それぞれの断崖 (第1話[全8話]・2019/8/3) 感想

それぞれの断崖

東海テレビ制作・フジテレビ系・オトナの土ドラ『それぞれの断崖』公式
第1話[全8話]『絶対にお前を許さない!父の叫び』の感想。
なお、原作の社会派ミステリー小説、小杉健治「それぞれの断崖」(集英社文庫)は未読だが、テレ東で 2000年に三浦友和さん主演で放送された連ドラ版は見た記憶がある程度。



コンピューター会社で働く志方(遠藤憲一)の中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)が家庭内暴力を振るうようになった。志方も妻・雪子(田中美佐子)ら家族も原因が分からず、頭を悩ませる。そんな中、志方は恭介の同級生・満(清水大登)と出会う。満は母・はつみ(田中美里)と2人暮らしだという。翌晩、志方が深酒をして帰宅すると、警察から信じがたい知らせが届く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:雫井脩介「それぞれの断崖」(小説)
脚本:洞澤美恵子(過去作/はぐれ刑事純情派シリーズ)
演出:村松弘之(過去作/五つ星ツーリスト、ドクターカー、家族の旅路) 1
   藤木靖之(過去作/花の咲く家、誘惑の夏、真夜中は別の顔)
   遠藤光貴(過去作/ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~)
音楽:羽岡佳(過去作/GTO、特命刑事 カクホの女、主婦カツ!)
主題歌:Angel/CHEMISTRY

原作が旧少年法の1998年と古いのが気になるが…

何せ、原作が刑事罰の対象年齢が 16歳以上だった旧少年法(現在は 14歳以上)の 1998年と言う21年も前の設定のため、どう令和の時代に合わせるのか期待と不安で見始めたのだが、やはり、遠藤憲一さん主演ドラマだから期待が高まる訳で。

2000年放送のドラマは、同級生に殺害された息子の無念を晴らすため、身分を偽って加害者の母に近づいた被害者の父親が「禁断の愛」に翻弄され、愛憎や葛藤を描く少犯罪を扱った社会派ミステリーだった。

旧少年法より、全体の映像の時代が古過ぎる!

心配していた旧少年法の部分は、満(清水大登)が中学2年生と言う設定になっていたが、それほど気にならなかった。ただ、全体的に描かれた映像の中の時代が古過ぎるような。平成と言うよりも、昭和の何とかサスペンス劇場を見ているような古さ。ここが一番気になった。

俳優陣の演技が素晴らしく、すぐに作品に惹き込まれた!

しかし、その古臭さを除けば、かなりドラマへ惹き込まれた。特に、今回は「起承転結」の「起の起」であり、まだどうなるのか分からないのに、俳優さんたちの演技が素晴らしく、登場人物たちへの感情移入がすぐに出来たのは褒めたいところ。

もちろん、俳優だけでなく、脚本と演出の力も合わさっての仕上がりなのだが。あまり世間では話題になっていない作品だが、先が気になるので第2話も見てみようと思う。

あとがき

もう少し、現代風な部分を映像に取り込んだら良いと思います。その方が、本作が描こうとしている「少犯罪を扱った社会派ミステリー」に近づく気がします。暫く、様子見します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
それぞれの断崖 (集英社文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13093/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトナの土ドラ『それぞれの断崖』第1話

内容志方恭一郎(遠藤憲一)は、息子・恭介(渡邉蒼)の家庭内暴力に、頭を悩ませていた。妻・雪子(田中美佐子)長女・真弓(仁村紗和)は、良いところもあると言うが、次女・真紀(永瀬莉子)は不安を感じていた。もうすでに1か月、家に引きこもっていると。そんな恭介も、八巻満(清水大登)という親友がいるようで。。。。ある日、苦労して掴んだ契約が白紙に戻ってしまい飲んだくれて帰宅した志方。すると、妻たちが、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR