なつぞら (第113回・2019/8/9) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第19週『なつよ、開拓者の郷へ』の 『第113回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


雪次郎(山田裕貴)に呼び出され、なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)、天陽(吉沢亮)、そして夕見子(福地桃子)までもが雪月に集まった。そこで雪次郎は、雪月で初めて自分が考案したお菓子の新作を一同に披露する。雪次郎に促されるまま、十勝の素材で作ったお菓子を口にする一同。その瞬間、普段は厳しい夕見子までもがお菓子を絶賛する。そして父の雪之助(安田顕)も食べてみるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最初から雪次郎と夕見子の「北海道のスイーツ発祥・朝ドラ」で…

本日は、本気で簡単感想で。これ、相当に再構成が必要だし、最初から、こうやっていれば…と言う次元の話だが…

なつ(広瀬すず)のアニメーターになる話は脇役のエピソードにして、『マッサン』と内容的に被ると言う問題は払拭出来ないが、初めから、雪次郎(山田裕貴)が北海道のお菓子文化の立役者で、その夫を支える妻・夕見子(福地桃子)の夫婦二人三脚の『北海道のスイーツ発祥 朝ドラ』で良かったんで無いの?

その方が、出演者の演技力とキャラの個性から、今流行のスイーツを題材にした朝ドラになったかも知れない。ホント、今更だが。

あとがき

完全に主人公夫婦が存在しなくても成立する15分間でした。まさか、主人公を脇役以下の扱いにして、平気な脚本家と演出家がいるとは思いませんでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13108/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95 96
第17週『なつよ、テレビ漫画の幕開けだ』
97 98 99 100 101 102
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』
103 104 105 106 107 108
第19週『なつよ、開拓者の郷へ』
109 110 111 112

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おバタ餡サンド>『なつぞら』第113話

​​​​​​​​なな何と 今日の今日まで“雪月”モデルは“六花亭”で やがて作られるであろうお菓子は マルセイバターサンド と思い込んでいたのに “柳月”の​あんバタサン​だったとは!? 考えたら店名はこっちの方が似ているな(笑) まあ、両社をミックスさせたってことなんだろうけど 今回のこれって、もしかして大森式ミスリード? こーいう遊びも良いけど ←決め付けている その分もっと、お...

おバタ餡サンド>『なつぞら』第113話

​​​​​​​​なな何と今日の今日まで“雪月”モデルは“六花亭”でやがて作られるであろうお菓子はマルセイバターサンドと思い込んでいたのに“柳月”の​あんバタサン​だった...

連続テレビ小説『なつぞら』第113回

内容雪次郎(山田裕貴)は、自分が考えた新しい菓子“おバタ餡サンド”をなつ(広瀬すず)たちに披露する。なつたちには好評。すると、雪之助(安田顕)が。。。。敬称略もう、どういう評価をして良いかが分からないのが今作。いま現在でも、先日から始まった農協の騒動、雪次郎の菓子も含めて、ただの“脇役”の話。今作的には、盛り上げているつもりなのだろうけど。正直、劇中の農協のことにも興味がなければ、雪次郎のこ...

【なつぞら】第113回(第19週金曜日) 感想

…そして夕見子(福地桃子)までもが雪月に集まった。そこで雪次郎は、雪月で初めて自分が考案したお菓子の新作を一同に披露する。雪次郎に促されるまま…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR