ノーサイド・ゲーム (第4話・2019/8/4) 感想

ノーサイド・ゲーム

TBSテレビ系・日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』公式
第4話『リストラに負けるな 仲間を信じて戦え!』の感想。
なお、原作の小説、池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)は未読。


君嶋(大泉洋)は社会人ラグビーを周知させ「アストロズ」の集客につなげようと、出版社に企画を売り込む。会社ではゴルフ場の商談が白紙になったのは佐々(林家たま平)が先方の青野(濱津隆之)を怒らせたせいと噂され、アストロズは肩身が狭い。さらに選手層の薄さが響き浜畑(廣瀬俊朗)らに疲労が蓄積。君嶋は入社志望の元選手・七尾(眞栄田郷敦)を勧誘する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」(ダイヤモンド社)
脚本:丑尾健太郎(過去作/小さな巨人、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2,3,4
演出:福澤克雄(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第1,2
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット)) 第3,4
音楽:服部隆之(過去作/半沢直樹、下町ロケット、陸王)
主題歌:米津玄師「馬と鹿」(ソニー・ミュージックレコーズ)

きっちりと君嶋の「アストロズ」の成功への執念を中心に描いた!

「ついに」と言うか、社会人スポーツを扱ったドラマなら、ほぼ間違いなく描かれる「仕事とスポーツの両立の困難」のエピソードが、第4話で描かれた。まあ、正直言うとベタなお話だ。これと言った新鮮味もない。

しかし、本作は、当blogで幾度も書いて来たように、ただただひたすらに丁寧に人間を描き「ドラマ」を構築している。何を描こうとも、きっちりと主人公の君嶋(大泉洋)の「アストロズ」の成功への執念を中心に描いている。これがある限り、本作が面白く見応えがあるのはブレないと思う。

「縁の下の力持ち」がいてこそ、表舞台が輝ける!

そして、スポーツと全く縁のない私が、今回で描かれた佐々(林家たま平)の “ラグビーへのひたむきさ” に感動した。また、落語ファンなら、佐々を演じる 25歳の林家たま平さんが、明治大学付属中野中・高校時代にラグビー部に所属したのは有名な話。従って、まだ身体もラガーマンに見えるから、余計に佐々に感情移入してしまった。

「縁の下の力持ち」がいてこそ、表舞台が輝ける。そんなスポーツ全般、いや様々な職場や学校でも言えることを、煽りの演出も、奇を衒う展開も加えずに描き切ったのは、お見事だ。

贅沢を言えば、より滝川の君嶋への絡み方を工夫して欲しい

ただ、第4回ともなると、褒めるばかりとはいかなくなる。「もっと、ああしたら良いのに…」が見えて来てしまった。それが、珍しく上川隆也さんが悪役、敵役を演じている「トキワ自動車」常務取締役営業本部長・滝川の描き方だ。ここが、毎回似たような映像とエピソードになっているのだ。

この点は、前期の『集団左遷!!』で三上博史さんが演じた、三友銀行本店で第1話から「常務取締役 人事担当→専務取締役→副頭取」と昇進し、最後は解任された横山の描き方に似ていて、マンネリ化と物足りなさの原因になる可能性があると思うのだ。

だから、もっと滝川の君嶋への絡み方を工夫して描いてくれたら、もっと面白い「低迷ラグビー部とともに再起に懸ける男の奮闘物語」になると思う。

あとがき

本当に良く出来ている連ドラだと思います。低迷する社会人ラグビー部「アストロズ」と、滝川らにやりこめられる君嶋の再起を、巧みに同時並行に描きながら、どちらも面白く描きつつ、しっかりと主人公のドラマに仕立てるのに成功しています。現状でも不満はほぼありませんが、もっと滝川を、上川隆也さんを巧く使って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ノーサイド・ゲーム
【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (内容未定特典付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13096/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーサイド・ゲーム 第4話

君嶋(大泉洋)は、本社に呼び出され、その時にプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告しますが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねて来ます。 それを聞いた君嶋は気を引き締めて、さらなる勝利と集客を誓います。 君嶋は以前のツテをを使い、アストロズにビジネス誌の取材を持って来ます。 レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしな...

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』第4話

内容リーグ戦が始まったアストロズ。君嶋(大泉洋)や選手たちの努力の甲斐もあり、思った以上の観客の中で開幕。柴門(大谷亮平)の指導と、練習の成果が出て勝利する。早速、滝川(上川隆也)へ報告に向かったのだが、厳しい言葉が投げかけられる。本当にチームは必要なのかと?第2戦以降、アストロズは勝利するも、ホームではないため観客は少なく。ホーム近くのグラウンドでも、客が入らなかった。そんななか、選手のひ...

ノーサイド・ゲーム #04

『リストラに負けるな 仲間を信じて戦え!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR