●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

きのう何食べた? (第7話・2019/5/17) 感想

きのう何食べた?

テレビ東京系・ドラマ24『きのう何食べた?』公式
第7話『鶏雑炊&卵焼き』の感想。
なお、原作の漫画、よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」連載中)は、未読。



賢二(内野聖陽)は、史朗(西島秀俊)の友人カップルの小日向(山本耕史)と航(磯村勇斗)に初めて会う。その食事会で、史朗がある女性アイドルの大ファンと知り、やきもきする賢二。とはいえ、史朗が友人同士の食事会に初めて連れ出してくれたことがうれしく、翌日、風邪で寝込んだ史朗の世話も楽しげだ。一方の史朗は、台所に立つ賢二の手際の悪そうな様子が気になり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:よしながふみ「きのう何食べた?」(漫画)
脚本:安達奈緒子(過去作/大貧乏、コード・ブルー3、透明なゆりかご)
演出:中江和仁(過去作/映画「嘘を愛する女」) 第1,2,3
   野尻克己(過去作/映画「鈴木家の嘘」) 第4,5,6
   片桐健滋(過去作/映画「ルームロンダリング」)  7
音楽:澤田かおり(過去作/TBS系『噂の!東京マガジン』エンディングテーマ)
オープニングテーマ:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND「帰り道」(TOY'S FACTORY)
エンディングテーマ:フレンズ 「iをyou」(ワーナーミュージック・ジャパン)

卓越したミュージシャン4人のセッションを見聞きするような満足感!

以前の感想で、内野聖陽さんも西島秀俊も俳優としての演技を超えて、賢二と史朗と言う人間にしか見えない…と書いた。

しかし、今回の冒頭の小日向(山本耕史)と航(磯村勇斗)を絡めた、演技派俳優4人の食事シーンは、卓越したミュージシャン4人のセッションを見聞きするような満足感があった。脚本、演出・俳優の三位一体こそが為せる技。冒頭の5分間で、本作の完成度の高さが分かる…

賢二が料理を作り始める劇伴が「どんぐりころころ」(笑)

史朗が風邪を引いて寝込んだために、やっと史朗に “尽くす” ことが出来るようになって嬉しい賢二。料理を作り始めた際の劇伴が「どんぐりころころ」なのが、なんだか雰囲気にピッタリ。さすが、昨年公開された映画『ルームロンダリング』(DVDがお勧めです)の監督・片桐健滋氏らしいファンタジックで洒落た演出だ。

航目線で賢二と史朗の個性を描くと言う脚本には恐れ入った

それにしても、特に航(磯村勇斗)の新規投入で、航目線で賢二と史朗の個性を描くと言う脚本には恐れ入った。これまでも、賢二と史朗は描き分けられて来たが、第三者目線で二人の個性を評価することで、賢二と史朗が自分と相手を再評価するなんて、連ドラとしての折り返し過ぎの第7話としては、面白い工夫だ。

あとがき

「三谷まみ ディナーショー」のチケットのオチの余韻の心地良さに脱帽でした。次回は、正名僕蔵さんと菅原大吉さんが演じる新カップルが登場ですね。これまた、個性派&演技派の二人の掛け合いが楽しみです。
※次回の感想の投稿は、仕事の都合で週明けになるかも?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
公式ガイド&レシピ きのう何食べた? ~シロさんの簡単レシピ~


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12801/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR