映画「チャイルド・プレイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「チャイルド・プレイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『チャイルド・プレイ(2D・日本語字幕版)』公式)を公開初日の本日(2019年7月19日)に、劇場鑑賞。
採点は、ギリギリの★★★☆☆(最高5つ星で、3つ)。100点満点なら 50点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

引っ越ししてばかりで近所に友だちのいない少年アンディは、母親から誕生日に “バディ人形” を貰う。その人形は最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新製品で、音声認識やセンサー付きカメラ、高解像度画像認識などのハイテク機能が備わっていた。

人形は自らを “チャッキー” と名乗り、アンディの一番の親友だと話し掛けるが、実はその人形は欠陥品だった…
※R15+

殺人鬼の魂を宿した人形が大暴れするホラーの名作のリブート版

殺人鬼の魂を宿した人形 “チャッキー” が大暴れするスラッシャー・ホラーの名作『チャイルド・プレイ(日本劇場公開は 1989年)』のリブート版が、今回の2019年版『チャイルド・プレイ』だ。

ご存知の方も多いと思うが、「リメイク版」は、以前に製作された映画を参考にして作り直さした作品のこと。「リブート版」は、原作が同じものでも以前に製作された映画とは全く違う視点で作り直した作品のこと。

1989年日本劇場公開の第1作目を振り返ってみる…

そこで、今でもスラッシャー・ホラー映画の名作と言われる第1作目を振り返る。第1作目が新鮮だったのは、殺人人形 “チャッキー” の恐怖を描くの点ではなく、人形が、それまで有り勝ちだった代々曰く付きの “呪いの人形” が惨劇を生み出すアイテムではなく、一般に売られている “おもちゃの人形” だってところ。

そして、連続殺人鬼のチャールズ・レイがブードゥ教の呪術によって、人形に魂が憑依すると言う設定。おもちゃの人形が、愛らしいルックスで包丁を手に構えるミスマッチなイメージが強烈で、私たちホラー映画の間で一気に人気キャラクターになった。

殺人人形 "チャッキー" が、"オカルト系キャラ" から “SF系キャラ" に変更

そして、今作以前に製作された 7本のシリーズでの “チャッキー” が連続殺人鬼の魂が人形に憑依して誕生したと言う “オカルト系キャラ” だったのに対して、今回のリブート版の “チャッキー” は、AI内蔵でインターネット家電やITシステムにアクセス可能な、人形型ハイテクデバイスと言う “SF系キャラ” に変更されている。

"チャッキー"が連続殺人をする動機が"オカルト"から"アンディへの愛"に

また、チャッキーの設定以外に変更されているのが、チャッキーが連続殺人をする “動機” だ。過去作品は、連続殺人鬼の魂が憑りついていると言う設定と、人形が持ち主の少年アンディの身体を乗っ取ろうとしてアンディたちを襲う設定だったが、今作の “動機” は “親友アンディへの愛” あのだ。だから、ストーカー的要素も加わったことになる。

第1作目を未見でも楽しめるが、鑑賞済み派は尻込みしちゃう

従って、ここまで設定が変わってしまっているから、第1作目を観ていなくても、今作を楽しむには問題はない。逆に、第1作目に強烈な印象を持っているファンは、ちょっと尻込みすると思うし、実際に私も、半信半疑で劇場へ足を運んだ。

率直な感想は「これが『チャイルド・プレイ!?」と言う驚きと疑問…

観終えた率直な感想は、「これが『チャイルド・プレイなの!?」と言う驚きと疑問だった。まず、驚きの方から書こう。30年前の映画を実に現代風にアレンジし直した点だ。ハイテク人形になったチャッキーに始まり、ドキッとさせる怖さよりも、IT社会を風刺したような怖さや、ティーンエージャーに受けそうな軽めの笑いなどがそう。

スラッシャー・ホラー映画として不気味ではあるが、ちっとも怖くない!

逆に疑問を感じたのは、スラッシャー・ホラー映画として、殺戮シーンや怖がらせる仕掛けもあちこちにあるが、ちっとも怖くないのだ。確かに不気味さは漂ってはいた。でも、折角のグロいシーンも目を覆う程ではないし、笑いのポイントも何となくハズレていたようで、名作ホラーと同名の映画にしては全てが肩透かしを食らってしまった。

あとがき

第1作目を観ていない人や、ただ怖い人形のホラー映画と言う興味だけで観に行ける人にはお勧めします。でも、第1作目で衝撃を受けた人や、その後のシリーズ作品を鑑賞済みの人は、かなりハードルを下げて観に行くのをお勧めします。だって、「人形が連続殺人をする」以外は第1作目とほぼ別物なので…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
チャイルド・プレイ [Blu-ray]
チャイルド・プレイ(Child's Play)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13033/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR