●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

集団左遷!! (第7話・2019/6/2) 感想

集団左遷!!

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』公式
第7話『本部編始動!!巨大な上層部の悪事を暴け』の感想。
なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。


大手百貨店CEOが背任容疑で逮捕された。同社は創業者・雄一郎(本田博太郎)と対立の末、息子・太郎(筒井道隆)が社長に就任したが、外資と合併し太郎は副社長に。三友銀行も3千億円超の融資をしており、融資部の片岡(福山雅治)は情勢を見守る。一方、横山(三上博史)は雄一郎とある計画を進行。同じ頃、日本橋支店副支店長・真山(香川照之)に不審なメールが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)
脚本:いずみ吉紘(過去作/極悪がんぼ、仰げば尊し、トドメの接吻)
演出:平川雄一朗(過去作/とんび、天皇の料理番、義母と娘のブルース) 第1,2,5
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 第3,6
   韓哲(過去作/ATARU、IQ246~華麗なる事件簿~、コウノドリ2) 第4,7
音楽:佐橋俊彦(過去作/ちりとてちん、dinner、テミスの剣、ヘッドハンター)
主題歌:エレファントカシマシ「俺たちの明日」

横山が悪事を企み、片岡が負けずに戦っているだけにしか…

「本部編」だそうだが。先週から一か月後の設定で、旧鎌田支店の銀行員たちの跡形もない状態。まあ、これで『集団左遷!!』を名乗るには、余程のどんでん返しでも無いと納得できないが。

いや、そんなこと以前に納得できないのが、もはや完全に横山(三上博史)が悪事を企んでいて、片岡(福山雅治)がそれに「負けないぞ!」と頑張ってるように描いているだけにしか見えず、私にはがちっとも楽しくない。

片岡が汗をかいて走れば視聴者が喜ぶとでも勘違いしてる?

だって、つい一種間前に「お客様のため」と言いつつ、鎌田支店を閉店させた人間が何を言うかと思ってしまったから。結局、「お客様のため」と言いつつ、上司と部下の陳腐な抗争にしか見えなかった。まさか作り手たちは、片岡が汗をかいて走れば視聴者は喜ぶとでも勘違いしているのだろうか?

あとがき

まだ「蒲田支店編」の方が(第6話を除いて)、何倍も『集団左遷!!』のタイトルに相応しい内容だったと思います。流石に、「悪役=横山」で「ヒーロー=片岡」の図式をやり過ぎでは? 大どんでん返しがあるのを期待して、次回も見てはみますが…

職業ドラマなら、働き方改革をも考慮して、もっと女性の登場人物を絡める視聴者サービス、おっと「お客様のため」の脚本や演出も、やるべきだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)
集団左遷 (講談社文庫)
俺たちの明日


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12866/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜劇場『集団左遷!!』第7話

内容融資部へ異動となった片岡(福山雅治)そんななか、3000億を融資する“マルハシ”CEOが逮捕される。数年前、会長の丸橋雄一郎(本田博太郎)と息子・太郎(筒井道隆)による御家騒動があった“マルハシ”。折しも、金融庁による検査のある三友銀行は、対処に迫られる。すると横山(三上博史)は、再建計画を役員会で発表する。外資系との提携を打ち切り、副社長の太郎を解任。会長の雄一郎が復帰するという案だっ...

集団左遷!! 第7話

蒲田支店の廃店で、本部の融資部へ異動した片岡(福山雅治)の元に、衝撃的なニュースが舞い込みます。 全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスの最高経営責任者(CEO)・ダニエル・バックが、会社の資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕されたのでした。 総合百貨店は4年前、米国の大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの、業績不振に喘いでいました。 金融庁の立ち入り検査...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR