ノーサイド・ゲーム (第6話・2019/8/18) 感想

ノーサイド・ゲーム

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』公式
第6話『本社復帰のチャンス?涙! 最後の決断とは』の感想。
なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。


リーグ戦が幕を閉じ、君嶋(大泉洋)は来年度の予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、滝川(上川隆也)から全面的に否定される。社長・島本(西郷輝彦)のとりなしで辛くも承認されたが、「アストロズ」を取り巻く環境は厳しいままだ。数日後、君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に呼ばれ、経営戦略室への復帰を打診される。脇坂は滝川の勢いをそぎたいと考えていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,3,4,5,6
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,5
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第3,4
   平野俊一(過去作/S最後の警官、カンナさーん、インハンド) 6
音楽:服部隆之(過去作/半沢直樹、下町ロケット、陸王)
主題歌:米津玄師「馬と鹿」(ソニー・ミュージックレコーズ)

唯一の不満要素の"滝川の存在"が描かれ、完成度が高まった!

本作には、ほぼ不満らしきものは無かったのだが、唯一の不満が滝川(上川隆也)をもっと物語に絡め、ビジネスドラマとしての要素を面白くしてほしい… それが不満だった。

しかし、今回は企業買収の部分で、滝川の思惑が「アストロズ」の存続の是非だけでなく、「アストロズ」のオーナーである「トキワ自動車」の未来までも左右する異なることが描かれた。もう、これだけで本作の完成度は更に高まった。

君嶋の木戸への一撃のこの台詞が、スカッとした!

また、相変わらず、物語は主人公である君嶋(大泉洋)を中心に描かれ、今回はプラチナリーグ自体の立て直しを再考し、日本蹴球協会に改革を訴え出ると言う「新たな君嶋の戦い」が始まった。日本蹴球協会プラチナリーグ担当専務理事であり実務のトップを担う木戸(尾藤イサオ)への、この一撃なんて、どんなにスカッとしたことか。

君嶋「私はラグビーの素人です。
   権威に逆らって この世界から追放されたとしても
   痛くも痒くもない。
   そもそも 私は ラグビー自体 好きではないんでね」

「君嶋の勝ちへの止まらぬ挑戦」がブレずに描かれ、お見事!

今回は、「アストロズ」のNO.8・本波(天野義久)の引退に始まり、君嶋が元上司・脇坂(石川禅)に本社の経営戦略室への復帰を打診され、日本蹴球協会との戦い、そして、君嶋の再起のキーパーソンとなりそうな新メンバーの七尾(眞栄田郷敦)の登場と盛りだくさんだったが…

前述の通り、しっかりとドラマの背骨は「君嶋の勝ちへの止まらぬ挑戦」を描き切った。そこへ、ちゃんと君嶋の家族まで盛り込んで。月曜日からのエネルギーを貰った『ノーサイド・ゲーム』の第6話だった。

あとがき

視聴率的には、10~11前後を行ったり来たりですが、この位の仕上がりの良いラグビードラマであれば、TBSはもっと番線をしたら、今年のラグビー人気に乗って視聴者も増えるのではないでしょうか。これは、劇中の「君嶋の戦略」と繋がる点がありますね。出来ることは、やってみる…と言う。

特に、ラグビーど素人でもルールや楽しさが分かることを前面に押し出せば、もっと話題になると思います。何となく癖のある作品ではありますが、しっかりと作り込まれた、スポーツドラマとして、世間の評判がいまいちなので何とか盛り上がって欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」オリジナル・サウンドトラック
ノーサイド・ゲーム
【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (内容未定特典付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13145/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーサイド・ゲーム 第6話

リーグ戦を2位という好成績で終えたアストロズですが、君嶋(大泉洋)の顔は渋い・・・ 優勝という目標を達成できなかった上に収支も改善できず、役員会議では全社的な予算圧縮を目論む滝川(上川隆也)から、来年度の予算を全否定されてしまいます。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで予算は承認されますが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままでした。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は、経営戦略...

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第6話

内容サイクロンズに惜敗。アストロズは優勝を逃す。観客動員数は増え、2位という成績を残すも、収支は僅かに上向いただけ。本社の滝川(上川隆也)らは厳しかった。絶望的な思いになる君嶋(大泉洋)すると島本社長(西郷輝彦)の一言で、とりあえず存続は決定したが。社長の進退がかかる状態で、予算は取れたが、ラストチャンスだと感じる君嶋。そんな折、君嶋が懇意にする上司の脇坂(石川禅)から、本社復帰の打診がある...

ノーサイド・ゲーム #06

『本社復帰のチャンス 涙!最後の決断とは』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR