なつぞら (第108回・2019/8/3) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』の 『第108回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)から事情を聞いた咲太郎(岡田将生)は、妹の不憫(ふびん)さに胸が締め付けられる。その時、なつを訪ねて坂場(中川大志)が風車にやってくる。なつに謝罪をしたいという坂場に対し、どうしても許すことができない咲太郎は、帰れと言う。しかし、なつと咲太郎、亜矢美(山口智子)を前に、坂場はこれまで口にしてこなかったなつへの思いを語り出す。なつと結婚させてほしいと懇願する坂場に、兄の咲太郎は…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回で描かれた坂場からのなつへの "別れの理由" って…

え~と、今回の主題歌明けに描かれた突然の咲太郎(岡田将生)を前にしての坂場(中川大志)がのなつ(広瀬すず)へのプロポーズを聞きながら、ふと考えてしまった。

私の流し見が悪いのか、私の頭が悪いのか分からないが、前回で描かれた坂場からのなつへの “別れの理由” は、簡単に言っちゃうと、坂場の頭の中では仕事と結婚は直結していて、演出家である自分がアニメーターであるなつと一緒にいられなければ意味がない…的な論理展開でなかったっけ?

坂場は監督とアニメーターの関係を無視して結婚を考える人だっけ

だとしたら、今回で先太郎が「すぐに仕事を見つけるから結婚してくれってのが筋だろうが!」と激怒したのに対して、坂場は「おっしゃるとおりです」と答えたのはおかしくないかってこと。だって、この展開だと、相当に就くのが難しいアニメーション映画監督と言う職業に、簡単になれちゃうように聞こえてしまったから。

いいや、咲太郎は「無職の男に妹はやれない!」の意味だったかも知れない。で、坂場は「とにかく仕事を探して来ます」の意味だったかも知れない。だとしたら、既に前回と今回で物語が破綻していやしないだろうか。

まっ、そもそも、坂場程度の肩書と立場の社員が責任を取って辞表まで提出して会社を辞めたのかも、一人の社員に映画の失敗を押し付ける東洋動画もどうかと思うが…

初めて見聞きするプロポーズなのに既視感が漂う不思議さ

そして、今回のプロポーズに関して。坂場は一晩なつのことを考えて再プロポーズした訳だが、全然新鮮味を感じなかった。

前回の喫茶店でのなつの演説もそうだったが、本作は重要な部分は全て端折って、ナレーションの一言で済ませちゃう。だから、私を含めた多くの視聴者は、超好意的な脳内補完をしながら本作を見、理解している。

その立場で言わせて貰えば、今回の坂場の再プロポーズの内容なんて、第75回(2019/6/26)の「階段コント」の少しあとに短編映画が完成した 7月上旬に “失う怖さ” に関するこの程度のことは既に言っていて、その後に長編映画製作が始まって~の、その結果が前回のなつの演説になったのではないのかって。

初めて見聞きするプロポーズなのに、既視感が漂うと言う不思議な展開。本当に本作はどうなっているんだ?

なつは真っ先に「風車の赤電話」で柴田家に報告すべきでは?

そして、良く分からないのが、まず赤の他人の亜矢美(山口智子)が結婚決定を応援する姿を描き、続いておでん屋「風車」から「川村屋」に向かって、これまた赤の他人の通称「マダム」光子(比嘉愛未)に報告し応援され、次にはこれまた赤の他人の仲(井浦新)に報告し、東洋動画のみんなから応援される様子が描かれた。

あのね、先日、坂場には家族がいることが描かれている。もちろん、なつにも本当の家族同然の柴田家がある。だとしたら、結婚決定を真っ先に、「風車」の赤電話から十勝の柴田家に電話で報告するのが、連ドラに於ける連続性の担保じゃないのか。

あの時点で電話をしていれば、視聴率稼ぎ頭の柴田家の面々を画面に映し出せたのに、それをやらずに、ラストで唐突に柴田牧場に立つ、なつと坂場になっちゃった。どうせ、以前の夕見子のアイデア総取りで短編映画『ヘンゼルとグレーテル』を作ったみたいに、今度は柴田家での再出発をアニメーションに役立てるって訳だろうが…

あとがき

完全に「広瀬すずPV」でしか無いですね。あとはイケメンと柴田家と朝ドラレジェンドの使い回しで、何とか朝ドラ風の映像にしていると言った感じでしょうか。

それにどうでも良いことですが、前回で坂場が社長室に呼ばれたのは平日、喫茶店の同日。で、今回の「風車」のなつの服装が「ど派手な通勤コーデ」には見えなかったから日曜日? でも、「川村屋」でのなつの衣装が「風車」と違うから翌日ないしは別の日? そして東洋動画も服装が違っていた。

これ、もしかして、なつは1日は欠勤しているってことでしょうかね。だったら、仲に結婚決定報告する前に無断欠勤の謝罪はしたのかな? おっと、これは超好意的な脳内しとかなきゃ(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13090/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95 96
第17週『なつよ、テレビ漫画の幕開けだ』
97 98 99 100 101 102
第18週『なつよ、どうするプロポーズ』
103 104 105 106 107

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

婚約>『なつぞら』第108話

​​​​​​​​​​​​ヒロインの結婚が決まる…って 朝ドラ的にもドラマ全般として見ても かなり大きなエピソードだと思うんだけど 心が微動だにしない自分が悲しい(^^;) 例えば― 後半イマイチだった『まんぷく』も 結婚まではとても楽しかった あれだけダメ作認定した『半分、青い。』も キスシーンはキモいとさえ感じたけど キモいと感じられただけでもマシだったのかもしれない …ひじゅにで...

婚約>『なつぞら』第108話

​​​​​​​​​​​​ヒロインの結婚が決まる…って朝ドラ的にもドラマ全般として見てもかなり大きなエピソードだと思うんだけど心が微動だにしない自分が悲しい(^^;)例え...

連続テレビ小説『なつぞら』第108回

内容なつ(広瀬すず)は、坂場(中川大志)に。。。。。翌日、なつから、事情を聞いた咲太郎(岡田将生)は、憤りを覚える。そこに坂場が現れ。。。敬称略最終的に。。。十勝って。。。。もう、ただ単に、十勝メンバーを出したいだけだ(失笑)

【なつぞら】第108回(第18週土曜日) 感想

…なつを訪ねて坂場(中川大志)が風車にやってくる。なつに謝罪をしたいという坂場に対し、どうしても許すことができない咲太郎は、帰れと言う。しかし…

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR