なつぞら (第36回・2019/5/11) 感想

連続テレビ小説「なつぞら」

NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』公式サイト
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』の 『第36回』の感想。


 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


スキー大会の翌日、天陽(吉沢亮)の家に行く約束をしていたなつ(広瀬すず)。出かけようとすると、泰樹(草刈正雄)が話があると引き留めた。そこで泰樹は、なつに結婚話を持ちかける。突然の話に驚くなつは、泰樹が薦める相手の名前を聞き、さらにショックを受ける。そこに照男(清原翔)が現れ、取り乱すなつを落ち着かせ、天陽の家に向かうよう促した。その場を走り去ったなつは、天陽の家に向かい雪原の中を歩き出すが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

泰樹の企みを、やたらと嵩増して引き延ばした結果がこれ?

好意的な視聴者には、また叱られそうだが、敢えて “企み” と言わせて貰う。今週になって描いているように見えている、泰樹(草刈正雄)がなつ(広瀬すず)を孫の照男(清原翔)と結婚させて、自分の本当の孫にしようと言う “企み” だが、演劇大会よりも前の農協問題が始まった二週間以上前のこと。

それを、演劇だ、牛だ、兄との再会だ、映画鑑賞だ、そしてスキー大会だ、対決だ…と、無駄話とは言わないが、ゲスト出演者も投入しての、やたらとボリュームを増やし、引っ張って来た本作。

なつ、泰樹、照男、天陽、陽平がいれば、何でも描けるのに

実の家族だと思って生活して来たなつ、本当の家族になりたいと願った泰樹、ずっと妹として見て来たなつを結婚相手に出来ない照男、なつのことが好きな天陽(吉沢亮)、絵やアニメーションに精通している天陽の兄・陽平(犬飼貴丈)と、4人がいるだけで、十勝の家族の物語も、なつがアニメーターになる物語も、なつ恋バナも簡単に描けると思う。

もちろん、北海道の開拓史や酪農問題も、和菓子屋・雪月の地域活性化も、簡単に描けると思う。でも、本作は単純明快なストーリー展開を選択せず、登場人物や騒動でボリュームを増やす方向に走っている。そのために、描くべきものが見えづらいだけでなく、連ドラで最も大切な “連続性” まで失い掛けている。

照男を「ずっとお兄ちゃんだよ」と号泣するだけで良かった

今回の序盤から中盤にかけての、なつと泰樹と照男のシーンも解せない。だって、なつはあんなに長々と演説するタイプで無かったし、照男も自分の気持ちをストレートに相手に伝えるタイプで無かった。だから、前回のスキー大会の対決が成立したのでは?

これ、普通に泰樹が「なつよ 照男と結婚して本当の家族になってくれ」と頼み、なつは「照男兄ちゃんは ずっと私のお兄ちゃんだよ」と言って、なつは泣きながら牛舎を飛び出して、雪の中で号泣するだけで、十分伝わったと思う。

家族になる過程を描いていれば、泰樹に反発するなつだけで

今後の展開は知らないが、もしも、今回の出来事が、なつが東京行きを決意するきっかけになるエピソードなら、演劇からバッサリ無くして、その分「描かれなかった9年間」で、なつが剛男(藤木直人)を「お父さん」と呼ぶようになった過程などを描いた末に、泰樹の企みとそれに反発するなつを描くだけで、なつの未来を描く朝ドラになったのではないだろうか…

あとがき

来週は、中原丈雄さんと北乃きいさんが新キャラ親子として登場するようですね。まあ、次々と新キャラとゲストを投入するのは「朝ドラ100作目」のお祭り騒ぎで良しとしても、映像的にどんどん朝ドラから「広瀬すずPV化」しているのが気になります。もう「北海道編」は見込みがないので、「東京編」に期待しましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
ハイジが生まれた日――テレビアニメの金字塔を築いた人々
白蛇伝 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12774/


【これまでの感想】

第1週『なつよ、ここが十勝だ』
1 2 3 4 5 6
第2週『なつよ、夢の扉を開け』
7 8 9 10 11 12
第3週『なつよ、これが青春だ』
13 14 15 16 17 18
第4週『なつよ、女優になれ』
19 20 21 22 23 24
第5週『なつよ、お兄ちゃんはどこに?』
25 26 27 28 29 30
第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』
31 32 33 34 35

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遭難>『なつぞら』第36話

​​​​​​​​​​​​​​​​雪が降ることが滅多にない地域に住んでいるので 雪の中を出かけて行く…という行為には軽い恐怖感を覚える 豪雪地方に住んでいる人って 危険な天候になりそうな兆候を読んで動くんじゃないか …とか 万が一そういう状況に遭遇してしまったら それを上手くやり過ごす術も心得ているんじゃないか …とか 勝手に思い込んでいるので 今日の、なつの無謀な行動には違和感を覚えてし...

遭難>『なつぞら』第36話

​​​​​​​​​​​​​​​​雪が降ることが滅多にない地域に住んでいるので雪の中を出かけて行く…という行為には軽い恐怖感を覚える豪雪地方に住んでいる人って危険な天候に...

連続テレビ小説『なつぞら』第36回

内容なつ(広瀬すず)が、天陽(吉沢亮)のもとに向かおうとしたとき、泰樹(草刈正雄)が引き止める。大切な話があると。そして、照男(清原翔)と結婚しないかと話し始める。すると、なつは涙して。。。。敬称略きっと、次週のことがあるのだろうけど。あからさまに、泰樹に責任を押しつけている演出だね。完全に、農協のくだりと同じパターン。が、基本的に、今作が描くのは。そのあたりとは、全く別で。。。。「なぜ?」...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR