なつぞら (第91回・2019/7/15) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第16週『なつよ、恋の季節が来た』の 『第91回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車に、なつ(広瀬すず)や咲太郎(岡田将生)、坂場(中川大志)、雪次郎(山田裕貴)たちが集まる。その中心にいるのは、北海道から上京している夕見子(福地桃子)。相変わらず独自の視点で恋愛について語っているが、なつにはまったく理解ができない。その夜、なつは夕見子に、どうして東京に来たのか、今どんな人と一緒にいるのか聞き出そうとするが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

週の始まりの月曜日の主題歌明けから酒盛りのシーンか…

僅か 1分間にも満たないアバンタイトルだったが、先週見ていた内容のダイジェスト版として見せられると、愕然とするし寒々しくさえ思ってしまった。

そして、三連休とは言え週の始まりの月曜日の主題歌明けから酒盛りのシーン。で、描かれ始めたのは、つい最近まで登場すらしなかった脇役・夕見子(福地桃子)の私生活の話。主人公の話ですら、ほぼ興味がないのに、今さら更に興味のない脇役の話か。本当に脚本家はネタ切れなのかと思ってしまった。

夕見子の駆け落ちは許せるが、「風車」で働くのは許せない

で、なんだかんだとあって、夕見子が亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車でアルバイトをすることになった。確かに、夕見子と言う登場人物は、温和な柴田家で唯一異色な人物で、読書や勉強ばかりで家事や家業は一切手伝わず、自由に生きる道を選択した。これは間違いない。だから、好きな人と駆け落ちするのは許容出来る。

しかし、“取り敢えず” と言う雰囲気であったが、亜矢美の店で働くと言うことは、「女を武器に接客する飲食業」と言うことに “ほぼ” なる訳で、それは元来、夕見子が一番軽蔑した「男に頼る女」と酷似する職業を選んだと言うことにはならないか。

確かに、今の夕見子の言動を見る限りでは、「描写されていない余程の何か」が彼女を襲い、これまでの夕見子と思考回路が換わった可能性がある…と、好意的な解釈も出来る。

なつを夕見子は「なつが思いつかない発想で助けて来た」のに

しかし、ここでそれを許してしまうと、これまでの「なつが悩んだり苦しんだりした時に、なつが思いつかない発想で助けて来た」と言う主人公・なつ(広瀬すず)の窮地を救う、なつとは真逆の思考回路の持ち主と言う魅力ある設定が崩壊してしまう。

と言うことは、主人公を取り巻く世界の崩壊の始まりを意味することになり、末は作品の世界観そのものも崩壊しかねないのだ。ここでの夕見子には「私の仕事は私が決める。それが私の生き方だから」とさせるべきだったと思う。

やっと、この短編映画は劇場公開が目的なことが描かれた

なつの本題が始まったのは、10分過ぎ。また「あだ名付け」に始まり、だらだらと短編映画作りが始まったと思ったら、目が覚める台詞が井戸原昇(小手伸也)から飛び出した。

井戸原「いつか 劇場公開されること前提に
    作ってもらわなければ困るよ」

やはり、この短編映画は劇場公開を目的にされていたのが、やっと分かった。要は、昭和40年にあったような学校の体育館や町会事務所で、市民に無料で公開される小規模な場所で上映される 16ミリ映画では無いってことが。

なぜ、これを最初に描かなかったのか不思議でならない。これを、3人に依頼する際にやっておけば、彼らの真剣さや空回りする様子が、より緊張感あるものになったのに…

短編映画の根幹に関わる部分を、一応描いたことは評価する

ただ、坂場(中川大志)と井戸原と仲(井浦新)のやり取りは良かった。制作中の短編映画の根幹に関わる部分を “一応” しっかりと描いたから。

作品テーマに関わる重要な会議の場に、なつと麻子が不在なの?

でも、相変わらず東洋動画社の組織図が見えて来ない。坂場は第87回で自身で「演出部」所属と言っていた。要は「演出部」所属の監督見習いが、この短編では監督を任されると言うことだ。そして仲と井戸原の所属は「作画課」だ。

「演出部」と「作画課」の関係性は分からないが、私の感覚だと、例えば、アニメーション映画の初監督作品が『白蛇姫』だった第一制作課課長の露木(木下ほうか)と坂場が今回のやり取りをするなら分かる。もしくは、この席に露木監督も同席しても良い。そうすれば、なつが同席してもおかしくないし。

何が言いたのかと言うと、このような作品のテーマに関わる重要な会議の場に、ストーリーを提案し採用されたなつがいないのは、おかしくないか? ってこと。もちろん、仕切り役のはずの麻子(貫地谷しほり)も。

折角、本作に於いては “お初” と言っても良い位に、内容の濃いシーンだけに違和感の方が勝ってしまった。まあ、そう言うのが本作であり、朝ドラなのだが…

残り2分間は、女の幸せのお話と、「風車」の寸劇で終了…

そして、重要な会議に参加していないなつと麻子が画面に戻って来たのは、13分過ぎ。こちらはこちらで作画課としての短編映画作りの話をするかと思いきや、夕見子の話を持ち出して、女の幸せのお話になっちゃった。

更に 1分も経たぬ内に、14分には主人公さまはご帰宅して寸劇で終了。三連休の最終日で視聴率に期待が出来ないからと言って、ここまで内容の無い15分間には腹が立つ。

あとがき

もう、「なつアゲ」でなく、完全に「広瀬すず推し」になってしまいましたね。従って、広瀬すずさんが画面に映ってさえいれば満足って感じ。私が観たいのは主演女優でなく主人公なのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
透明なゆりかご DVD-BOX


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/13019/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』
79 80 81 82 83 84
第15週『なつよ、ワクワクが止まらない』
85 86 87 88 89 90
第16週『なつよ、恋の季節が来た』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なつよ、恋の季節が来た>『なつぞら』第91話

​​​​​​​​​​​​​​​週の終わりだから、かろうじてスルーできた “風車”でのバカ騒ぎ 一応、画面上は盛り上がるし 何となく区切りはつくし 水増しにはなるし…ね(酷) それが週を跨いで、まだ続いているとは!? おまけに、なつのトホホな酔っ払い演技 調子乗り過ぎと違う? …と思えちゃうし 坂場さんとの絡みは恋話のためなのがバレバレでアザトイ …と感じるし 酔っぱらった広瀬すず、​か...

なつよ、恋の季節が来た>『なつぞら』第91話

​​​​​​​​​​​​​​​週の終わりだから、かろうじてスルーできた“風車”でのバカ騒ぎ一応、画面上は盛り上がるし何となく区切りはつくし水増しにはなるし…ね(酷)それ...

【なつぞら】第91回(第16週月曜日) 感想

…相変わらず独自の視点で恋愛について語っているが、なつにはまったく理解ができない。その夜、なつは夕見子に、どうして東京に来たのか、今どんな人…

連続テレビ小説『なつぞら』第91回

「なつよ、恋の季節が来た」内容“風車”に集まり、なつ(広瀬すず)は、麻子(貫地谷しほり)坂場(中川大志)らと楽しい時間を過ごす。ただし、突如、上京した夕見子(福地桃子)が、話の中心に居た。なぜ、やって来たのかと、問い詰めるなつ。すると夕見子は。。。。。敬称略演出は、田中健二さん今回なんて、メインの話になったのは、10分過ぎ。辞めてくれよ。ほんと。短編映画をメインで描いてくれ!見たいのは主人公...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR