●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

家政夫のミタゾノ(第3シリーズ) (第7話・2019/5/31) 感想

家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)』公式
第7話の感想。
なお、過去の「第1、2シリーズ」は鑑賞済み。


元レスリング日本代表で、大学でコーチを務める黒部(大澄賢也)に、教え子・愛子(青山めぐ)との不倫疑惑が浮上。しかし、妻・静子(黒谷友香)の‘神対応’で、騒ぎは治まる。黒部宅に派遣された三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)は、黒部が‘モラハラ夫’で不倫も事実だと気付くが、黒部は三田園に、離婚に有利になるよう静子の弱みを探ってくれと言う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

第3シリーズで "初めて本作らしさ" があったのは認めるが… 第3シリーズになって最も “本作らしさ” があり、第7話になって初めて最後まで内容を理解することが出来た。ただ、早見再生で観ても1時間が長く感じてしまった。流石に不倫話だけで1時間も引っ張るのには無理がある。 脚本は、もう少しネタを盛り込んだ方が良かったし、演出は、もう少しカメラワークやキレを含めた魅せ方を工夫すべきと思ってしまった。 あとがき 気が付いたら、次回が最終回。第3シリーズは全体的に “ネタ切れ” 感が漂いますね。最終回だけでも、「おお、納得!」と思わせて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
愛だけがすべて-What do you want?- (初回限定盤1(JUMPremium BOX 盤)+初回限定盤2(ミタゾノ盤)+通常盤セット) [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12859/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR