●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

集団左遷!! (第1話/初回85分拡大SP・2019/4/21) 感想

集団左遷!!

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』公式
第1話/初回85分拡大SP『俺達に明日はない!?ノルマ100億に挑め! ド根性男の奇跡始動』の感想。
なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。


三友銀行に勤める片岡(福山雅治)は、東京・蒲田支店の支店長に昇任する。だが直後、常務取締役・横山(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。片岡の支店長としての出勤初日、融資先の会社の社長・米山(平山浩行)が夜逃げしたと連絡が届いた。片岡は部下・滝川(神木隆之介)、同社担当・平(井之脇海)と米山の行方を捜す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)
脚本:いずみ吉紘(過去作/極悪がんぼ、仰げば尊し、トドメの接吻)
演出:平川雄一朗(過去作/とんび、天皇の料理番、義母と娘のブルース) 1
   田中健太(過去作/小さな巨人、陸王、ブラックペアン、下町ロケット)
   韓哲(過去作/ATARU、IQ246~華麗なる事件簿~、コウノドリ2)
音楽:佐橋俊彦(過去作/ちりとてちん、dinner、テミスの剣、ヘッドハンター)
主題歌:エレファントカシマシ「俺たちの明日」

ほぼ新鮮味ゼロで、全編既視感で溢れた85分間…

先週金曜日、電波ジャック的に断行されていたTBSの番宣の必死さから「大丈夫なの?」と懐疑的な気持ちで観始めた『集団左遷!!』の第1話。

とにかく、内容には “ほぼ新鮮味ゼロ” な上に、スタッフがいつもの日曜劇場なので見た目も “ほぼ新鮮味ゼロ” と言う、全編既視感で溢れた85分間だった。ただ、既視感を問うなら、『日曜劇場』枠そのものの問題であり課題であり特徴だから目をつぶる。

クド過ぎる演出と、主人公の空回り感が半端無かった…

問題は、いろいろな面でクドいこと。エピソードも進みが遅いし、ちょこちょこと入るコミカルな描写は滑るし邪魔だし、片岡(福山雅治)の走るカットも、オジサン俳優たちのアップも、どれもこれもクド過ぎる。その上、主人公の空回り感が半端無くて、逆に気の毒に見えてしまった程だった。

クドさを削る意味でも、普通の1時間枠にしておけば隠せたかも知れないが、次回も15分拡大の75分SPなのだ。

あとがき

幾ら何でも、もう少しクドさを助長出来なかったのでしょうかね。それに主人公の片山のキャラ設定も、あまりに現実離れしており違和感を覚えました。そして、福山雅治さんの演技も力が入り過ぎて、仕事から帰って観るドラマとしてはちょっと疲れちゃいました。

神木隆之介さんがいい味を出していたので次回も観ますので、第2話からの好転に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング




★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 銀行支店長 (講談社文庫)
集団左遷 (講談社文庫)
俺たちの明日


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12698/

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! 第1話

大手銀行・三友銀行に勤める片岡洋(福山雅治)は、東京・蒲田支店の支店長に昇任します。 50歳を前に訪れた突然の出世に、片岡は喜びを隠せません。 しかし、徹底した合理化を目指す人事担当の常務・横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店する」と告げられます。 さらに「蒲田支店の廃店は決まっており、頑張らずに廃店を待てば片岡の身は本部が保証する」とも...

集団左遷!! 「俺達に明日はない!?ノルマ100億に挑め!ド根性男の奇跡始動」

原作は、江波戸哲夫が著した経済小説『新装版 銀行支店長』と『集団左遷』はなから、出ました! 日曜劇場、名物。土下座?!クセモノ上手、香川照之が配され、銀行モノ。そして、みなさん、熱量たっぷりの演技、ゆえん、かもしれないけれど、「ガリレオ」の、かっこいい変人教授が当たり役で、何をしても、様になる二枚目路線で、ここまできただけに、福山雅治の、ちょっと人間臭い、熱血社員として、新境地開拓は、ややナ...

日曜劇場『集団左遷!!』第1話

内容三友銀行に勤める片岡洋(福山雅治)。ある日、片岡は、蒲田支店長に昇格。しかし、人事担当の常務・横山(三上博史)から告げられたのは、「頑張らなくて結構です」経費削減のために廃店するという12支店の1つが、蒲田支店だった。廃店を見届けるだけで、頑張らなくて良いという指示に、片岡は困惑する。そんななか、支店長にやって来た片岡。副支店長の真山(香川照之)に挨拶。行員達を前に挨拶しようとしたとき、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR