【ネタバレ】サザンオールスターズ2019ツアー埼玉/西武(5/12)を演出面から考える

【ネタバレ】サザンオールスターズ2019ツアー埼玉/西武(5/12)を演出面から考える

本記事には、コンサートのネタバレ(セットリストも)があります!

本記事には『サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019「“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!』の内容についてのネタバレがあります。知りたくない方は、すぐに閉じて下さい!
残念ながらチケットを獲得出来なかった方の参考になれば幸いです…

演出面を中心に、西武ドーム公演の見所を再現します!

去る2019年5月12日(日)、メットライフドーム(西武ドーム)のF5ブロック、照明タワーの横で観賞しました。私は企業イベントのディレクターをやっているため、どうしても演出を見てしまいます。

と言う訳で、演出メインで感想を書きつつ、再現出来ればなと思います。ただ、興奮真っ只中の記憶ですので、所々間違っている可能性があるので、その点はご愛敬と言うことで…

やっぱり、サザンのライブでの "ツカミ" は最高だ!

で、まず感心したのが、やはり “ツカミ” であるオープニングだ。まず、今回はステージ手前に白幕が掛かっており、いつものように機材の並んでいる様子が見えない舞台装置。

これは、今回のツアーが約3,000席の広島サンプラザホールから5万人前後収容可能なドームクラスまで、小屋(会場)の大きさが異なる中で、如何にどの会場でも同じ舞台装置を使いコストを下げつつ、観客には同じ感動を与えると言う工夫の結果だと思う。ステージ幅を白幕で覆うのは意外と簡単だから。

1曲目『東京VICTORY』は、こうやって始まる!

そして、時が来ると…その機材等を隠していた白幕に、西暦の数字のカウントアップが投影され、やがて「2019」に。更に、サザンオールスターズのメンバー5人が腕を上げているシルエットに変化すると、スピーカーから「Wow..」と言う聴き慣れたコーラスと共に『東京VICTORY』のイントロスタート。

そして、桑田佳祐さんの歌い出しのタイミングで、ギターを弾き歌う桑田さんのシルエットへ。ここで、入場時に配られた「40周年ライト(と、アナウンスでは言っていた)」こと、無線信号を受けてLEDライトの光り方が制御されるリストバンドが点灯し、「それ行けGet the chance」で白幕が開くとステージにはサザンのメンバーが演奏中と言った感じだった。

「時が止まったままの~」のパートでは、完全密閉型とは異なる、屋根無しの西武球場に柱を立てて屋根を乗せたような開放型ドームであるメットライフドームならではの、また夕景の暗さになっていない明るさの中で、ひと際鮮やかに光るステージ照明が幻想的だった。

「40周年ライト」の懐の深い演出に、スタッフの愛を感じた…

さて、この調子で全36曲を解説すると、一冊の本になってしまうから、更に絞り込んで書いてみる。

まず、照明。先に書いた通りに、全員に「40周年ライト」が配布されるのだが、やたらと、「40周年ライト」を使う演出で無かったのが良かった。もちろん、数千人から数万人が一同に介して、同じ光り方をし、腕を動かすと言うコンサートならではの醍醐味はある。

でも、サザンと共に歩んだ40年間をそれぞれの思いで観たい、聴きたいと言うワガママもファンの楽しみ方。立ったままのゴリゴリで応援する人もいれば、座ってじっくり聴きたい人もいる。しかし、いつでも「40周年ライト」がチカチカと点滅しては、そうも行かない。

飛び道具は、ついつい使っちゃいがちだ。だからこその個々のサザンとの関係を満喫させてくれた、懐の深い演出とお見受けした。

『闘う戦士たちへ愛を込めて』の映像と照明のシンクロが見事!

4曲目の『闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて』の際の、背景の動画と照明のシンクロは、流石サザンのライブだなとクオリティーの高さに脱帽だった。

文章で説明するのは難しいが、サザンのライブでの映像コンテンツは単純な「背景動画」でなく、ある時は照明のような役割で会場を色で染めたり、演劇の書き割りのようになったり、それが細かく切り替わり、飽きさせない。この楽曲に於いては、東京の街の空撮の映像と歌詞がピッタリと合っており気持ち良かった。

ラストの『旅姿四十周年』に清々しさと新鮮さを感じた…

やはり、長年のサザンのファンであれば、アンコールの最後の楽曲『旅姿六人衆』に注目するのは当然だ。

今回は、『旅姿四十周年』と題されて演奏された。私にとっての最高の『旅姿六人衆』は「1998 夏 サザンオールスターズ スーパーライブ in 渚園 モロ出し祭り ?過剰サービスに鰻はネットリ父ウットリ?」の2日目のアンコールラストで聴いた演奏だ。しかし、今回のサザンは5人。そこで、どんな演奏になるのか期待と不安だった。

しかし、結果から言えば、想定とは違った清々しさと新鮮さを感じた楽曲になっており驚いた。まず、良かったのは、スクリーンの歌詞字幕のフォント。軽快で遊び心があり、サザンが6人から5人になってしまった哀しみを「それも思い出であり、それも事実」と思わせてくれた。

また、斎藤誠さんの敢えてレコードを完コピしなかったギターソロも、今風に変更された歌詞も良かった。そして、徹底的に5人に拘ったスクリーンへのカット割りも素敵だった。

もう少し ムクちゃんのベースのタッチが聴こえても良かったかも…

音については、いつも聴きやすいサザンのライブだが、この日の会場が半開放型ドームだったからだろうか、私も50歳を過ぎ聴力の老化のせいもあるだろうが、もう少し関口和之さんのベースのタッチが聴こえる位でも良かったかなと。

特に、ロック調の曲は。その点、松田弘さんのドラムの音は、終始粒揃いで立ち上がりも良く聴こえて良かった。それと、このツアーはサザンには珍しく、ストリングスが一人もいない。従って、ヴァイオリンを活かした楽曲の音痩せが懸念されたが、そんな心配も無用だった。

動画、壁、書き割りと役割を変えるスクリーンと照明のシンクロも見事!

舞台装置について、ステージ幅いっぱいのスクリーンのアレンジも、会場の大小に可変することを考えつつ、いつもの楽曲ごとの使い方の変化が楽しかった。動画、壁面、書き割りと役割を変えるスクリーンと、照明の同期も安定の出来。

今回は、ピンスポットが乗る照明タワーが1機なため、どんなピンスポのアレンジで楽しませくれるのかと思ったら、ステージサスを巧み使ってメリハリを付けていたのは工夫だなぁと。

また、15曲目の『女神達への情歌(報道されないY型(ケイ)の彼方へ)』だったか、ドームの天井にムービングを一列に並べて当て、さり気なくリズムに合わせて変化させていたライティングも楽しかった。

メンバー、スタッフ、ファンが創出する"総合芸術としての一体感"が最高

では、最後に総括気味に。今回のセットリストを見ても、ステージングの意図にしても、サザンのメンバーとスタッフたちと、ファンが作り上げる “総合芸術” と言う雰囲気が堪らなく良かった。花火も、燃える文字も無かったが、会場の一体感の創出は大成功だった。

5月12日(日)埼玉 メットライフドームのセットリスト

01.東京VICTORY
02.壮年JUMP
03.希望の轍

04.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
05.SAUDADE ~真冬の蜃気楼~
06.彩~Aja~
07.神の島遥か国
08.青春番外地
09.欲しくて欲しくてたまらない
10.Moon Light Lover
11.赤い炎の女
12.北鎌倉の思い出

13.古戦場で濡れん坊は昭和のHero
14.JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
15.女神達への情歌(報道されないY型(ケイ)の彼方へ)
16.慕情

17.愛はスローにちょっとずつ(仮題)未発表最新曲
18.ゆけ!!力道山
19.CRY 哀 CRY
20.HAIR

関口和之さんのダンスパフォーマンス
BGM:忘れられたBig Wave(CD音源)

21.当って砕けろ
22.東京シャッフル
~小林克也さんVTR出演で曲振り~
23.DJ・コービーの伝説
24.わすれじのレイド・バック
25.思い過ごしも恋のうち
26.はっぴいえんど

27.シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
~恋の季節(ピンキーとキラーズ)~
28.マチルダBABY
29.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
30.イエローマン~星の王子様~
31.マンピーのG☆SPOT

【ENCORE】
EN1. I AM YOUR SINGER
●EN2. LOVE AFFAIR~秘密のデート~
~Be My Baby(ザ・ロネッツ)
●EN3. 栄光の男
★EN4. 勝手にシンドバッド
★EN4. ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
EN5. 旅姿六人衆(旅姿四十周年)

●は、曲順入れ替えアリとの情報入手済み
★は、曲目差し替えアリとの情報入手済みで、5/12は『勝手にシンドバッド』でした。

あとがき

『みんなのうた』が大ヒットしたサザン10周年の西武球場が初デートの相手だった彼女が、今は妻になりました。サザンオールスターズとスタッフの皆さん、幸せをありがとうございます。そして、東京ドームの 2days も妻と観に行かせて頂きます!

先日、こんな投稿もしました。
サザンオールスターズ40周年ツアー@西武ドームで夢のような3時間半を!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
サザンオールスターズ公式データブック1978-2019
【メーカー特典あり】海のOh,Yeah!!(2CD)(完全生産限定盤)(サザンオールスターズ 40th キックオフポスター A2サイズ+ "海の幸!!"ケース付)
【メーカー特典あり】Act Against AIDS 2018『平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦』?ひとり紅白歌合戦三部作 コンプリートBOX ? 大衆音楽クロニクル?(平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦オリジナルしおり付) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12794/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR