ルパンの娘 (第6話・2019/8/15) 感想

ルパンの娘

フジテレビ系・木曜劇場『ルパンの娘』公式
第6話『別れる宿命の二人!華を襲う命の危機に和馬は…』の感想。
なお、原作の小説、横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)は未読。


元気がない華(深田恭子)の様子が気に掛かる尊(渡部篤郎)は美術展の高価な絵を盗む計画を立てる。極悪な国際窃盗団との対決になる危険な任務に、華も参加するという。だが、和馬(瀬戸康史)との出来事で気もそぞろな華を、尊は計画から外す。一方、和馬はエミリ(岸井ゆきの)と出掛けることに。そんな中、和馬らに‘Lの一族’逮捕の極秘指令が下り、和馬は美術展に向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:横関大「ルパンの娘」(講談社文庫)
脚本:徳永友一(過去作/グッド・ドクター、海月姫、僕たちがやりました、ストロベリー・サーガ)
演出:武内英樹(過去作/デート~恋とはどんなものかしら、カインとアベル) 第1,2,5
   品田俊介(過去作/探偵の探偵、ナオミとカナコ) 第3,4
   洞功二(過去作/カインとアベル、ストロベリーナイト・サーガ) 6
音楽:Face 2 fAKE(過去作/電車男、小早川伸木の恋、全開ガール)
主題歌:サカナクション「モス」

コミカル要素を少し封印し、サスペンスとシリアスを強めの新章の始まり!

前回のラストで、和馬(瀬戸康史)が華(深田恭子)の正体を知り、和馬は刑事として、華は泥棒として、仕事を全うする姿を描くことで始まった第6話。演出家も本作初担当の洞功二氏に交代し、全体的にコミカルな要素をちょっぴり封印して、サスペンスとシリアス要素をちょっと強めにし、新展開、新章の始まり…と言ったところだろう。

和馬と華の仕事が丁寧に描かれ、本来の面白さも戻って来た

これまでも、本作には大きな不満は無かったが、今回位に、和馬と華の仕事が丁寧に描かれると、本来の面白さが戻って来た感じで嬉しい限りだ。そして、和馬が父の「嘘の本質を見抜くのが本物の刑事」と言う教えに胸に、華に再プロポーズ。本当に良く出来ていると思う。

あとがき

和馬に花の正体がバレるのが第5話で、残りの5話程度をどんな構成で見せてくれるのかと思いきや、早速、再プロポーズで、次回は結納。正に、「代々泥棒一家の娘と、代々警察一家の息子との許されない恋を描く、現代版 “ロミオとジュリエット” 」になっていて、素晴らしいです。

また、今回は瀬戸康史さんのアクションシーンもカッコ良かったです。それにしても、予告編が気になってしょうがないです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」オリジナルサウンドトラック
ルパンの娘 (講談社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13133/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルパンの娘 第6話

自分がLの一族だと和馬(瀬戸康史)に知られた華(深田恭子)は、結婚などあり得ないと嘆き悲しみます。 そんな中、渉(栗原類)が新たなターゲットを発見します。 政務活動費を使い込んで辞職した悪徳政治家が所有する名画が、美術館に無償で貸し出されたのでした。 この名画はブラックマンバという国際窃盗団も目を付けていましたが、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は気にもせずに下見に行...

木曜劇場『ルパンの娘』第6話

内容華(深田恭子)は、“Lの一族”だと、和馬(瀬戸康史)に知られてしまった。苦悩する中、華は、渉(栗原類)が見つけてきた新たな仕事への参加を決意。それは、国際的窃盗団が狙っているという絵画だった。尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)と下見へ。が、テントウムシがセキュリティーに引っかかるだけでなく。和馬のことが頭から離れない華が、回収をミスしそうになってしまう。なんとか、逃亡に成功し...

ルパンの娘 #06

『別れる宿命の二人!華を襲う命の危機に和馬は…』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR