まんぷく (第150回・2019/3/29) 感想

連続テレビ小説「まんぷく」

NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』公式サイト
第26週/最終週『いきましょう!二人で!』の 『第150回』の感想。


 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。


鈴さんの生前葬は大成功。参加した誰もが、鈴さんへの素直な感謝や思いを打ち明け、鈴さんも大満足です。翌日、子供たちが生前葬に賛成したことをきっかけに福ちゃんがひらめきます。「食べ歩けるヌードルの価値がわかるのは頭の柔らかい若者たちではないか」と。その言葉を聞いて、萬平さんは手にした新聞の「歩行者天国開催」の記事に目が止まり…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「予言者・福子」を登場させる展開は、心底詰まらない

アバンタイトルから不愉快と言うか…。生前葬が良いと言う事を源と幸は分かっていたのだろうかと言う萬平の問いに対して、福子は普通に「若い人の感覚なのでしょうね」で済ませれば良いのに、一度否定して、また「予言者・福子」を登場させる展開に心底詰まらないと言うか…

また幸も福子も座ったまま。喋りながら給仕をする鈴も…

主題歌明け。相変わらず幸も福子も座ったままで、鈴が給仕。その給仕も喋ったまま飯を茶碗に装っていたが、昭和45年頃なら、「ご飯を装う時は唾が飛ぶから黙って装え」とおばあちゃんや父親に叱られた記憶があるのだが、我が家だけのルールだったらしい…

「福子の閃き」より、家族会議で決めたら良かったのに…

それにしても、折角家族揃って朝食をとりながら家族会議風になっているのだから、ここで強引に「福子の閃き」を突っ込まずに、正に “老若男女” の意見を交わす中でアイデアが出る展開にしたら良かったのに。

だって、もう2回しかないのだから。まあ、それを言うなら、生前葬も義母の鈴を元気にさせたいとの思いで、発明家の萬平が閃くべき事案だったし、「若者がターゲット」の結末が用意してあるのなら、生前葬に源と幸のアイデアを盛り込むような展開にすべきだったと思う。

台詞で福子への感謝を伝えるなら「いつも」と言うべき!

そして終盤では、パーラー白薔薇のしのぶ(牧瀬里穂)に「福ちゃんやからこそ」を繰り返させ、萬平に「お前のおかげだ」と言わせ、ついには「こんなこと何回もあったな」と言わせちゃった。

どうやら脚本家も演出家もとことん「福子の手柄」を描きたいようだが、ドラマを振り返れば、「何回も」は「全て」が正しいし、台詞で福子への感謝を伝えるなら「いつも」と言うべきだと思う。もう、こんな優しさを表す台詞も書けなくなったのか…

あとがき

結局、良くも悪くも「夫婦二人三脚」は描かれず、発明家の夫から「主人公で予言者の福子」が手柄を横取りする卑劣な朝ドラになってしまいましたね。流石に、ここまで酷い朝ドラは、もう出て来ないかも? その意味では次回作の『なつぞら』のハードルを下げたかも知れませんね。

それにしても予言者が「大成功する」と言ったホコ天の試食が最終回で終わりなんて…。せめて、最後まで観たご褒美にサプライズを見せて欲しいです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
転んでもただでは起きるな! - 定本・安藤百福 (中公文庫)
カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12619/


【これまでの感想】

第1週『結婚はまだまだ先!』
1 2 3 4 5 6
第2週『…会いません、今は』
7 8 9 10 11 12
第3週『そんなん絶対ウソ!』
13 14 15 16 17 18
第4週『私がみつけます!』
19 20 21 22 23 24
第5週『信じるんです!』
25 26 27 28 29 30
第6週『お塩を作るんですか!?』
31 32 33 34 35 36
第7週『私がなんとかします!』
37 38 39 40 41 42
第8週『新しい冒険!?』
43 44 45 46 47 48
第9週『違うわ、萬平さん』
49 50 51 52 53 54
第10週『私は武士の娘の娘!』
55 56 57 58 59 60
第11週『まんぺい印のダネイホン!』
61 62 63 64 65 66
第12週『絶対何とかなるから!』
67 68 69 70 71 72
第13週『生きてさえいれば』
 73 74 75 76 77
第14週『理事長!?』
78 79
第15週『後悔してるんですか?』
80 81 82 83 84 85
第16週『あとは登るだけです!』
86 87 88 89 90 91
第17週『ラーメンだ!福子!』
92 93 94 95 96 97
第18週『完成はもうすぐ!?』
98 99 100 101 102 103
第19週『10歩も20歩も前進です!』
104 105 106 107 108 109
第20週『できたぞ!福子!』
110 111 112 113 114 115
第21週『作戦を考えてください』
116 117 118 119 120 121
第22週『きれいごとは通りませんか』
122 122 123 124 125 126 127
第23週『新製品!?』
128 129 130 131 132 133
第24週『見守るしかない』
134 135 136 137 138 139
第25週『できました!萬平さん!』
140 141 142 143 144 145
第26週/最終週『いきましょう!二人で!』
146 147 148 149

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

観音様と若い人>『まんぷく』第150話

​​​​​​​​​​​​​さあ、いよいよ歩行者天国 この一週間は、それに向けて ひたすら走って来た感じだったからなあ(笑) そして、どうやら 歩行者天国で大団円 最終話を観終わった時 どんな気持ちになるのだろう 今日はその前夜祭(前朝祭?) …ひじゅにですが何か? ​「狙いは若者だ」​by萬平 アバンは、昨日の生前葬シーン再び。...

観音様と若い人>『まんぷく』第150話

​​​​​​​​​​​​​さあ、いよいよ歩行者天国この一週間は、それに向けてひたすら走って来た感じだったからなあ(笑)そして、どうやら歩行者天国で大団円最終話を観終わっ...

連続テレビ小説『まんぷく』第150回

内容鈴(松坂慶子)の生前葬を終えた萬平(長谷川博己)福子(安藤サクラ)そんなとき。。。萬平は、ある事に気付く。敬称略そもそも。。。。子供たちが賛成。。。っていう生前葬の時点で。“発明家”なのだから、萬平がひらめくべきだっただろうに。そうまでして、“主人公・福子”の“手柄”が必要ですか?頭が痛いのは。。。最後に、何度も“福ちゃんだからこそ”と言わせて。“主人公・福子”には、「萬平に付いてきた」...

【まんぷく】第150回(第26週金曜日) 感想

…「食べ歩けるヌードルの価値がわかるのは頭の柔らかい若者たちではないか」と。その言葉を聞いて、萬平さんは手にした新聞の「歩行者天国開催」… 

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR