集団左遷!! (第9話・2019/6/16) 感想

集団左遷!!

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』公式
第9話『託された不正の証拠最後の大逆転目前!』の感想。
なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。


横山(三上博史)が大手外資系企業との資本提携の認可を取り付けた。そこに不正な金の動きがあるとにらむ片岡(福山雅治)は真山(香川照之)と共に、日本橋支店長となった鮫島(小手伸也)の周辺を探るが、何も見つからない。そんな折、提携の基本合意として1万人近い人員削減が発表される。横山に抗議した片岡の元には滝川(神木隆之介)ら旧蒲田支店の面々が集まり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)
脚本:いずみ吉紘(過去作/極悪がんぼ、仰げば尊し) 第1,2,3,4,5,6,7,9
   李正美(過去作/映画『祈りの幕が下りる時』『七つの会議』) 第8
演出:平川雄一朗(過去作/とんび、天皇の料理番、義母と娘のブルース) 第1,2,5.8
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第3,6,9
   韓哲(過去作/ATARU、IQ246~華麗なる事件簿~、コウノドリ2) 第4,7
音楽:佐橋俊彦(過去作/ちりとてちん、dinner、テミスの剣、ヘッドハンター)
主題歌:エレファントカシマシ「俺たちの明日」

「蒲田支店閉店編」と「本店暗部編」を瞬間的に接着した第9話

閉店になった旧鎌田支店のメンバーを集めて、以前の鎌田支店閉店を描いた「第一章」と、それまでの展開とほぼ無関係となった本店の暗部を描いた「第二章」を瞬間接着剤でくっつけた第9話。

その点では、タイトルの『集団左遷!!』の意味が、「不成績銀行支店の複数の閉店」でなく、横山(三上博史)の “何らかの意図” による「9,500名の行員の集団左遷」であることが、“何となく分かった” ような第9話。

経営統合やリストラを「全て悪事」と描くのは、単純過ぎないか?

決して、つまらないと言い切るつもりはないが、毎週面白くて楽しみな連ドラかとは言えないレベル。その理由は、前述の横山のの “何らかの意図” と “何となく分かった” ような展開ではないだろうか?

確かに行員たちにとって集団左遷は死活問題だ。しかし、冷静に考えれば、今の時代で経営統合やリストラが「全て悪いこと」と描くのは単純過ぎやしないだろうか?

もっと序盤から"横山の野望の核心部分"を上手く魅せれば…

どうも、閉店に追い込まれ、仲間がバラバラにされた “恨み” を、横山がやった「悪いこと」のせいにして、スッキリさせよう、悪者を倒そう、そして自分たちが生き残ろう、と片岡(福山雅治)が中心となって騒いでいるだけに見えてしまっている。

恐らく、本来はもっと中盤、いや序盤から “横山の野望の核心部分” を描いておいた方が良かったと思う。ただ単純に最終回までチラ見せするような安っぽいドラマにならぬように上手に魅せる必要はあるが、そこが全く描かれず、今回になって、何となく「副頭取の座を狙ってるの?」と描かれても、ホントかよと思ってしまった。

だって、いつも、主人公はやってはやられての単純な繰り返ししか描かれて来なかったから。勧善懲悪ドラマとして最終回で視聴者のモヤモヤをスッキリさせるなら、もっと “横山の野望の核心部分” を描くしか無かったのに…

あとがき

やはり、雲の上の横山ら銀行上層部の下の者からは想像も出来ない野望や闇を、もっともっと丁寧に小出しにしながら、主人公の “銀行愛” を描くべきだったでしょうね。

閉店の目標額に達せなかった蒲田支店が閉店に追い込まれ、その糸を操っていた横山がついに副頭取になるだけなら、2時間スペシャルの 3/4 もあれば十分だったのでは?

で、結局2時間スペシャルドラマの “残り 1/4 のオチ” を 1時間で見せる。恐らく「そう言うことだったのね」となるとは思いますが、全10話の連ドラに相応しいオチなのかどうか。拡大版にならない程度の内容だとは思いますが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)
集団左遷 (講談社文庫)
俺たちの明日


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12920/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! 第9話

片岡(福山雅治)は、藤田頭取(市村正親)によって裏金作りの証拠となるリストから横山(三上博史)の名前が消されたことに憤ります。 横山との不正の取引に応じた藤田の真の狙いを考える片岡は、不正の新たなる証拠を掴もうと再び動き出します。 一方、巨大外資系企業・ダイバーサーチとの提携による大規模な合理化とリストラの波が押し寄せる中、滝川(神木隆之介)たち元蒲田支店のメンバーが立ち上がります。 ...

日曜劇場『集団左遷!!』第9話

内容横山(三上博史)専務の不正を追及しようとした片岡(福山雅治)しかし、藤田(市村正親)頭取により、もみ消されてしまう。そのうえ、外資系ネット通販ダイバーサーチとの資本提携と、さらなるリストラ。横山の本当の目的が見えない中、対抗する手段を見いだせない片岡。片岡と真山は、鮫島(小手伸也)の周辺で証拠を探し始めるが、見つからない。そんななか、梅原(尾美としのり)から、横山の副頭取就任の話を聞く。...

集団左遷!! #09

『託された不正の証拠 最後の大逆転目前!』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR