なつぞら (第79回・2019/7/1) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』の 『第79回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


短編映画の制作が決まり、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)は原画を任されることになった。演出部からは坂場(中川大志)が参加。早速3人は企画を考え始める。勝手になんでも決めていく坂場のやり方に、麻子は早くも不安を口にする。一方北海道・十勝では、富士子(松嶋菜々子)と砂良(北乃きい)が庭で話をしていた。そこにやってきた照男(清原翔)は、ふたりの背後に人の気配を感じ…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

3週間で、「3年間の漫画映画の世界」を描いている割に…

なつ(広瀬すず)が、東洋動画に再試験に合格して入社したのが、2019年6月10日(月)放送の第61回。それから、先週末まで約3週間掛けて、なつが入社からの凡そ 3年間を描いたと言うことになる。それが速いのか遅いのかは別にして…

今回のアバンタイトルでの短編映画の制作が決まり、なつと麻子(貫地谷しほり)は原画を任されることになったくだりで、ふと思ったのが、3週間も割いて漫画映画の制作現場を描いて来たドラマの割に、「動画」「作画」「原画」の用語の違いが相変わらず分かり難いなと。

既出の登場人物の “新あだ名” を説明する暇があるなら…

これ、私が考え過ぎなだけかも知れないが、アニメーション業界に詳しくない人だったら、こう考えやしないだろうか?

「原画」担当者が描いた「基になる絵」を基礎に、「作画」担当がたくさんの「パラパラ漫画的な絵」をたくさん描き、撮影担当がそれらを連続撮影した結果が「動画」…と言うように捉えないだろうか。

恐らく正しくはこんな感じだと思う。監督を含めた演出担当者が脚本をもとに作った「絵コンテ」をから、アニメーション化に当たって “要所要所の絵” として描かれるのが「原画」で、「原画」同士を繋ぐ絵(動いて見えるようにするための絵)を「動画」、その「原画」と「動画」の一連の作業を「作画」と言う(もしかしたら、私の理解が間違っている可能性もあるが)。

今さら既出の登場人物の “新しいあだ名” を説明する暇があるなら、もっと漫画映画の世界を分かり易く描くべきでないのだろうか。だから本作って、本気で草創期の日本のアニメーション界を支えた女性アニメーターを主人公にしたドラマを描いている、いや今後も描くつもりがあるのかって思ってしまった…

なつと千遥はサクッと再会させて、めでたしめでたしで良かった

で、やっと千遥(清原果耶)が登場したと思ったら、やはり、なつと千遥の再会を引っ張るのか。こんなの…と言っては何だが、サクッと再会させてめでたしめでたしにしちゃって、もう動き始めているヒロインのアニメーターへの道を丁寧に集中して描けば良いのに。

清原果耶さんの登場で、残り3か月に期待をしたが無駄か…

前半の三か月が散々だったから、 清原果耶さんの登場で残りの三か月の雰囲気や動向が変わるのを期待しただけに、どうせ仕事と帰省の狭間に苦しむなつを描きつつ、久し振りの柴田家と、 清原果耶さんで視聴率稼ぎするだけだと思う。だって、予告編で今週中は、なつと千遥が直接対面しないのは分かり切っているのだから。

あとがき

折角、なつを原画担当に抜擢したなら、そのまま進めば良いのに。

『東京編』が始まってから、「川村屋」、「風車」、「雪次郎の乱」、「信哉の転勤」、「天陽の結婚」と続いて、今度は「千遥の再登場」と、まあ枝葉ばかり増やしても、肝心の木の幹が細くて低いから、「朝ドラ100作目」の記念樹なのに何とも不格好な。これ、最終回までに幹が太く高くなって、美しい大木に育つのか心配しかありません…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
NHK連続テレビ小説「なつぞら」オリジナル・サウンドトラック【BEST盤】
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
白蛇伝 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12973/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35 36
第7週『なつよ、今が決断のとき』
37 38 39 40 41 42
第8週『なつよ、東京には気をつけろ』
43 44 45 46 47 48
第9週『なつよ、夢をあきらめるな』
49 49 50 51 52 53 53 54
第10週『なつよ、絵に命を与えよ』
55 56 57 58 59 60
第11週『なつよ、アニメーターは君だ』
61 62 63 64 65 66
第12週『なつよ、千遥のためにつくれ』
67 68 69 70 71 72
第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』
73 74 75 76 77 78
第14週『なつよ、十勝さ戻って来い』

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なつよ、十勝さ戻って来い>『なつぞら』第79話

​​​​​​​​​​​またジャンプ+の話になるけど 『顔がこの世に向いてない。』(まの瀬著)の最新話(第20話)が それまで無かったナレーションで締められているんだけど 「ミヤ(ヒロインの名前)よ この世にトゥルーエンドなんてないぞ 自分に正直になれよ」 とあって 『なつぞら』のパロディか!? と思っていたら コメント欄にも 「最後なつぞらのウッチャンみたいだな」 とあって、笑ってし...

なつよ、十勝さ戻って来い>『なつぞら』第7...

​​​​​​​​​​​またジャンプ+の話になるけど『顔がこの世に向いてない。』(まの瀬著)の最新話(第20話)がそれまで無かったナレーションで締められているんだけど「ミヤ...

連続テレビ小説『なつぞら』第79回

「なつよ、十勝さ戻って来い」内容昭和34年5月。下山(川島明)から呼び出された、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)。会議室には、仲(井浦新)と井戸原(小手伸也)の姿が。短編映画の原画をやらないかと提案される。演出部からも坂場(中川大志)が参加するという。そのころ、北海道の柴田家には、見知らぬ少女(清原果耶)が現れていた。富士子(松嶋菜々子)は、もしかしたら。。。。。と。。。敬称略演出は、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR