映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2D・日本語吹替版)』公式)を『日本語字幕版』に続いて、本日、劇場鑑賞。
採点は、★★★★(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら 80点にします。

【私の評価基準:映画用】
★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
★★★★  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。
★★★☆☆  まあまあ。お金を払って映画館で観ても悪くない。
★★☆☆☆  好き嫌いの分岐点。無理して映画館で観る必要なし。
☆☆☆☆  他の時間とお金の有意義な使い方を模索すべし。





ディレクター目線のざっくりストーリー

ゴジラとムートー(ゴジラと同じ、ペルム紀に生息していた巨大生物)の戦いから5年後。巨大怪獣の存在が公になり、怪獣の調査を行って来た未確認生物特務機関「モナーク」は怪獣への対応の不備や被害の責任を負わされ解体の危機に晒されていた。

そんな時、神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラらが復活する。復活した怪獣たちとゴジラとの戦いを食い止め、世界の破滅を阻止しようと、生物学者の芹沢(渡辺謙)や考古人類学者のアイリーン(チャン・ツィイー)らが所属する「モナーク」が動き出す…

復活した怪獣らとゴジラの戦いと、特務機関モナークの活躍を描く

ゴジラとムートー(ゴジラと同じ、ペルム紀に生息していた巨大生物)の戦いを描いた前作『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台。

復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関「モナーク」の活躍を描いた、日本ではゴジラ65周年記念作品となるのが『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

昭和のゴジラ映画で感じていた "ハラハラドキドキと切なさ" がある

昭和時代の着ぐるみとミニチュア撮影による実写特撮怪獣映画で小学生時代を過ごした私は、数々のゴジラ映画を観て来たが、やはり子どもの頃に観た『怪獣大戦争』や『ゴジラ対メカゴジラ』辺りまでのゴジラ映画で毎回感じていた、観ながらハラハラドキドキ、観終わると何故かちょっと切なくなる…そんな感覚を久し振りに本作で味わった。

ゴジラの重厚感、街が破壊される迫力は、怪獣映画として傑作

その理由が何なのか考えみた。確かに、着ぐるみとミニチュア撮影による実写特撮怪獣映画には、“その手法でしか醸し出せない味” がある。そして、本作より前のCGによる怪獣映画には、“CG技術の未熟さ故の違和感” があった。しかし、前作から5年経過し、テクノロジーの進歩で、“CG技術の未熟さ故の違和感” が払拭された。

ゴジラだからこその重厚感、ビルや街並みが破壊される迫力、怪獣たちの動きのスムーズさ、実写とCG合成の滑らかさ、どれを取ってもゴジラ映画、いや怪獣映画として傑作に近いかも知れない。

子どもの頃に "脳内変換していた怪獣映画" を観られる

きっと、子どもの頃の私は、着ぐるみとミニチュア撮影による実写特撮怪獣映画を観ながら、本作のような映像に脳内変換していたのだと思う。その位に、映像としての完成度は高い。

「また、アメリカ製のゴジラ映画?」と思って二の足を踏んでいるなら、観た方が良いと思う。スクリーンの中に本物のゴジラやラドン、キングギドラ、モスラの生きている姿を見られるのだから…

あとがき

昭和時代の着ぐるみとミニチュア撮影による実写特撮怪獣映画で小学生時代を過ごした私が、きっと脳内補完して感じていたゴジラ映画、怪獣映画が本作のような映像だった…と思わせる完成度の高さ。ゴジラや日本へのオマージュもしっかり盛り込まれ、過去のアメリカ製のゴジラ映画とは一線を画す仕上がりです。

また、私はスケジュールの都合で「日本語吹替版」を観ましたが、「字幕版」をお勧めします。理由は、吹替の演者の演技力云々でなく、オリジナルキャストの風貌と日本語キャストの声質が合っていないから。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12930/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

レビューは↓ https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201905310000/ ゴジラ キング オブ モンスターズ / Godzilla: King Of Monsters 輸入盤 【CD】価格:1888円(税込、送料別) (2019/5/25時点)

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 がんばれキング!

 ゴジラ、ラドン、モスラはいずれも単独主演映画を持つスター怪獣だ。1954年公開の『ゴジラ』、1956年の『空の大怪獣ラドン』、1961年の『モスラ』は、タイトル・ロールの怪獣が出現することで充分に観客を魅了する作品だった。  残念ながら、ゴジラ、ラドン、モスラのようなズバ抜けた魅力を持つスター怪獣を次々に生み出せるものではない。  東宝怪獣映画で怪獣が単独主演した作品には、他にも『大怪獣...

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

楽しみにしすぎたせいもあるのか、ものたりない残念感。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

【概略】 神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢やヴィヴィアン、考古人類学者のアイリーンらが所属する未確認生物特務機関モナークが動き出すが…。 アクション .0★★★★☆ 映画館鑑賞。 「モンスターバース」シリーズ第三弾として『GODZILLA ゴジラ』と『キングコング 髑髏島の巨神』に次いで...

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』★目玉はキングギドラ!?謙さん?(^^)/

作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172415/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 ハリウッド版の続編だそうです。 人間側の軸は 前回のゴジラ大暴れで、息子を失った夫婦。 見どころは、闘い合う ゴジラ・キングギドラ☆(目当て)・モスラ・ラドンたち。 彼らの、どれが敵か味方か? は最初わかりにくい…… どれが、善玉か悪玉か? (ゴジ...

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス...

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界。 モスラ、ラドン、キングギドラら、単なる伝説にすぎないと思われていた怪獣たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めた。 全人類の存在すらもが危ぶまれる中、未確認生物特務機関モナークは、世界の破滅を阻止しようとするが…。 SF怪獣アクション。 ≪王(キング)の覚醒。≫

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ・・・・・評価額1700円

怪獣王の覚醒。 レジェンダリー・ピクチャーズの手がける怪獣クロスオーバー企画、モンスターバースの第三弾。 2014年版「GODZILLA ゴジラ」と「キングコング:髑髏島の巨神」と世界観を共有する「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、ゴジラ映画としては日米通算35作目。 実写作品としては、2016年の「シン・ゴジラ」以来3年ぶりとなる。 本作で描かれるのは、小出しにされてきた謎の組織モ...

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』('19初鑑賞38・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 6月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR