・ゲーム

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』公式
第7話『引き抜き! 絶体絶命?男の覚悟に大号泣!!』の感想。
なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。


アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わり、持ち味が全く違うものの、浜畑(廣瀬俊朗)とポジション争いをすることに。そんな中、津田(渡辺裕之)が秘密裏にアストロズのある選手に接触する。一方、君嶋(大泉洋)は、数年前のタンカー座礁事故とカザマ商事の扱うバンカーオイルの関係について本格的に調査を開始。トキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に連絡を取る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,3,4,5,6,7
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,5
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第3,4,7
   平野俊一(過去作/S最後の警官、カンナさーん、インハンド) 第6
音楽:服部隆之(過去作/半沢直樹、下町ロケット、陸王)
主題歌:米津玄師「馬と鹿」(ソニー・ミュージックレコーズ)

「スポーツ熱血ドラマ」を観る醍醐味を感動的に魅せた!

世界を目指すためにライバルのサイクロンズへの移籍を決めた、まだ若い里村(佳久創)の “男の決断” と、ベテラン選手の浜畑(廣瀬俊朗)がアストロズのメンバーを招集して、里村の “男の決断” の真意を伝え、アストロズがチームとして心一つになって行くチーム会議の場面は感動的だった。

「スポーツ熱血ドラマ」としては典型的な展開だが、またそこが良い。別に捻りなんていらない。ただ、強い相手に勝って、更に自分を強くしたいと言う率直な思考回路をしっかりと描いくことこそ、「スポーツ熱血ドラマ」を観る醍醐味だから。

「スポーツマン・シップ」と言う美しい精神が心に響いた!

里村の “男の決断” を受け入れ、その上で自分たちのチームや自分自身を鼓舞させた岸和田(高橋光臣)たちを、ずっと黙って見ていた君嶋(大泉洋)の言う台詞が良かった。

君嶋「君達は 人がよすぎる
   勝つための戦略として 間違ってる
   だが 私も賛成だ
   これが アストロズの戦い方だな」
一同「はい!」

そして、「移籍承諾書」を里村に手渡すアストロズの面々。スポーツと縁遠い私にとって、こう言うのが「スポーツマン・シップ」と言う美しい精神なのだろうと、心に響いた。

終盤の里村の"男の決断の真意"を君嶋に語る柴門は秀逸!

とにかく、ベタな展開なのだが、ちゃんと筋が通っているから、全く不満はない。特に終盤での、この柴門監督(大谷亮平)の言葉で、里村の “男の決断” が単なる自身の向上のためでだけでなく、アストロズの向上のためでもあったことが語られた。

柴門「このチームには里村よりも
   佐々のプレースタイルのほうが合ってるんだ
   それを誰よりも分かっていたのが
   他でもない 里村だったんだよ
   (中略)
   優勝争いをするチームから
   本当に優勝するチームになるかもしれない」

ラストの君嶋家の場面は、本作の一服の清涼剤になっている

ラストの君嶋家のシーンも良かった。相変わらずの毒舌な妻・真希(松たか子)と家では妻に頭が上がらない君嶋の夫婦のやり取りでは、互いの夫婦愛を感じ取れるし、息子たちとのやり取りもホッと出来る。緊張感高まる展開のあとの “一服の清涼剤” 的な癒しの場面。このメリハリが月曜日からの元気の活力になるのだ。

あとがき

次回は、全体的に強いチームになったからこそのチーム内のポジションの奪い合いと、これまで今一つドラマの中で存在の必要性が見えなかった滝川(上川隆也)が動き出すようだ。折角、上川隆也さんを配置しているのだから、もう少しドラマ的に活用したら良いのに。だって、滝川の存在こそが、君嶋のパワーの源なのだから。次回にも大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」オリジナル・サウンドトラック
ノーサイド・ゲーム
【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (内容未定特典付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13170/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーサイド・ゲーム 第7話

君嶋(大泉洋)がGMを務めるアストロズに、七尾(眞栄田郷敦)が加わります。 スピードとテクニックを誇る七尾は、浜畑(廣瀬俊朗)と同じポジションの選手でした。 しかし、浜畑と里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていました。 そんな中、ライバルチームのサイクロンズの監督・津田(渡辺裕之)が秘密裏に浜畑と接触します。 一方、君...

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第7話

内容本社への誘いを断った君嶋(大泉洋)は、七尾(眞栄田郷敦)が加わった新生アストロズで、優勝を目指しはじめる。そんななか君嶋は、浜畑(廣瀬俊朗)の引き抜きの噂を聞く。それも、相手は、サイクロンズだという。開幕直前の噂話に、君嶋は、浜畑の説得を試みたところ、残留の意思を知る。だが、その直後、信じられない事態が発生する。里村(佳久創)がサイクロンズへの移籍などを君嶋に告げにやって来たのだ。完全に...

ノーサイド・ゲーム #07

『引き抜き!絶体絶命 男の覚悟に大号泣!!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR