●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

集団左遷!! (第3話・2019/5/5) 感想

集団左遷!!

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』公式
第3話『絶体絶命大ピンチ!!裏切り者はだれだ!?』の感想。
なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。


片岡(福山雅治)達は横山(三上博史)の策略で、廃店する別支店の残務整理に人員を割く羽目になる。一方、滝川(神木隆之介)が真山(香川照之)を「本部のスパイでは」と疑い、一触即発の空気に。そんな中、真山が担当する美容サロンの社長・るみが蒲田支店を訪れ、30億円の融資を依頼してくる。大口の依頼に喜ぶ片岡だったが、なぜか真山は融資に消極的な姿勢を示す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)
脚本:いずみ吉紘(過去作/極悪がんぼ、仰げば尊し、トドメの接吻)
演出:平川雄一朗(過去作/とんび、天皇の料理番、義母と娘のブルース) 第1,2
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット) 3
   韓哲(過去作/ATARU、IQ246~華麗なる事件簿~、コウノドリ2)
音楽:佐橋俊彦(過去作/ちりとてちん、dinner、テミスの剣、ヘッドハンター)
主題歌:エレファントカシマシ「俺たちの明日」

走るカットと「頑張ろう」を減らし、まともな融資を描くべき!

一営業マンのように一日中走り回る支店長だけでも違和感を覚えるのに、部下の副支店長のプライベートに踏み込むために尾行をし、何となく「お互いに頑張ろう」みたいになっても、支店長も副支店長も応援し難い。それに、会議でも客前でも口の利き方を知らない部下も、切迫感の演出には程遠い。

また、週刊誌ネタにもなった美容サロンに巨額融資をするのも、大逆転を演出するためのものだろうが、流石に唐突と現実味の無さで興醒めしてしまった。とにかく、支店長が土手を走るカットと「頑張ろう」の台詞も減らして、大逆転劇に相応しい融資案件を創造した方が良いと思う。

あとがき

時間延長が無くなる第3話に期待しましたが、第2話の方が数段マシでした。とにかく、「福山雅治さんの顔芸」と「土手を走る」と「頑張る」だけが強調され過ぎる映像(演出)によって、正直内容が頭に入り難いです。

それに随所に “煽る台詞や演出” が盛り込まれていますが、煽らなければならないと言うことは、煽らなければ視聴者が飽きる脚本と言うのを逆説的に証明しちゃっている訳で。原作に縛られている可能性は否定しませんが、流石にもう少し “ドラマ” らしく大逆転劇を作り込むべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)
集団左遷 (講談社文庫)
俺たちの明日


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12752/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! 第3話

片岡(福山雅治)たちの蒲田支店の面々の前に突然、横山常務(三上博史)が姿を現します。 1か月でプラス7億円という結果を出した彼らに、横山は「大いに期待しています」と言って去って行きます。 滝川(神木隆之介)は、横山と初対面のはずの真山(香川照之)の態度に疑問を抱きます。 すっかり息巻く片岡ですが、宿利支店統括部長(酒向芳)から、廃店が決まった小平支店の残務整理に人員を回して...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR