監察医 朝顔 (第6話・2019/8/19) 感想

監察医 朝顔

フジテレビ系・月9『監察医 朝顔』公式
第6話『新章開始! 朝顔は母に…。夫婦殺人事件に挑む』の感想。
なお、原作の漫画、<原作・香川まさひと 絵・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)は未読既読。



自宅で夫婦の遺体が見つかった。現場へ赴いた朝顔(上野樹里)は、新任の検視官・丸屋から実況見分を統括するのは自分だと厳しく注意された上、2人の所見は割れてしまう。朝顔は妻の肋骨骨折の原因を探り始める。一方、平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、同居する第一発見者で次女の友里と、長女で寮住まいの看護学生・美咲から聴取。桑原は、友里の服装が気に掛かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:原作・香川まさひと 画・木村直巳 監修・佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ(過去作/相棒シリーズ、フルーツ宅配便)
演出:平野眞(過去作/Chef~三ツ星の給食~、黄昏流星群) 第1,2,5,6
   澤田鎌作(過去作/CHANGE、不毛地帯、セシルのもくろみ)) 第3,4
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド)

序盤から若夫婦家族とじぃじの同居風景をまとめたのは正解

序盤から中盤にかけて、「これでもか!」と言わんばかりに「5年間の時間経過」を主人公・朝顔(上野樹里)と、夫・桑原(風間俊介)と、4歳の娘・つぐみ(加藤柚凪)と、朝顔の実父・平(時任三郎)の若夫婦家族とじぃじの同居風景をまとめて描いたのは、少々食傷気味ではあったが、それをやり切ったことで、中盤以降は自然に「5年間の時間経過」を受け入れられた。

これは、脚本家と演出家の英断だったと思う。やはり、やるなら徹底的にやらないとダメ。本作がこれまで面白くなかったは、あれこれ詰め込むだけ詰め込んで、個々のエピソードが中途半端だったからなのだから。

検視官・丸屋の登場で「主人公が監察医に見えるドラマ」に!

さて、今回でもう一つ褒めたいのは、新たな検視官・丸屋(杉本哲太)の登場で、本来描くべき「監察医のドラマ」になったこと。おっと、正確に言えば、「主人公が監察医に見えるドラマ」になったことだ。

丸屋の登場で、監察医と検視官と警察の連携が描かれ、更にそれぞれの役割も明瞭になって、とても内容が分かり易くなった。最初から丸屋を登場させておけば、第5話までの中途半端さは払拭出来たと思う。

相変わらず「事件の謎解きの面白さ」は大いに物足りない!

ただ、残念なのは今回も、監察医ドラマの醍醐味である「事件の謎解きの面白さ」は、相変わらずお涙頂戴意識が強い内容で、実は良く分からぬ事件だったこと。夫を殺した母親が自ら命を絶った。ここまでは分かるが、それを死亡時刻まで娘たちが偽装工作する意味が分からなかった。

それも、室内温度で死亡時刻を誤魔化すなんて使い古されたネタだし。やはり、事件のなぞ解きをもっと新鮮で見応えのある内容にして貰いたい。

あとがき

1つのドラマに、朝顔のホームドラマ、朝顔親子の震災ドラマ、監察医・朝顔のドラマの 3つを盛り込みすぎなのは、もう諦めています。従って、あとは全体のバランスと、タイトル通り「監察医・朝顔のドラマ」のパートを面白くするべきです。

本作がそこそこ高視聴率なのは、好意的な脳内補完で、頭の中で適当に取捨選択して再構成しているからだと思います。本来、そんな事をさせる必要が無いのがテレビドラマ。その意味で、今回は、これまでの中では、マシだったと思います。次回で、再び「朝顔親子の震災ドラマ」が大幅に割り込んで来ないのを祈るばかりです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「監察医 朝顔」オリジナルサウンドトラック
監察医朝顔 1 (マンサンコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13147/


【これまでの感想】
第1話 第2話 振り返りSP 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

監察医 朝顔 第6話

朝顔(上野樹里)は、夫・真也(風間俊介)、4歳になる娘・つぐみ(加藤柚凪)と共に、万木家で幸せな日々を過ごしていました。 平(時任三郎)も良いおじいちゃんをしています。 この5年の間に、法医学教室ではいくつかの変化がありました。 藤堂(板尾創路)は、著書がベストセラーになったことで世界各地を飛び回っている絵美(平岩紙)との夫婦格差を嘆いていて、医師となった光子(志田未来)は、朝顔たちの...

監察医 朝顔 第6話

内容桑原真也(風間俊介)は、妻・朝顔(上野樹里)、4歳の娘・つぐみ(加藤柚凪)と朝顔の実家で、平(時任三郎)と幸せな日々を送っていた。その日の朝も、皆のために、朝食と弁当づくりをする真也。遅れて目覚めた朝顔も協力し。。。平は、孫娘・つぐみと。。。。茶子(山口智子)の法医学教室も、少し変化が。妻・絵美(平岩紙)の著書がベストセラーになり、世界へ。夫・藤堂(板尾創路)とは、格差が生まれていた。か...

監察医 朝顔 #06

『新章開始!朝顔は母に…。夫婦殺人事件に挑む』

監察医 朝顔 第6話

監察医 朝顔の第6話を見ました。 朝顔は夫の桑原、4歳になる娘のつぐみとともに朝顔はの実家・万木家で幸せな日々を送っている。 朝顔の父・平も目に入れても痛くないほど孫娘のつぐみを可愛がっていた。 この5年の間に茶子が主任教授を務める興雲大学法医学教室にもいくつかの変化があった。 ベテラン法医学者の雅史は著書がベストセラーになったことで世界中を飛び回るようになった法歯学者の・絵美との夫婦...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR