なつぞら (第96回・2019/7/20) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第16週『なつよ、恋の季節が来た』の 『第96回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


なつ(広瀬すず)たちの短編映画に、声を吹き込む作業が進められている。声優には咲太郎(岡田将生)の事務所から蘭子(鈴木杏樹)らが担当し、ついに作品が完成する。仕事を終え、束の間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに。制作中は何度もぶつかった麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)も、一緒になってバレーボールをして笑い合う。そんな中、麻子はメンバーにある思いを打ち明ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

アフレコのシーンを描くのは間違ってはいないが…

確かに、ここ連日「短編映画作りを描け!」と書き続けて来た。だから、アフレコのシーンを描くのは間違いッていないし、なつが描いた原画に声がついて、どのような映像になったのかを描くのも間違っていない。

しかし、それは、なつ(広瀬すず)が任された短編映画へ真剣に向き合う姿を描けと言う意味で、短編映画作りの過程を描けと言う意味でないのだが…

麻子は、「蘭子に褒められた=成功」って思ったってこと?

で、この短編映画については、第95回(2019/7/19)で井戸原(小手伸也)が「いつか劇場公開されること前提に作ってもらわなければ困るよ」と言っただけで、「劇場公開する」と断言はしていない。

断言してはいないが、今回の描写からすると、あの「アフレコが終了=短編映画が完成」となったように見えた。それだけでも妙なのに、10分過ぎにアニメーターを辞めて結婚宣言をした麻子(貫地谷しほり)がこんなこと↓を言った。

麻子「私は この作品を絶対に成功させたかったの。
   成功させて 私には これしかないって そう思わせたの」

あらすじにも、「ついに作品が完成する。仕事を終え、束の間の休息として、東洋動画のメンバーでハイキングに行くことに」と書いてあるから、完成したのは間違いない。もう、それは諦める。

しかし、この脚本家は、あろうことか「完成=成功」とまで言い切ってしまった。これは流石に納得できない。蘭子(鈴木杏樹)が「魔女には 大沢麻子さんの魂が込められていたのね」って褒められたことが、麻子にとっての「成功」ってこと?

せめて社内の関係者全員で試写して「良く出来た!」とすべき!

これ、ハイアフレコに立ち会った人たちだけで「完成」して「成功」したと、自己満足しているだけでないのか。前述の通りに、劇場公開しないのなら、せめて、社内の試写会室で、関係者全員で試写会をして「やっと完成だ!」、「良く出来た!」と歓声が上がるシーンくらいは無いと…。明らかな手抜きとしか思えない。

あとがき

あまりに内容が酷過ぎます。結局、『なつよ、恋の季節が来た』のサブタイトルは、主人公でなく脇役の夕見子の話で終了。更に、麻子の退場で「完」がフライングって馬鹿げてます。だから、次週から千遥(清原果耶)が主人公の『はるぞら』放送開始で良いと思いきや、主人公より脇役の放送尺の方が長いと言う不可思議な予告編でげんなりです。皆よ、明日は参院選に行けよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13038/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』
91 92 93 94 95

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

麻子退場>『なつぞら』第96話

​​​​​​​​​​​​麻子さん、寿退社! 何だよ~ 虫プロに移籍じゃなかったのかよ~ この間、夕見子の話に絡めて 女はどーたら、結婚がどーたら…と 麻子さんが言っていた時 ここここれは、もしかして…!? って感じはしたんだよね それにまあ、虫プロを出してくると 色々と厄介だとは思うけどね 思うけども 大森め! 逃げやがったな(笑) …ひじゅにですが何か? ​「白馬に乗...

麻子退場>『なつぞら』第96話

​​​​​​​​​​​​麻子さん、寿退社!何だよ~虫プロに移籍じゃなかったのかよ~この間、夕見子の話に絡めて女はどーたら、結婚がどーたら…と麻子さんが言っていた時こここ...

連続テレビ小説『なつぞら』第96回

内容ついに、なつ(広瀬すず)たちが手がけた短編映画の“声”を吹き込む作業が始まる。敬称略原因のひとつに“大人の事情”もあるのも分かっている。また、作者の作風があるため、それに自然に寄ってしまうのも分かっている。もう、絶対に、取り戻せないだろうけど。単純に、ウザイほど“厚かましい”主人公で、良いんじゃないのかな?そういう主人公で。たとえ、雰囲気が違ってしまっても。。。。たとえ、ウザすぎる印象に...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR