●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

スパイラル~町工場の奇跡~ (第7話・2019/5/27) 感想

スパイラル~町工場の奇跡~

テレビ東京系・ドラマBiz『スパイラル~町工場の奇跡~』公式
第7話『町工場消滅!? 72時間“奇跡”の大逆転劇』の感想。
なお、原作の小説、真山仁「ハゲタカ4.5/スパイラル」(講談社文庫)は未読。



マジテックの債権がナオミ(真矢ミキ)に渡ったと知った芝野(玉木宏)は、3億円の債務が返済できないと買収される恐れがあると社員に告げる。また、英興技巧の社長に就任したテイラー(グレッグ・デール)が特許侵害でマジテックを提訴する準備に入ったと会見で発表。浅子(貫地谷しほり)らは対応に追われる。翌日、芝野は騒動の真相を探るため、下町信用金庫へ向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:真山仁「ハゲタカ4.5/スパイラル」(講談社文庫)
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、黒革の手帖2017、昭和元禄落語心中)
演出:井坂聡(過去作/人間の証明2001、PTAグランパ!シリーズ) 第1,2,5
   松田礼人(過去作/あなたには帰る家がある、ホリデイラブ、官僚たちの夏) 第3,7
   棚澤孝義(過去作/弱虫ペダル、下町ロケット、半沢直樹) 第4,6
音楽:遠藤浩二(過去作/とと姉ちゃん)
主題歌:SING LIKE TALKING 「Spiral」(Univesal Connect)
制作協力:スパークル(グッドワイフ、初めて恋をした日に読む話、インハンド、わたし、定時で帰ります。)

相変わらず回りくどい展開でイライラが募るばかり

前回同様に、相変わらず回りくどい展開でイライラが募るばかりの第7話。とにかく、最終回直前だと言うのに、村尾(眞島秀和)が芝野(玉木宏)に恨みを抱く根拠が分かり難いまま。芝野は “職務上” で村野に解雇を言い渡しただけでは?

芝野が人脈や能力を使わずに毎回歯が立たないのがイライラ

「恨み」と言いたのだろうか、どう見ても、まともな大人らしからぬ「稚拙な逆恨み」にしか見えないし、その程度のことに、かなりやり手の経営難に陥った企業の再建を手掛ける企業再生家と言う設定のはずの芝野が、自分のもっと早い段階で人脈や能力を使えばよいのに、ずっと使わずに毎回歯が立たないのが、これまたイライラの原因でもある(今回は、終盤で頑張ったが)。

大企業に追い詰められる零細企業は丁寧に描かれているが

確かに、大企業に追い詰められる零細企業の姿は、丁寧に描かれているとは思うが、この広げ過ぎた風呂敷を、次の1時間しかない最終回できれいに畳めるのか心配だ。

あとがき

「6月3日(月)の放送は『全仏オープンテニス』中継のため放送日時の変更の可能性がございます」ですと。ここで、1週間空いてしまうのは痛いですね。次週でスカッと決着をつけて欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハゲタカ4・5 スパイラル (講談社文庫)
SING LIKE TALKING 「Spiral」(Univesal Connect)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12844/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR