パーフェクトワールド (第7話・2019/6/4) 感想

パーフェクトワールド

関西テレビ制作・フジテレビ系・『パーフェクトワールド』公式
第7話『巡り合う運命』の感想。
なお、原作の漫画、有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社『Kiss』に連載中)単行本既刊9巻(ドラマ放送開始時)は既読で、同原作の2018年公開の岩田剛典と杉咲花のダブル主演の実写版映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』鑑賞済み



つぐみ(山本美月)から、圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)の高木夫妻の家の件を説得された樹(松坂桃李)は、夫妻に会って検討し直すと決める。洋貴(瀬戸康史)はつぐみと樹の再会に焦り、つぐみに求婚の返事を急がせてしまう。後日、樹とつぐみは高木夫妻を訪ねるが、楓が会うことを拒否。2人で話そうと提案した樹に会った楓は、なぜ気が変わって依頼を受けたのかと尋ねる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:有賀リエ「パーフェクトワールド」(講談社)
脚本:中谷まゆみ(過去作/ラスト・シンデレラ、地味にスゴイ!校閲ガール、隣の家族は青く見える)
演出:三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、FINAL CUT) 第1,2,4,6
   白木啓一郎(過去作/CRISIS 公安機動捜査隊特捜班) 第3,5,7
音楽:菅野祐悟(過去作/アイムホーム、リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~)
主題歌:菅田将暉 「まちがいさがし」(エピックレコードジャパン)

来週は感想を書くかどうか分からないから、総括的に書く

まあ、原作や映画を知ろうが知らなかろうが、番組公式サイトのアイキャッチ画像が樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)のブライダル衣装を着ている写真だから、まあこんな展開になるのは誰でも予想が付くと思う。そして、今回は、このまま継続視聴をするかどうかの自己判断をしようと思って観ていたので、総括的に感想を書いてみる。

「最後は結ばれるべき二人が結婚する」って事を描きたいの?

最初の頃は、久し振りに再会した男女の恋バナを通して、障がい者と彼を支える二人の日常や心情がそれなりに描写されていた。恐らく、多くの視聴者が、どのような苦悩と葛藤を乗り越えて、ブライダル衣装まで辿り着くのかの過程を楽しみにしていたと思う。

しかし、樹とつぐみの恋愛関係が解消されてから、まるで第2章のように、別れて数か月も経たないうちに、あれよあれよと洋貴(瀬戸康史)がつぐみに強引にプロポーズして、そのつぐみも意外過ぎるほどあっさり洋貴を受け入れた。

つぐみの性格が実は “移り気で飽きっぽい” と言う設定なら、最初からそう描いて貰わないと困る。だって、最初の頃のつぐみの樹への “(敢えて書く)愛” が本物だったのか疑わざるを得ないから。

また、つぐみが樹の前からいなくなった途端に、長年の “位峰的な愛” を告白したヘルパーの葵(中村ゆり)だが、葵の本心を知ったあとでも樹と葵の関係が「ヘルパーと患者」として継続中が、私には “歪んだ関係” にしか見えない。その上、葵は松本へ行って、自分が樹と交際中と嘘をつき、樹にそれがバレたら奥の手の号泣で泣き落とし作戦。

そして、大地震が発生して樹の病状が悪化して、つぐみが再び樹を選択して物語は急転直下ってこと? 一体、何を描きたいの? まさか、「最後は結ばれるべき二人が結婚する」ってこと?

表面的な恋バナだけ描き、肝心の登場人物の内面が描けてない

こう考えると、最も本作に欠落している描写がある事に気付く。それは、洋貴(瀬戸康史)の存在感が薄過ぎる、いや無さ過ぎるのだ。何だかんだ言って、本作が中心的に描いてしまっているのは “移り気で飽きっぽい” 性格のつぐみの恋愛だ。最初の相手が樹で、次(今)が洋貴。だとしたら、もっと樹と洋貴の人間性の比較を描写しないと。

例えば、今回のつぐみの両親への挨拶の場面でも、両親はあっさりと結婚を承諾した。先日の両親の描写と繋げると、樹と洋貴の人間性の違いが「車椅子生活者かどうか?」でしかないように映る。それで良いのかってこと。

再会、別れ、新たな恋と7話も使った割に、つぐみは “移り気で飽きっぽい” 性格と分かるが、樹と洋貴は一向にどんな人間か見えて来ない。

むしろ、まだ2話しか登場していない圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)の高木夫婦の方が、よっぽど性格も夢も見えている。結局、まるで中学生の恋愛のようにくっついたり別れたりを描くことばかりをやるから、肝心の登場人物の内面が描けていない。これを「ドラマ」と呼ぶのは恥ずかしい位だ。

あとがき

恋愛もドラマとしても稚拙ですね。人気者俳優が画面に登場しているし、何となくくっついたり別れたりを描いた悲恋物語に喜ぶ人もいるでしょう。6%前後の視聴率で良いかなと言う製作陣もいるでしょう。

しかし、高視聴率とは行かなくとも、知る人ぞ知る名作を生み出したカンテレ制作の火曜9時枠として、こんなので良いのかなって思います。次回の感想が無かったら、継続視聴を止めたってことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
パーフェクトワールド(1) (KC KISS)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12873/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR