緊急取調室 [3rd SEASON] (第2話・2019/4/18) 感想

緊急取調室 [3rd SEASON]

テレビ朝日系・木曜ドラマ『緊急取調室 [3rd SEASON]』公式
第2話『勝負の行方』の感想。
なお、2014年放送の『第1シーズン(感想)』と2015年放送のSP版『緊急取調室~女ともだち~(感想)』、『第2シーズン(感想)』は、鑑賞済み。



若手の女流三段・日名子と、ベテランの女流六段・あずさの将棋の対局中、タイトル戦を主催するIT企業のCEOで、解説会場でコメントしていた大庭が、中座した直後に絶命。本人の水筒に混入されていた毒キノコ成分で死に至ることはまれだが、服用していた下剤により毒性が強まったのだ。日名子とあずさは互いの犯行を疑い、有希子(天海祐希)らが取り調べに臨む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:井上由美子(過去作/緊急取調室1,2)
演出:常廣丈太(過去作/緊急取調室1,2) 第1,2
   本橋圭太(過去作/緊急取調室1,2)
音楽:林ゆうき(過去作/緊急取調室1,2)
主題歌:家入レオ「Prime Numbers」(Colourful Records)

主人公を蚊帳の外にした上でチームワークを描くとはお見事

「3rd SEASON」まで続いている本作だから、完成度が高いのは当然なのだが。

今回のエピソードが秀逸であり新鮮だったのは、これまでもチーム内での仲間割れのような対峙構造の話はあったが、今回のように、「将棋」と言う趣味の世界の話を持って来て、主人公の有希子(天海祐希)を蚊帳の外に出して、いつも以上に客観的な立場の捜査員に仕立てたことだ。

その上で、有希子を含めたチームワークをしっかり描くなんて、本当に見事だ。

あとがき

ネタが「将棋」だけに、相手の戦術の何十手も先を読む棋士同士の話ですから、もう少し騎士らしく、若手の女流三段・日名子と、ベテランの女流六段・あずさが互いの言動を先読みしていた…みたいな展開もあったかなと思います。ただ、今回の話でも十分楽しかったです。次回も大いに期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
【Amazon.co.jp限定】DUO(初回限定盤A)(CD+DVD)(家入レオ DUO オリジナルA5サイズフォトカード絵柄D付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12686/


【これまでの感想】
第1話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

緊急取調室3 第2話

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていました。 対戦するのは、20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)でした。 日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材で、ここで勝てば、かつてあずさが打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになります。 そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていました...

木曜ドラマ『緊急取調室(3)』第2話

『勝負の行方』内容女流棋戦が行われていた。新進の橘日名子(松井珠理奈)とベテランの宗形あずさ(紺野まひる)世間が注目する対局。そんななか、スポンサーの“クレイトス”社長の大庭広夢(合田雅吏)が、ネットの中継中に退出。控え室で変死体で発見される。対局は中止になり、延期に。関係者への事情聴取が行われる中、“キントリ”では、日名子の事情聴取が行われる事に。あずさの証言で“怪しい”と。そこで、有希子...

緊急取調室 3rd SEASON #02

『生放送で殺人!?前代未聞!!女流棋士を同時取調べ!!』

「緊急取調室 3rd SEASON」第2話

ふたりの女流棋士の戦いの行方。 第2話『私が勝ちました』ネタバレです

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR