俺のスカート、どこ行った? (第6話・2019/5/25) 感想

俺のスカート、どこ行った?

日本テレビ系・土10ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』公式
第6話『オクテ男子に恋のプロデュース大作戦!涙の告白!』の感想。


初の「進路説明会」について、保護者の出席を促すよう田中(桐山漣)が生徒に伝える中、駒井(堀家一希)から親の話題を振られた明智(永瀬廉)は不機嫌になる。一方、保健室の佐川(大西礼芳)を訪ねた里見(白石麻衣)が、好きでもない相手との見合い結婚が決まり、父・靖夫(小木茂光)との約束で退職することにしたと話す。原田(古田新太)がその話を聞いていて…。
---上記のあらすじは[[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:加藤拓也(過去作/平成物語シリーズ)
演出:狩山俊輔(過去作/フランケンシュタインの恋、高嶺の花、生田家の朝) 第1,2,3
   水野格(過去作/崖っぷちホエル!、サバイバル・ウェディング、3年A組) 第4,6
   茂山佳則(過去作/フランケンシュタインの恋、ブラックリベンジ) 第5
音楽:井筒昭雄(過去作/民王、99.9、Missデビル、ブラックスキャンダル、トクサツガガガ)
キャラクター(原田のぶお)監修:ブルボンヌ、白川大介

里見の結婚話だけに絞り込んで描くだけで良かったのに…

ドラマや漫画の「主人公」と「サブキャラ」の構造を、第6話の骨格に持ち込んで、強引に里見(白石麻衣)がメインの1話を作った。そんな感じの第6話。里見の結婚話だけでは尺が足りないから、あれこれ盛り込んではみたものの、際立つのは “大人の事情” ばかり。

大人が仕事で作っているのがドラマだから “大人の事情” があるのは十分理解するが、「結婚」とはほぼ無関係な明智(永瀬廉)を押し出してお目当ての視聴者も喜ばせて…なんて “大人の事情” が透けて見え過ぎて、中々作品に入り込めずに、あれよあれよと結婚式場に。流石に今回は、終わってもスカッとしなかった。残念…

あとがき

どうして、もっと主人公・原田(古田新太)を際立たせ、里見の結婚を強引に進める父・靖夫(小木茂光)との約束に至る過程を描くべきだったような。客寄せの脚本では感動は生まれません。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」 オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12836/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR