●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

家政夫のミタゾノ(第3シリーズ) (第3話・2019/5/3) 感想

家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)』公式
第3話の感想。
なお、過去の「第1、2シリーズ」は鑑賞済み。


三田園(松岡昌宏)と光(伊野尾慧)は、次期総理を目指す官房長官・内部の家へ。妻亡き後、小学生の娘・絵里(川北のん)と2人暮らしの内部家には、家庭教師・近藤(嘉島陸)が出入りしていた。折しも、内部は「総理大臣医薬化学賞」を受賞したばかりの大学教授・落合(大堀こういち)の新薬の研究データに誤りがあるという報道を差し止めようと対策に追われていて…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:八津弘幸(過去作/家政夫のミタゾノ1,2) 第1
   小峯裕之(過去作/家政夫のミタゾノ1,2) 第2
   山岡潤平(過去作/家政夫のミタゾノ1) 3
演出:片山修(過去作/家政夫のミタゾノ1,2) 第1,2
   小松隆志(過去作/家政夫のミタゾノ1,2) 3
   宝来忠昭(過去作/ヒモメン、僕の初恋をキミに捧ぐ)
音楽:ワンミュージック(過去作/もみ消して冬、グッドワイフ)
主題歌:Hey! Say! JUMP「愛だけがすべて-What do you want?-」(ジェイ・ストーム)

だ、か、ら。三田園が前面に出ないとつまらないんだって!

やはり、何度も書いているが、主人公の三田園(松岡昌宏)が前面に出て来ないとつまらない。それでなくても、『3』になってから痛快さよりも相手を陥れる様子が強調されて、雰囲気が悪くなっているのに。

大人の事情が、三田園の存在の楽しささえも食い散らかす

その上、大人の事情だと思うが、ここまで “2人の相棒” が出て来ちゃうと、三田園の存在の楽しささえも食い散らかすような気がする。とにかく、いろんな面で気になる点の少ない恩田萌(川栄李奈)の1人だけに絞り込めないだろうか?

あとがき

この調子で進むなら、私好みに改善された時に限って感想を書くことにしましょうかね。だって、結果的に毎回同じ事を書いているので…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
愛だけがすべて-What do you want?- (初回限定盤1(JUMPremium BOX 盤)+初回限定盤2(ミタゾノ盤)+通常盤セット) [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12745/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR