ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

わたし、定時で帰ります。 (第6話・2019/5/21) 感想

わたし、定時で帰ります。

TBS系・火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』公式
第6話『任せるとは信じる事完璧すぎ上司の弱点』の感想。
なお、原作の小説、朱野帰子「わたし、定時で帰ります。」(新潮文庫)は未読。


制作4部に、個人経営のヘアサロンから公式サイトの制作依頼が舞い込んだ。ディレクターには来栖(泉澤祐希)が立候補し、結衣(吉高由里子)はサポートに回る。だが、早々に来栖の準備不足が露呈。企画は種田(向井理)を中心に進み始め、来栖は不満を募らせる。一方、結衣らは種田が元同僚と独立するという噂が気になる。福永(ユースケ・サンタマリア)も種田の動向を察知して…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:朱野帰子「わたし、定時で帰ります。」(新潮文庫)
脚本:奥寺佐渡子(過去作/夜行観覧車、Nのために、リバース) 第1,2,5
   清水友佳子(過去作/夜行観覧車、女はそれを許さない、リバース) 第3,4,6
演出:金子文紀(過去作/監獄のお姫さま、チア☆ダン、大恋愛) 第1,2,6
   竹村謙太郎(過去作/アンナチュラル、警視庁ゼロ係シリーズ、中学聖日記) 第3,4
   福田亮介(過去作/チア☆ダン、初めて恋をした日に読む話) 第5
音楽:平野義久(過去作/ゆとりですがなにか、獣になれない私たち)
   新屋豊(過去作/ぴんとこな、TVアニメ『ノブナガン』)
主題歌:Superfly「Ambitious」(ワーナーミュージック・ジャパン)

「定時で帰る主人公」だけ強調していた第1,2話が嘘のよう…

前回よりも、プロジェクトのチーフである主人公が、自分だけが定時で帰るのでなく、チーム全員が生産性を上げ、チームが定時で帰り、プロジェクトと無事に成功させ終わらせると言う、「頑張る主人公」を魅せる路線が更に強調された第6話。

今や、「定時で帰る主人公」だけを強調していた第1,2話が嘘のようだ。それだけ、全体的に良くなっている。

来栖を"今風"な新入社員に作り込んで成長を描いたお蔭で…

まず良かったのは、新たなプロジェクトのディレクターに立候補した来栖(泉澤祐希)が、如何にも “今風” な新入社員に丁寧に作り込まれている上で、来栖らしい言動で自ら成長した姿を描いた点だ。

来栖の成長を描いたからこそ、結衣(吉高由里子)の「頑張る主人公」が引き立ったのだ。やはり、単純に主人公だけを目立たたせるのは面白くないから…

来栖と種田の和解のくだりの清々しさと後味の良さこそ…

もちろん、ベテランの種田(向井理)らしい仕事のやり方を描きつつ、これまでの種田が見せなかった弱点や気遣いを描いたことで、チームで行う仕事の困難さと助け合い、クリエーターと言う仕事の難しさと醍醐味も描かれた。

そして、49分頃からの来栖と種田の和解のくだりの清々しさと後味の良さは、昨年7~9月にこの放送枠の『義母と娘のブルース』に近かった。こう言うのが、TBSの「火曜ドラマ」だと思う。

あとがき

ラストの上海飯店のシーン、連ドラの折り返しのネタとして面白かっただけに、もっと諏訪巧役の中丸雄一さんには頑張って欲しかったです。でも、全体の流れも構成も、お仕事ドラマとしての見せ場も良く出来ているので、安心して楽しめます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン くる天-人気ブログランキング あとで読む



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫)
【メーカー特典あり】 Ambitious(初回限定盤Blu-ray)(A4サイズクリアファイル付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12818/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

わたし、定時で帰ります。 第6話

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞いた結衣(吉高由里子)、八重(内田有紀)、佳菜子(シシド・カフカ)たちは、その動向が気になります。 そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)が初めてディレクターを務めることになりますが、上手く行かずに悪戦苦闘してしまうことに。 初めてのディレクターなので、頼りないことこの上なく、エンジニアの吾妻(柄本時生)、デザイナーの真希(佐々木史帆)も肝心なことは晃太郎に...

火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話

内容晃太郎(向井理)が独立する噂を知った結衣(吉高由里子)“ベイシック・オン”の凄腕プロデューサー大貫慶太(竹財輝之助)が、共同経営者として、晃太郎を引っ張っているというコトだった。そんななか、新しい仕事で、来栖(泉澤祐希)が、ディレクターに立候補し、晃太郎から任される。大張り切りの来栖を、見守る結衣たちだったが。先輩達からダメ出しばかりで。。。どうしても、思っているように仕事を進めることが...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: