カンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」 (2019/3/26) 感想

カンテレ開局60周年特別ドラマ「僕が笑うと」 (2019/3/26) 感想

関テレ制作/フジテレビ系・カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』公式サイト
『井ノ原快彦、上戸彩出演。血の繋がりを超えた大家族の物語。笑いと涙が家族を作った…ユーモラスな男が奇跡を起こす。』の感想


  昭和12年、大阪。鈴木重三郎(井ノ原快彦)は、大阪理科大学の助教授で、植物研究者。結婚して10年となる明るく優しい妻・誠子(上戸彩)とは子宝に恵まれなかったが、重三郎はそれを受け入れ、夫婦仲良く暮らしていた。
  ある日、間宮君子(麻生祐未)が営む孤児院の庭で遊ぶ子供の姿を見た誠子は、重三郎に孤児を引き取りたいと相談する。はじめは難色を示した重三郎だが、誠子の熱意に押されて養子として迎え入れることに。
  ぎこちないやり取りが続く重三郎だったが、次第に不器用ながらも叱ることや褒めることを学び、父親として成長していく。
  昭和18年。鈴木家は5人の子供たちを育てる大家族に。太平洋戦争が始まり、生活は日に日に厳しくなっていくが、重三郎と誠子は常に笑顔を絶やさず、子供たちの表情も笑顔に満ちあふれていた。しかし、戦争は着実に鈴木家の未来にも影を落としていく…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:尾崎将也(過去作/アットホーム・ダッド、鬼嫁日記、結婚できない男)
演出:三宅喜重(過去作/FINAL CUT、嘘の戦争、銭の戦争、僕の生きる道)
音楽:白石めぐみ(過去作/ディア・シスター、神様のベレー帽)

前宣伝とオリジナル脚本に、ちょっと期待したのだが…

子どもを産めない女性が夫と、里子たちを引き取って家族となり、戦争の真っ只中を生き抜く、血の繋がりを超えたハートフルドラマ…との前宣伝で、それも原作無しのオリジナル脚本と言う事で、ちょっと期待したのだが…

お涙頂戴の表層的な作品。もっと掘り下げて欲しかった…

全体的に、人気者と子役を集めて笑いあり涙ありの戦争物語と言う表層的な作品になってしまったのが残念。やはり、もっと人間を、時代を掘り下げて欲しかった。途中で里子の本当の親が出て来たり、最後に主人公が戦地からふらっと帰って来たりと、展開そのものもメリハリに欠けたお約束的なエピソードばかりで、もう少し工夫が欲しかった…

あとがき

時間軸を行き来する構成も必要だったかな? と思いました。やるなら、もっと人間ドラマとしてのカタルシスみたいなもの欲しかったです。また、井ノ原快彦さんのお父さん役は良かったですが、戦中が舞台なのですから坊主頭で無いと…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
カンテレ開局60周年特別ドラマ 「僕が笑うと」 [DVD]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/12606/


【2019年のスペシャルドラマの感想】
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国(前後編)」 (2019/3/23,24) 感想
月曜名作劇場「今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~」 (2019/3/11) 感想
テレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル「米倉涼子×松本清張 疑惑」 (2019/2/3) 感想
カンテレ開局60周年特別ドラマ「BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」 (2019/1/15) 感想
ちょい☆ドラ2019 (2019/1/12) 感想
土曜ドラマスペシャル「ベトナムのひかり~ボクが無償医療を始めた理由~」 (2019/1/12) 感想
フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 (2019/1/6) 感想
新春ドラマ特別企画「下町ロケット」 (2019/1/2) 感想

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR